Unityで360度ステレオVR動画を作る

ここ最近3Dキャラクターのリギングを色々勉強していたのは、Unityをレンダラとして動画を作りたかったからなのです。


Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Maya LTのQuick Rigという便利機能を知ったので、もうちょっと色々といじってみる。(楽しくなってきた)公式ドキュメントによると、Quick Rigの設定には大きく2通りあって、 ワンクリック(One-Cl...


ゼロから全部作るのはしんどいので、ありもののAssetを組み合わせてリッチな画が作れないかと試してみている↓



Unityが公式に配布しているパーティクルのサンプルがクオリティ高かったのだ↓
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/tutorial-projects/unity-particle-pack-127325

パーティクル系は圧縮動画との相性が悪いけど、止め画でもなかなかのクオリティな気がする↓




スポンサーリンク


もっと言うと、せっかく買ったOculus Goで見れるVRコンテンツを作りたくて。
Oculus Goを購入!
Oculus Riftが登場してからもうだいぶ経ち、各社から様々なVRヘッドマウントディスプレイが発売されているわけですが、ヘッドマウントディスプレイそのものと別途グラフィックス描画用のハイエンドPCも用意する必要があって、金銭的になかなか...


自分でコンテンツを作って楽しまないなんて、いったい何のために買ったんだと。

ただ、ランタイムでリッチな画を描画するのはOculusGoのスペック的に無理そうなので、いったん動画に書き出してから持って行こうと思ってちょっと調べる↓
https://xr-hub.com/archives/3399

ということで、Unityの画を連番静止画・動画へ書き出せる公式Asset Unity Recorderを使う。
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/unity-recorder-94079

Windowは結構メニュー奥まった場所にあるのね。



試しに質素なシーンを作って、この設定で録画。



人間の平均的な両眼距離6.5cmがデフォルトで入ってるのね。(ということは、Unity上の単位はメートルだな)
立体視を試してみた
最近、立体視用のモニタ(偏光メガネで見るやつ)を1つ後輩から強奪した譲り受けたんで、適当に視差を作って色々試してみた。(youtubeは立体視にも対応してるんですね)


1024×2048解像度のファイルが出力される。



で、この動画をOculus Goで見てみたら、目に見えて解像度が粗い。



360度、両目分を合わせて1024×2048ってかなり低解像度なのね。でも、これ以上解像度を上げると書き出しに失敗してしまう。Unity側の制限なのか、PCスペックの限界なのか。
そもそも、これぐらい質素ルックならランタイムでもできそうだよな。。。

360度も見まわすことは無いから180度で良いです。。。
180度で書き出すにはひと手間かかるっぽい↓
https://qiita.com/tan-y/items/ea824684077b0a544421

まだ道のりは長そうだな。。。


スポンサーリンク

関連記事

レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
CreativeCOW.net
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
別に悪意は無いんだけどさ
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ラクガキの立体化
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
自前Shaderの件 解決しました
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ゴジラ三昧
マイケル・ベイの動画の感覚
OpenMayaRender
黒歴史
憧れ
iPad ProとProcreateでラクガキ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Mayaのプラグイン開発
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
映像ビジネスの未来
ラクガキの立体化 進捗
ZBrushの作業環境を見直す
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Subsurface scatteringの動画
Photogrammetry (写真測量法)
clearcoat Shader
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
UnityのTransformクラスについて調べてみた
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション

コメント