Unityで360度ステレオVR動画を作る

ここ最近3Dキャラクターのリギングを色々勉強していたのは、Unityをレンダラとして動画を作りたかったからなのです。


Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Maya LTのQuick Rigという便利機能を知ったので、もうちょっと色々といじってみる。(楽しくなってきた)公式ドキュメントによると、Quick Rigの設定には大きく2通りあって、 ワンクリック(One-Click)で全て自動...


ゼロから全部作るのはしんどいので、ありもののAssetを組み合わせてリッチな画が作れないかと試してみている↓



Unityが公式に配布しているパーティクルのサンプルがクオリティ高かったのだ↓
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/tutorial-projects/unity-particle-pack-127325

パーティクル系は圧縮動画との相性が悪いけど、止め画でもなかなかのクオリティな気がする↓




スポンサーリンク


もっと言うと、せっかく買ったOculus Goで見れるVRコンテンツを作りたくて。
Oculus Goを購入!
Oculus Riftが登場してからもうだいぶ経ち、各社から様々なVRヘッドマウントディスプレイが発売されているわけですが、ヘッドマウントディスプレイそのものと別途グラフィックス描画用のハイエンドPCも用意する必要があって、金銭的になかなか...


自分でコンテンツを作って楽しまないなんて、いったい何のために買ったんだと。

ただ、ランタイムでリッチな画を描画するのはOculusGoのスペック的に無理そうなので、いったん動画に書き出してから持って行こうと思ってちょっと調べる↓
https://xr-hub.com/archives/3399

ということで、Unityの画を連番静止画・動画へ書き出せる公式Asset Unity Recorderを使う。
https://assetstore.unity.com/packages/essentials/unity-recorder-94079

Windowは結構メニュー奥まった場所にあるのね。



試しに質素なシーンを作って、この設定で録画。



人間の平均的な両眼距離6.5cmがデフォルトで入ってるのね。(ということは、Unity上の単位はメートルだな)
立体視を試してみた
最近、立体視用のモニタ(偏光メガネで見るやつ)を1つ後輩から強奪した譲り受けたんで、適当に視差を作って色々試してみた。(youtubeは立体視にも対応してるんですね)


1024×2048解像度のファイルが出力される。



で、この動画をOculus Goで見てみたら、目に見えて解像度が粗い。



360度、両目分を合わせて1024×2048ってかなり低解像度なのね。でも、これ以上解像度を上げると書き出しに失敗してしまう。Unity側の制限なのか、PCスペックの限界なのか。
そもそも、これぐらい質素ルックならランタイムでもできそうだよな。。。

360度も見まわすことは無いから180度で良いです。。。
180度で書き出すにはひと手間かかるっぽい↓
https://qiita.com/tan-y/items/ea824684077b0a544421

まだ道のりは長そうだな。。。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアマビエを作る その2
Mayaのシェーディングノードの区分
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ポリ男からMetaHumanを作る
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
黒歴史
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
adskShaderSDK
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
能力者
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Unreal Engineの薄い本
UnityでARKit2.0
注文してた本が届いた
UnityからROSを利用できる『ROS#』
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ラクガキの立体化 進捗
Open Shading Language (OSL)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
生物の骨格
BlenderのRigifyでリギング
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ラクガキの立体化 反省
Unite 2014の動画
二次創作というやつ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
フルCGのウルトラマン!?

コメント