BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Stanford Bunny
WordPressプラグインの作り方
ディープラーニング
タマムシっぽい質感
OpenGVのライブラリ構成
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
ZBrushのUV MasterでUV展開
顔のモデリング
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Mayaのシェーディングノードの区分
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
ニューラルネットワークで画像分類
プログラミングスキルとは何か?
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
Pix2Pix:CGANによる画像変換
WordPressのテーマを自作する
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
Maya LTのQuick Rigを試す
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
CEDEC 3日目
機械学習手法『Random Forest』
なんかすごいサイト
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
動的なメモリの扱い
ZBrush 4R7
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...

コメント