BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

色んな三面図があるサイト
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
マルコフ連鎖モンテカルロ法
続・ディープラーニングの資料
顔画像処理技術の過去の研究
NVIDIA GeForce RTX 3080を購入
adskShaderSDK
ZBrushでアマビエを作る その2
WordPressのテーマを自作する
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
書籍『ROSプログラミング』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
まだ続くブログの不調
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Model View Controller
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCV
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Raspberry Pi
Mayaのレンダリング アトリビュート
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
機械学習手法『Random Forest』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ディープラーニング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
マジョーラ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Adobe Photoshop CS5の新機能

コメント