BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

続・ディープラーニングの資料
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
アニゴジ関連情報
Mean Stack開発の最初の一歩
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrush キャラクター&クリーチャー
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ラクガキの立体化
3DCGのモデルを立体化するサービス
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Open Shading Language (OSL)
UnityのAR FoundationでARKit 3
ZBrushの作業環境を見直す
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
機械学習での「回帰」とは?
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushで基本となるブラシ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
OpenCV バージョン4がリリースされた!
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3D復元技術の情報リンク集
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
UnityのGlobal Illumination
ドットインストールのWordPress入門レッスン

コメント