BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
タダでRenderManを体験する方法
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
Mayaのシェーディングノードの区分
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ゴジラの造形
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
顔モデリングのチュートリアル
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
機械学習について最近知った情報
Adobe MAX 2015
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
HerokuでMEAN stack
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
pythonもかじってみようかと
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
統計的な顔モデル
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Model View Controller
Unityからkonashiをコントロールする
Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushCore
ラクガキの立体化 反省
ZBrush 2018へのアップグレード
MFnDataとMFnAttribute
ラクガキの立体化 モールドの追加
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
MRenderUtil::raytrace

コメント