BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ラクガキの立体化 進捗
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
顔のモデリング
参考書
Raspberry Pi
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ラクガキの立体化 胴体の追加
Boost オープンソースライブラリ
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ZBrush 2018へのアップグレード
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
AfterEffectsプラグイン開発
ガメラ生誕50周年
布地のシワの法則性
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
ZBrushの練習 手のモデリング
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
HD画質の無駄遣い
機械学習について最近知った情報
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
ROSの薄い本
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
Subsurface scatteringの動画
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Iterator

コメント