BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
OpenGVの用語
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
ZBrush 4R7
clearcoat Shader
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Adobe Photoshop CS5の新機能
Mean Stack開発の最初の一歩
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
OANDAのfxTrade API
書籍『ROSプログラミング』
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
ZBrushでアマビエを作る その2
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Quartus II
Python2とPython3
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Adobe MAX 2015
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
Stanford Bunny
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Unite 2014の動画
OpenGVのライブラリ構成
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
WordPressの表示を高速化する
ZBrushで基本となるブラシ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Active Appearance Models(AAM)
Seleniumを使ったFXや株の自動取引

コメント