BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール

機械学習用の画像データをCGで生成するのもData Augmentationの範疇でしょうか。
物体や風景画像だけでなく、Depthや物体ラベル、Semantic Segmentation用のアノテーション画像も必要となると、CGで生成した方が断然楽ですね。

機械学習用の画像を生成するUnreal Engine用のプラグインもありましたが



Blenderで学習画像をバッチ生成できるPython製のコマンドツールが公開されている↓

BlenderProc



ディープラーニング用の学習画像を生成するためのプロシージャルBlenderパイプラインです。
詳細はarXivにある論文をご覧ください。(随時更新しています):https://arxiv.org/abs/1911.01911


スポンサーリンク

対応するBlenderのバージョンは2.82。


スポンサーリンク


設定をyaml形式で記述して、run.pyにyamlファイルや3Dオブジェクト、カメラ位置情報のファイルを引数に渡して実行するだけでBlenderで画像をレンダリングできるらしい。
yaml設定ファイルの書き方や、データの読み込み方はexamplesを真似すれば良さそう。

要するに、Blenderの細かい操作方法などを習得しなくても、各成分ごとに分解されたレンダリング画像をバッチで出力できるようにしたツールだな。
run.pyを読む限り、対応するOSはLinuxとMacだけで、Windowsには対応していないみたい。


スポンサーリンク

関連記事

Photogrammetry (写真測量法)
日本でMakersは普及するだろうか?
OpenGVのライブラリ構成
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Adobe MAX 2015
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
WinSCP
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Stanford Bunny
生物の骨格
konashiのサンプルコードを動かしてみた
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
素敵なパーティクル
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
C++の抽象クラス
Mean Stack開発の最初の一歩
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Raytracing Wiki
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Maya API Reference
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
MRenderUtil::raytrace
OANDAのfxTrade API
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
スクレイピング
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Raspberry Pi 2を買いました
アニゴジ関連情報
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
プログラミングスキルとは何か?

コメント