機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

ニューラルネットワークと深層学習
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
研究者のための英文校正業者比較サイト
消費の記録
天体写真の3D動画
素敵なパーティクル
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
CEDEC 2日目
仮面ライダーバトライド・ウォー
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
機械学習手法『Random Forest』
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
仮面ライダーあつめ
機械学習について最近知った情報
Arduinoで人感センサーを使う
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
全脳アーキテクチャ勉強会
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
ストレングス・ファインダー
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Virtual Network Computing
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
IBM Watsonで性格診断
まだまだ続く空想科学読本
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ミニ四駆で電子工作
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
透明標本
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』

コメント