機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
IBM Watsonで性格診断
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
マインドマップ作成ツール『MindNode』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
最高にカッコイイガラス細工
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Arduinoで人感センサーを使う
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
Studio One Prime:音楽制作ソフトの無償版
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
データサイエンティストって何だ?
Raspberry Pi
甲虫の色とか
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
CEDEC 2日目
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
趣味でCEDECに来ている者だ
LLM Visualization:大規模言語モデルの可視化
仮面ライダーバトライド・ウォー
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
ubuntuでサーバー作るよ
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ほっこり日常まんが
プログラマブルなドローン『Phenox』
ディープラーニング
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...

コメント