機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

CM
新年の衝動買い
天体写真の3D動画
偏愛マップ
全脳アーキテクチャ勉強会
ミニ四駆で電子工作
ニューラルネットワークで画像分類
副業の基本と常識
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
素敵なパーティクル
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
Pix2Pix:CGANによる画像変換
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
機械学習について最近知った情報
生物の骨格
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
ミニ四駆ブーム?
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Raspberry Pi
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
IBM Watsonで性格診断
ハイテクな暑さ対策グッズ
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
仮面ライダーバトライド・ウォー
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
シフトカーを改造する人達
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
日米の働き方をコミカルに比較した動画
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ

コメント