機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
大人の知識で玩具の改造
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
最高にカッコイイガラス細工
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
東京オリンピックと案内表示
インターフェイスは世界を規定する
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
Virtual Network Computing
フルカラー3Dプリンタ
ハイテクな暑さ対策グッズ
韓国のヒーロー
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ストレングス・ファインダー
消費の記録
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
CGのためのディープラーニング
Raspberry Pi
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Arduinoで人感センサーを使う
ubuntuでサーバー作るよ
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
文献管理ツール『ReadCube』
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
続・ディープラーニングの資料

コメント