機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

大人の知識で玩具の改造
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
もちもち泡のネコ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Two Minute Papers:先端研究を短時間で紹介するYouTubeチャンネル
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
シフトカーの改造
Houdiniのライセンスの種類
バーガーキングのCM
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
全脳アーキテクチャ勉強会
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
HackerスペースとMakerスペース
プログラマブルなドローン『Phenox』
透明標本
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
CGのためのディープラーニング
趣味でCEDECに来ている者だ
ハイテクな暑さ対策グッズ
Raspberry Pi
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
Arduinoで人感センサーを使う
機械学習手法『Random Forest』
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
まだまだ続く空想科学読本
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
豆腐みたいな付箋
Profilograph
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
東京オリンピックと案内表示
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
構造色研究会 -Society of Structural Colors-

コメント