機械学習での「回帰」とは?

機械学習について勉強してると「回帰」って言葉がよく出てくるんだけど、何のこっちゃよく意味がわからなかった。
で、やっと解ったのであります。

機械学習では「変数間の関係を関数で表す」ことを「回帰」と呼ぶ。


スポンサーリンク

機械学習での「回帰」は「入力値と出力値の関係は関数で表せる」と仮定して、回帰問題を解くわけですね。

以下の連載の線形回帰の回が非常にわかりやすかった。↓
機械学習 はじめよう
第8回 線形回帰[前編]
第9回 線形回帰[後編]
第11回 線形回帰を実装してみよう

要するに、「仮定した関数にフィッティングさせる」こと。
もう、難しい言葉使いやがって (´;ω;`)


スポンサーリンク

関連記事

DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
マインドマップ作成ツール『MindNode』
バーガーキングのCM
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
ReadCube:文献管理ツール
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
消費の記録
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
フルカラー3Dプリンタ
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
ミニ四駆ブーム?
動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
生物の骨格
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
大幸薬品の『クレベリン』のプロモーション『除菌戦士ジョキンジャー』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
ストレングス・ファインダー
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
進撃のタカラトミー
タマムシ
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
研究者のための英文校正業者比較サイト
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
もちもち泡のネコ
統計学に入門したい
素敵なパーティクル
手を動かしながら学ぶデータマイニング
胡散臭いデザインの参考サイト

コメント