TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク

Twitterで知ったブラウザ上でインタラクティブにCNN(Convolutional Neural Network)のネットワーク構造を3Dで可視化できるオープンソースのフレームワークTensorSpace.js。ネットワーク構造だけでなく、特徴マップも可視化できる。
Apache License 2.0だそうです。

TensorSpace.js

TensorSpace.js

TensorSpaceは、TensorFlow.js, Three.js, Tween.jsで構築されたニューラルネットワークの3D視覚化フレームワークです。TensorSpaceは、ディープラーニングのレイヤー構築、訓練済みモデルの読み込み、ブラウザ上での3D可視化できるKerasライクなAPIを提供します。
TensorSpaceなら、モデルの構造とは何なのか、モデルはどのように訓練されているのか、モデルが中間情報に基づいてどのように結果を予測しているのかを直感的に学ぶことができます。
TensorSpaceでは、モデルの前処理を行うことでTensorFlow, Keras, TensorFlow.jsで事前に訓練したモデルの可視化をサポートしています。


スポンサーリンク


例のごとく、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/tensorspace-team/tensorspace

ドキュメントはこちら↓
https://tensorspace.org/html/docs/startIntro.html
Documentation

ただ、自分で動作環境を構築しなくてもデモページで有名なニューラルネットワーク(LeNet, AlexNet, VGG-16, ResNet-50, MobileNetv1, YOLOv2-tiny, ACGAN)の可視化を試すことができる↓
https://tensorspace.org/html/playground/index.html


スポンサーリンク
LeNet

LeNet

AlexNet

AlexNet

YOLOv2-tiny

YOLOv2-tiny

ResNet-50

ResNet-50

ACGAN

ACGAN

オイラは仕組み・プロセスの可視化が大好物なので、こういう可視化ツールすごく好きです。


畳み込みニューラルネットワーク (CNN: Convolutional Neural Network)
例の書籍「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」を一通り読み終わりました。「あえてPythonを使わずにUnity C#で実装しながら勉強する」とか言っておきながら、結局途中で...


高橋 啓治郎さんのGANのUnity移植もそうだったけど、この可視化実装の敷居が下がっているのはTensorFlow.jsの存在がかなり効いているんだろうか。
https://qiita.com/keijiro/items/8874c5730feaf80b7943


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のモーフィングを実装する
データサイエンティストって何だ?
Mean Stack開発の最初の一歩
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
プログラミングスキルとは何か?
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
AI英語教材アプリ『abceed』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Raspberry Pi
3Dグラフィックスの入門書
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
全脳アーキテクチャ勉強会
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
represent
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
WinSCP
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
成果を待てない長学歴化の時代
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ニューラルネットワークで画像分類
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
pythonもかじってみようかと
Mayaのプラグイン開発
ROSの薄い本
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Unreal Engine 5の情報が公開された!

コメント