ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』

Twitterで知ったブラウザ上でインタラクティブにCNN(Convolutional Neural Network)のネットワーク構造を3Dで可視化できるオープンソースのフレームワークTensorSpace.js。ネットワーク構造だけでなく、特徴マップも可視化できる。
Apache License 2.0だそうです。

TensorSpace.js

TensorSpace.js

TensorSpaceは、TensorFlow.js, Three.js, Tween.jsで構築されたニューラルネットワークの3D視覚化フレームワークです。TensorSpaceは、ディープラーニングのレイヤー構築、訓練済みモデルの読み込み、ブラウザ上での3D可視化できるKerasライクなAPIを提供します。
TensorSpaceなら、モデルの構造とは何なのか、モデルはどのように訓練されているのか、モデルが中間情報に基づいてどのように結果を予測しているのかを直感的に学ぶことができます。
TensorSpaceでは、モデルの前処理を行うことでTensorFlow, Keras, TensorFlow.jsで事前に訓練したモデルの可視化をサポートしています。


スポンサーリンク


例のごとく、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/tensorspace-team/tensorspace

ドキュメントはこちら↓
https://tensorspace.org/html/docs/startIntro.html
Documentation

ただ、自分で動作環境を構築しなくてもデモページで有名なニューラルネットワーク(LeNet, AlexNet, VGG-16, ResNet-50, MobileNetv1, YOLOv2-tiny, ACGAN)の可視化を試すことができる↓
https://tensorspace.org/html/playground/index.html


スポンサーリンク
LeNet

LeNet

AlexNet

AlexNet

YOLOv2-tiny

YOLOv2-tiny

ResNet-50

ResNet-50

ACGAN

ACGAN

オイラは仕組み・プロセスの可視化が大好物なので、こういう可視化ツールすごく好きです。


畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
例の書籍「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」を一通り読み終わりました。「あえてPythonを使わずにUnity C#で実装しながら勉強する」とか言っておきながら、結局途中で...


高橋 啓治郎さんのGANのUnity移植もそうだったけど、この可視化実装の敷居が下がっているのはTensorFlow.jsの存在がかなり効いているんだろうか。
https://qiita.com/keijiro/items/8874c5730feaf80b7943


スポンサーリンク

関連記事

法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
定数
ROMOハッカソンに行ってきた
Google App EngineでWordPress
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Unityの薄い本
Boost オープンソースライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
UnityのAR FoundationでARKit 3
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
Mean Stack開発の最初の一歩
Mayaのプラグイン開発
adskShaderSDK
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
Blender 2.8がついに正式リリース!
タマムシっぽい質感
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
海外ドラマのChromaKey
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
Raspberry Pi 2を買いました
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Point Cloud Consortiumのセミナー「3D点群の未来」に行ってきたよ
HD画質の無駄遣い
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Kinect for Windows v2の日本価格決定
動的なメモリの扱い
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Active Appearance Models(AAM)
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました

コメント