ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』

Twitterで知ったブラウザ上でインタラクティブにCNN(Convolutional Neural Network)のネットワーク構造を3Dで可視化できるオープンソースのフレームワークTensorSpace.js。ネットワーク構造だけでなく、特徴マップも可視化できる。
Apache License 2.0だそうです。

TensorSpace.js

TensorSpace.js

TensorSpaceは、TensorFlow.js, Three.js, Tween.jsで構築されたニューラルネットワークの3D視覚化フレームワークです。TensorSpaceは、ディープラーニングのレイヤー構築、訓練済みモデルの読み込み、ブラウザ上での3D可視化できるKerasライクなAPIを提供します。
TensorSpaceなら、モデルの構造とは何なのか、モデルはどのように訓練されているのか、モデルが中間情報に基づいてどのように結果を予測しているのかを直感的に学ぶことができます。
TensorSpaceでは、モデルの前処理を行うことでTensorFlow, Keras, TensorFlow.jsで事前に訓練したモデルの可視化をサポートしています。


スポンサーリンク


例のごとく、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/tensorspace-team/tensorspace

ドキュメントはこちら↓
https://tensorspace.org/html/docs/startIntro.html
Documentation

ただ、自分で動作環境を構築しなくてもデモページで有名なニューラルネットワーク(LeNet, AlexNet, VGG-16, ResNet-50, MobileNetv1, YOLOv2-tiny, ACGAN)の可視化を試すことができる↓
https://tensorspace.org/html/playground/index.html


スポンサーリンク
LeNet

LeNet

AlexNet

AlexNet

YOLOv2-tiny

YOLOv2-tiny

ResNet-50

ResNet-50

ACGAN

ACGAN

オイラは仕組み・プロセスの可視化が大好物なので、こういう可視化ツールすごく好きです。


畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
例の書籍「ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装」を一通り読み終わりました。「あえてPythonを使わずにUnity C#で実装しながら勉強する」とか言っておきながら、結局途中で...


高橋 啓治郎さんのGANのUnity移植もそうだったけど、この可視化実装の敷居が下がっているのはTensorFlow.jsの存在がかなり効いているんだろうか。
https://qiita.com/keijiro/items/8874c5730feaf80b7943


スポンサーリンク

関連記事

OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ZBrushのZScript入門
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ブログが1日ダウンしてました
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
adskShaderSDK
Unreal Engineの薄い本
GoogleのDeep Learning論文
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Raspberry Pi
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
Houdiniのライセンスの種類
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン

コメント