Houdiniのライセンスの種類

プロシージャル系の話題でずっと気になっているSideFX社のHoudini

Houdini

Marvel’s Spider-Man, meet Houdini | David Santiago | GDC 2019

製品の種類が沢山あってよく分からず、とりあえず無料版のHoudini Apprenticeをインストールしただけで長らく放置していた。

改めて公式ページの比較表を見てみると、ユーザーの条件によって利用できるライセンスが違い、機能制限があるんですね。

プロダクション向けの商用利用ライセンスが機能限定版のCOREと、機能制限無しのFXの2種類。
小規模・個人制作者向けのINDIEは値段が安く、FXに比べて使用できるファイルフォーマットに制限がある。
学習目的のライセンスは教育機関向けのEDUCATIONと、無料体験版のAPPRENTICEの2種類。


スポンサーリンク





ということは、購入するとしたらオイラにとって現実的なのはHoudini Indieかもな。
まあ、しばらくはHoudini Apprenticeで遊んでみるけど。

徹底的に学習のハードルを下げよう。入門書としてこちらの同人誌を購入してみた↓

ネコでもわかる!Houdini超入門


スポンサーリンク

公式に学習教材も豊富にあるんだけどね↓
https://www.sidefx.com/learn/

次にやるとしたらこのチュートリアルかな↓
https://www.sidefx.com/ja/tutorials/create-a-task-workflow-to-build-cities/

すでにネット上に教材が沢山あるのは分かっているものの、今の自分のレベルに合わせた階段にしていくのが重要だと思っている。
とはいえ、オイラは目的意識が学習の動機づけになるので、単純作業みたいになっちゃうと続かなくなるから難しいところ。難易度の高い教材もストックしておくぐらいはしておこう。

Houdini プロシージャル基本講座 01

で、闇雲に書籍をガバガバと買ってしまう。

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-

Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python

機械学習への利用も結構気になっている↓

https://www.sidefx.com/ja/tutorials/machine-learning-data-preparation/
https://note.mu/ytamamura/n/n06b0020f9ecf
https://qiita.com/takavfx/items/f27cd76604e902199c9d
http://ma-yidong.com/2019/01/18/dabble-frankengan-with-houdini/
https://www.sidefx.com/ja/community/spider-man-into-the-spider-verse/


スポンサーリンク

関連記事

AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ZBrush 2018へのアップグレード
Maya 2015から標準搭載されたMILA
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
SIGGRAPH Asia
なんかすごいサイト
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
UnityでLight Shaftを表現する
3DCGのモデルを立体化するサービス
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
ファンの力
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
UnityでARKit2.0
ZBrushCore
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
マイケル・ベイの動画の感覚
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現

コメント