Houdiniのライセンスの種類

プロシージャル系の話題でずっと気になっているSideFX社のHoudini

Houdini


製品の種類が沢山あってよく分からず、とりあえず無料版のHoudini Apprenticeをインストールしただけで長らく放置していた。

改めて公式ページの比較表を見てみると、ユーザーの条件によって利用できるライセンスが違い、機能制限があるんですね。

プロダクション向けの商用利用ライセンスが機能限定版のCOREと、機能制限無しのFXの2種類。
小規模・個人制作者向けのINDIEは値段が安く、FXに比べて使用できるファイルフォーマットに制限がある。
学習目的のライセンスは教育機関向けのEDUCATIONと、無料体験版のAPPRENTICEの2種類。


スポンサーリンク





ということは、購入するとしたらオイラにとって現実的なのはHoudini Indieかもな。
まあ、しばらくはHoudini Apprenticeで遊んでみるけど。

徹底的に学習のハードルを下げよう。入門書としてこちらの同人誌を購入してみた↓

ネコでもわかる!Houdini超入門


スポンサーリンク

公式に学習教材も豊富にあるんだけどね↓
https://www.sidefx.com/learn/

次にやるとしたらこのチュートリアルかな↓
https://www.sidefx.com/ja/tutorials/create-a-task-workflow-to-build-cities/

すでにネット上に教材が沢山あるのは分かっているものの、今の自分のレベルに合わせた階段にしていくのが重要だと思っている。
とはいえ、オイラは目的意識が学習の動機づけになるので、単純作業みたいになっちゃうと続かなくなるから難しいところ。難易度の高い教材もストックしておくぐらいはしておこう。



で、闇雲に書籍をガバガバと買ってしまう。

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-

Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python

機械学習への利用も結構気になっている↓

https://www.sidefx.com/ja/tutorials/machine-learning-data-preparation/
https://note.mu/ytamamura/n/n06b0020f9ecf
https://qiita.com/takavfx/items/f27cd76604e902199c9d
http://ma-yidong.com/2019/01/18/dabble-frankengan-with-houdini/
https://www.sidefx.com/ja/community/spider-man-into-the-spider-verse/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushの練習 手のモデリング
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
ガメラ生誕50周年
Ambient Occlusionを解析的に求める
ラクガキの立体化 目標設定
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Open Shading Language (OSL)
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
AfterEffectsプラグイン開発
Mayaのプラグイン開発
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Physically Based Rendering
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
3DCG Meetup #4に行ってきた
Unityをレンダラとして活用する
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
SIGGRAPH ASIAのマスコット
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
ZBrushトレーニング
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか

コメント