Houdiniのライセンスの種類

プロシージャル系の話題でずっと気になっているSideFX社のHoudini

Houdini

Marvel’s Spider-Man, meet Houdini | David Santiago | GDC 2019

製品の種類が沢山あってよく分からず、とりあえず無料版のHoudini Apprenticeをインストールしただけで長らく放置していた。

改めて公式ページの比較表を見てみると、ユーザーの条件によって利用できるライセンスが違い、機能制限があるんですね。

プロダクション向けの商用利用ライセンスが機能限定版のCOREと、機能制限無しのFXの2種類。
小規模・個人制作者向けのINDIEは値段が安く、FXに比べて使用できるファイルフォーマットに制限がある。
学習目的のライセンスは教育機関向けのEDUCATIONと、無料体験版のAPPRENTICEの2種類。


スポンサーリンク





ということは、購入するとしたらオイラにとって現実的なのはHoudini Indieかもな。
まあ、しばらくはHoudini Apprenticeで遊んでみるけど。

徹底的に学習のハードルを下げよう。入門書としてこちらの同人誌を購入してみた↓

ネコでもわかる!Houdini超入門


スポンサーリンク

公式に学習教材も豊富にあるんだけどね↓
https://www.sidefx.com/learn/

次にやるとしたらこのチュートリアルかな↓
https://www.sidefx.com/ja/tutorials/create-a-task-workflow-to-build-cities/

すでにネット上に教材が沢山あるのは分かっているものの、今の自分のレベルに合わせた階段にしていくのが重要だと思っている。
とはいえ、オイラは目的意識が学習の動機づけになるので、単純作業みたいになっちゃうと続かなくなるから難しいところ。難易度の高い教材もストックしておくぐらいはしておこう。

Houdini プロシージャル基本講座 01

で、闇雲に書籍をガバガバと買ってしまう。

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-

Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python

機械学習への利用も結構気になっている↓

https://www.sidefx.com/ja/tutorials/machine-learning-data-preparation/
https://note.mu/ytamamura/n/n06b0020f9ecf
https://qiita.com/takavfx/items/f27cd76604e902199c9d
http://ma-yidong.com/2019/01/18/dabble-frankengan-with-houdini/
https://www.sidefx.com/ja/community/spider-man-into-the-spider-verse/


スポンサーリンク

関連記事

顔のモデリング
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
2012のメイキングまとめ(途中)
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
参考書
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
生物の骨格
HD画質の無駄遣い
リファレンス画像専用ビューア『PureRef』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
タダでRenderManを体験する方法
海外ドラマのChromaKey
Mayaのプラグイン開発
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
無料で使える人体3DCG作成ツール
3Dグラフィックスの入門書
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
ラクガキの立体化 目標設定
タマムシっぽい質感
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
UnityのGlobal Illumination
ラクガキの立体化 モールドの追加
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
ZBrushのUV MasterでUV展開
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
AfterEffectsプラグイン開発
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
WebGL開発に関する情報が充実してきている
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
CreativeCOW.net

コメント