Houdiniのライセンスの種類

プロシージャル系の話題でずっと気になっているSideFX社のHoudini

Houdini

Marvel’s Spider-Man, meet Houdini | David Santiago | GDC 2019

製品の種類が沢山あってよく分からず、とりあえず無料版のHoudini Apprenticeをインストールしただけで長らく放置していた。

改めて公式ページの比較表を見てみると、ユーザーの条件によって利用できるライセンスが違い、機能制限があるんですね。

プロダクション向けの商用利用ライセンスが機能限定版のCOREと、機能制限無しのFXの2種類。
小規模・個人制作者向けのINDIEは値段が安く、FXに比べて使用できるファイルフォーマットに制限がある。
学習目的のライセンスは教育機関向けのEDUCATIONと、無料体験版のAPPRENTICEの2種類。


スポンサーリンク





ということは、購入するとしたらオイラにとって現実的なのはHoudini Indieかもな。
まあ、しばらくはHoudini Apprenticeで遊んでみるけど。

徹底的に学習のハードルを下げよう。入門書としてこちらの同人誌を購入してみた↓

ネコでもわかる!Houdini超入門


スポンサーリンク

公式に学習教材も豊富にあるんだけどね↓
https://www.sidefx.com/learn/

次にやるとしたらこのチュートリアルかな↓
https://www.sidefx.com/ja/tutorials/create-a-task-workflow-to-build-cities/

すでにネット上に教材が沢山あるのは分かっているものの、今の自分のレベルに合わせた階段にしていくのが重要だと思っている。
とはいえ、オイラは目的意識が学習の動機づけになるので、単純作業みたいになっちゃうと続かなくなるから難しいところ。難易度の高い教材もストックしておくぐらいはしておこう。

Houdini プロシージャル基本講座 01

で、闇雲に書籍をガバガバと買ってしまう。

Houdini ビジュアルエフェクトの教科書

理論と実践で学ぶHoudini -SOP&VEX編-

Algorithmic Design with Houdini Houdiniではじめる自然現象のデザイン

Houdini実践ハンドブックWrangle×Python

機械学習への利用も結構気になっている↓

https://www.sidefx.com/ja/tutorials/machine-learning-data-preparation/
https://note.mu/ytamamura/n/n06b0020f9ecf
https://qiita.com/takavfx/items/f27cd76604e902199c9d
http://ma-yidong.com/2019/01/18/dabble-frankengan-with-houdini/
https://www.sidefx.com/ja/community/spider-man-into-the-spider-verse/


スポンサーリンク

関連記事

ニューラルネットワークで画像分類
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
デザインのリファイン再び
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
布地のシワの法則性
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unreal Engine 5の情報が公開された!
タダでRenderManを体験する方法
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Blenderでよく使うaddon
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
CreativeCOW.net
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ゴジラ(2014)のメイキング
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
ラクガキの立体化 反省
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
機械学習について最近知った情報
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
UnityでPoint Cloudを表示する方法
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』

コメント