ポリ男をリファイン

少し前からUnreal EngineというかEpic Gamesから、リグ付きのリアルな3DCG人間 Metahumanを作成できるWebツールMetaHuman Creatorの提供が始まっていた。

さらに最近、自作の3D MeshをMetahumanに変換できるMesh to MetaHuman機能の提供が始まったらしいので試したくなった。


スポンサーリンク

Mesh to MetaHuman



MetaHuman プラグイン

昔Mayaでモデリングした「ポリ男」をリファインしてMetahumanに変換したい。
顔のモデリング
学生時代、Mayaで人の顔をモデリングしてポリ男と名づけた。2006年〜2008年の話。 口が猿みたい。今ならもっと上手く作れそうな気がするけど、そんな情熱がもう無い。 1つの人種に縛られるのが何となく嫌で、色んな人種の特徴を観察して「人間...



スポンサーリンク


これが昔Mayaでモデリングしたもの↓



今思うと、唇と耳のモデリングが特に下手クソだった。唇って、色で惑わされて形を捉えにくい。

このモデルをZBrushへ持って行って、DynaMesh化して形状を修正する。
口元と耳を重点的に修正し、その他気になる箇所も微調整。ZBrushだとトポロジーを気にせず形だけに集中できて楽だ↓



DynaMeshの解像度は最終的に640で作業した。

形状が定まったら、ZRemesherでリトポロジーして、UV MasterでUV展開。
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
この前はモデルのポリゴン数が多過ぎてUV Masterによる自動UV展開に失敗してしまった。 Meshを15万ポリゴン以下に抑えないとUV Masterは正常に動作しないらしいと分かったので、ちゃんとポリゴン数をリダクションすることにする。...

ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで趣味モデリングとかやってるけど、現在オイラはオフラインレンダラを持っていない。 で、ちょっと考えてみたら、静止画だけならUnityのstatc GIで代用できる気がしてきた。 UnityのGIのライトマップはテクスチャとして書...


リトポロジー後のMesh↓



と、ここまで作業しおいて、実はMetaHumanへの変換手順をよく分かっていないのです。。。
まずは公式のチュートリアル動画を見るか↓



制作記事まとめページ↓
ポリ男
大学生の頃にMayaで制作した人間の顔。ティーンネイジャーぐらいの少年を目指してモデリングした。 ポリゴンでできた男の顔なので同級生達に「ポリ男」と名付けられた。 もともとは選択授業の課題として選んだモチーフだったが、課題提出の締め切りに間...


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
SIGGRAPH ASIAのマスコット
色んな三面図があるサイト
Maya 2015から標準搭載されたMILA
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
PolyPaint
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
自前のShaderがおかしい件
Raytracing Wiki
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
顔のモデリング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のトゲの作り直し
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
MFnMeshクラスのsplit関数
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
単純に遊びに行くのはだめなのか?
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
三丁目ゴジラ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
立体視を試してみた
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
ZBrushの作業環境を見直す
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
PythonでBlenderのAdd-on開発
CGのためのディープラーニング
Unityの薄い本
ゴジラ三昧
Oculus Goを購入!
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
3D復元技術の情報リンク集
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
Blender 2.8がついに正式リリース!
Paul Debevec
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...

コメント