3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』

NVIDIAから3D系のディープラーニング研究のためのPyTorchライブラリが公開された。
まだベータ版だから、これからどんどん充実していくんでしょうね。読み方はカオリンで良いのかな?(なんかかわいい)

Kaolin



Kaolinは3Dディープラーニングの研究を加速させるためのPyTorchライブラリです。Kaolinは、ディープラーニングシステムで使用できる微分可能な3Dモジュールを効率的な実装で提供します。
Kaolinには一般的な公開3Dデータセットの読み込みと前処理を行ったり、メッシュ、点群、符号付き距離関数、ボクセルグリッドを操作するネイティブ関数があり、無駄な定型コードの記述を最小限に抑えています。Kaolinは、レンダリング、ライティング、シェーディング、view warpingなどの微分可能なグラフィックスモジュールをパッケージ化しています。また、Kaolinは一連の損失関数と評価指標をサポートすることでシームレスな評価を可能とし、3Dの結果をレンダリングする可視化機能も提供します。

最も重視しているのは、最先端の様々な3Dディープラーニングアーキテクチャを集めた包括的なModel Zooをキュレートし、将来の研究活動の出発点に立つ手助けとなることです。

ドキュメントのページがまだ作成されていないのか404だけど。

NVIDIAの公式ブログ↓
https://news.developer.nvidia.com/kaolin-library-research-3d/
https://blogs.nvidia.co.jp/2019/11/27/kaolin-library-research-3d/

Kaolinって名前は造形用粘土のKaolinite(カオリナイト)が由来なのね。


スポンサーリンク


ベータ版の時点で何ができるのか。


スポンサーリンク

機能



現在、(ベータ版)リリースには、メッシュ、ボクセル、符号付き距離関数、点群での3Dディープラーニングのための処理関数が含まれています。
一般的なデータセット(例:ShapeNet, ModelNet, SHRECなど)の読み込みもすぐにサポートされます。また、いくつかの3D変換および変換操作を実装します。

Kaolinは以下のような3Dタスクをサポートします:

  • Differentiable rendering (see Neural Mesh Renderer, its PyTorch port, Soft Rasterizer, Differentiable Interpolation-based Renderer, and a modular and extensible abstract DifferentiableRenderer specification).
  • Single-image based mesh reconstruction (Pixel2Mesh, GEOMetrics, OccupancyNets, and more…)
  • Pointcloud classification and segmentation (PointNet, PoinNet++, DGCNN, …)
  • Mesh classification and segmentation (MeshCNN, GCN)
  • 3D superresolution on voxel grids (ODM, VoxelUNet, and more…)
  • Basic graphics utilities (lighting, shading, etc.)

Model Zoo

Kaolinは、一般的な3Dディープラーニングアーキテクチャのリファレンス実装を含む大規模なModel Zooをキュレーションします。詳しくはこちらでご確認ください。

https://note.com/npaka/m/m85457421b99f

TensorFlowを使うならTensorFlow Graphicsがあるけど、PyTorch派ならKaolinだろうか。



あ、Siggraph 2019で発表されて話題になったMeshCNNのモデルもKaolinに含まれてるんですね。

MeshCNN: A Network with an Edge [SIGGRAPH 2019]

MeshCNNのコードもPyTorchで実装されてるからまあ、すでに割と手軽ではあるんだけど。
https://github.com/ranahanocka/MeshCNN/


スポンサーリンク

関連記事

世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCV
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZScript
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
機械学習手法『Random Forest』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
C++の抽象クラス
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで基本となるブラシ
OpenGVのライブラリ構成
海外ドラマのChromaKey
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
3DCG Meetup #4に行ってきた
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Unityで学ぶC#
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
3D復元技術の情報リンク集
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ラクガキの立体化 目標設定
アニゴジ関連情報
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
ガメラ生誕50周年
clearcoat Shader
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
UnityのTransformクラスについて調べてみた
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植

コメント