Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

NVIDIAから3D系のディープラーニング研究のためのPyTorchライブラリが公開された。
まだベータ版だから、これからどんどん充実していくんでしょうね。読み方はカオリンで良いのかな?(なんかかわいい)

Kaolin



Kaolinは3Dディープラーニングの研究を加速させるためのPyTorchライブラリです。Kaolinは、ディープラーニングシステムで使用できる微分可能な3Dモジュールを効率的な実装で提供します。
Kaolinには一般的な公開3Dデータセットの読み込みと前処理を行ったり、メッシュ、点群、符号付き距離関数、ボクセルグリッドを操作するネイティブ関数があり、無駄な定型コードの記述を最小限に抑えています。Kaolinは、レンダリング、ライティング、シェーディング、view warpingなどの微分可能なグラフィックスモジュールをパッケージ化しています。また、Kaolinは一連の損失関数と評価指標をサポートすることでシームレスな評価を可能とし、3Dの結果をレンダリングする可視化機能も提供します。

最も重視しているのは、最先端の様々な3Dディープラーニングアーキテクチャを集めた包括的なModel Zooをキュレートし、将来の研究活動の出発点に立つ手助けとなることです。

ドキュメントのページがまだ作成されていないのか404だけど。

NVIDIAの公式ブログ↓
https://news.developer.nvidia.com/kaolin-library-research-3d/
https://blogs.nvidia.co.jp/2019/11/27/kaolin-library-research-3d/

Kaolinって名前は造形用粘土のKaolinite(カオリナイト)が由来なのね。


スポンサーリンク


ベータ版の時点で何ができるのか。


スポンサーリンク

機能



現在、(ベータ版)リリースには、メッシュ、ボクセル、符号付き距離関数、点群での3Dディープラーニングのための処理関数が含まれています。
一般的なデータセット(例:ShapeNet, ModelNet, SHRECなど)の読み込みもすぐにサポートされます。また、いくつかの3D変換および変換操作を実装します。

Kaolinは以下のような3Dタスクをサポートします:

  • Differentiable rendering (see Neural Mesh Renderer, its PyTorch port, Soft Rasterizer, Differentiable Interpolation-based Renderer, and a modular and extensible abstract DifferentiableRenderer specification).
  • Single-image based mesh reconstruction (Pixel2Mesh, GEOMetrics, OccupancyNets, and more…)
  • Pointcloud classification and segmentation (PointNet, PoinNet++, DGCNN, …)
  • Mesh classification and segmentation (MeshCNN, GCN)
  • 3D superresolution on voxel grids (ODM, VoxelUNet, and more…)
  • Basic graphics utilities (lighting, shading, etc.)

Model Zoo

Kaolinは、一般的な3Dディープラーニングアーキテクチャのリファレンス実装を含む大規模なModel Zooをキュレーションします。詳しくはこちらでご確認ください。

https://note.com/npaka/m/m85457421b99f

TensorFlowを使うならTensorFlow Graphicsがあるけど、PyTorch派ならKaolinだろうか。



あ、Siggraph 2019で発表されて話題になったMeshCNNのモデルもKaolinに含まれてるんですね。



MeshCNNのコードもPyTorchで実装されてるからまあ、すでに割と手軽ではあるんだけど。
https://github.com/ranahanocka/MeshCNN/


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engine 5の情報が公開された!
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
このブログのデザインに飽きてきた
Unityで360度ステレオVR動画を作る
BlenderのRigifyでリギング
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
3DCG Meetup #4に行ってきた
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
adskShaderSDK
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
MFnMeshクラスのsplit関数
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
HD画質の無駄遣い その2
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Quartus II
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
布のモデリング
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ブログの復旧が難航してた話
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ZBrushのお勉強
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
AfterEffectsプラグイン開発
WinSCP
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ROMOハッカソンに行ってきた

コメント