OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』

だいぶ時間が空きましたが、引き続きOpenCVの3次元復元系の関数を見ていく。



今回はcalib3dモジュールにあるtriangulatePoints関数。つまり三角測量を行う関数ですね。

三角測量で点を再構築します。

パラメータ

  • projMatr1 1つ目のカメラの射影行列(3×4)
  • projMatr2 2つ目のカメラの射影行列(3×4)
  • projPoints1 1枚目の画像中の特徴点の配列(2xN)
  • projPoints2 2枚目の画像中の1枚目に対応する特徴点の配列(2xN)
  • points4D 同次座標における再構成後の点の配列(4×N)

この関数は、ステレオカメラによる観測によって(同次座標での)3次元点を再構築します。投影行列はstereoRectify関数で得ることができます。

注意
この関数を使うには、すべての入力データがfloat型である必要があります。

http://docs.opencv.org/3.2.0/d9/d0c/group__calib3d.html#gad3fc9a0c82b08df034234979960b778c


スポンサーリンク


具体的な使い方を見て行こう。こちらのブログ記事に載っているコードを参考に書いてみた。↓
http://moitkfm.blogspot.jp/2014/06/2.html

使う2枚の画像は、以前撮影したスターデストロイヤーのターンテーブル動画から1フレーム目と50フレーム目を抜粋して使用する。

OpenCVでiPhone6sのカメラレンズ歪み補正 (マスキング)

撮影に使ったiPhone6sのカメラキャリブレーションデータもあるし。



以下がソースコード。AKAZE特徴で2枚の画像の対応点を求めることにした。
結果の可視化にvizモジュールを使っているので、vizも含めてビルド済みのOpenCV3.3.0-rcを使用。


スポンサーリンク

AKAZE特徴のマッチング結果はこちら↓



で、三角測量の結果をvizモジュールで可視化したものがこちら↓



側面は何となくそれっぽいぞ。と思って上から見てみたら、なんだか湾曲している。。。



レンズっぽい球面な歪み方だな。
あ、以前作った連番はすでにレンズの歪み補正を終えているから、補正処理は必要なかったか。

追記:よくよく考えたら、関数の出力は同次座標だからそのまま3次元ベクトルに代入して表示しちゃダメだな。


スポンサーリンク

関連記事

WordPressプラグインの作り方
PCA (主成分分析)
動的なメモリの扱い
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ZScript
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
C++の抽象クラス
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
まだ続くブログの不調
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCV バージョン4がリリースされた!
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
ドットインストールのWordPress入門レッスン
html5のcanvasの可能性
3Dグラフィックスの入門書
参考書
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
AfterEffectsプラグイン開発
Mayaのシェーディングノードの区分
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オーバーロードとオーバーライド
プログラミングスキルについて考える
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
なんかすごいサイト
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Konashiを買った
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
pythonもかじってみようかと
OpenMayaのPhongShaderクラス

コメント