OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』

だいぶ時間が空きましたが、引き続きOpenCVの3次元復元系の関数を見ていく。



今回はcalib3dモジュールにあるtriangulatePoints関数。つまり三角測量を行う関数ですね。

void cv::triangulatePoints(InputArray   projMatr1,
                        InputArray  projMatr2,
                        InputArray  projPoints1,
                        InputArray  projPoints2,
                        OutputArray     points4D 
                        )

三角測量で点を再構築します。

パラメータ

  • projMatr1 1つ目のカメラの射影行列(3×4)
  • projMatr2 2つ目のカメラの射影行列(3×4)
  • projPoints1 1枚目の画像中の特徴点の配列(2xN)
  • projPoints2 2枚目の画像中の1枚目に対応する特徴点の配列(2xN)
  • points4D 同次座標における再構成後の点の配列(4×N)

この関数は、ステレオカメラによる観測によって(同次座標での)3次元点を再構築します。投影行列はstereoRectify関数で得ることができます。

注意
この関数を使うには、すべての入力データがfloat型である必要があります。


スポンサーリンク

http://docs.opencv.org/3.2.0/d9/d0c/group__calib3d.html#gad3fc9a0c82b08df034234979960b778c


スポンサーリンク


具体的な使い方を見て行こう。こちらのブログ記事に載っているコードを参考に書いてみた↓
http://moitkfm.blogspot.jp/2014/06/2.html

使う2枚の画像は、以前撮影したスターデストロイヤーのターンテーブル動画から1フレーム目と50フレーム目を抜粋して使用する。



撮影に使ったiPhone6sのカメラキャリブレーションデータもあるし。
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
世間ではiPhone7が発売されていますが、オイラは引き続きiPhone6sを使います(笑) 1年前にiPhone6Sへ機種変更してからiPhone6sのカメラで結構たくさん写真や動画を撮ったので、画像・動画がだいぶ溜まった。 それらの画像...


以下がソースコード。AKAZE特徴で2枚の画像の対応点を求めることにした。
結果の可視化にvizモジュールを使っているので、vizも含めてビルド済みのOpenCV3.3.0-rcを使用。



AKAZE特徴のマッチング結果はこちら↓



で、三角測量の結果をvizモジュールで可視化したものがこちら↓



側面は何となくそれっぽいぞ。と思って上から見てみたら、なんだか湾曲している。。。



レンズっぽい球面な歪み方だな。
あ、以前作った連番はすでにレンズの歪み補正を終えているから、補正処理は必要無いのか。

追記:よくよく考えたら、関数の出力は同次座標だからそのまま3次元ベクトルに代入して表示しちゃダメだな。


スポンサーリンク

関連記事

Seleniumを使ったFXや株の自動取引
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
機械学習手法『Random Forest』
今年もSSII
ROSの薄い本
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
書籍『ROSプログラミング』
スクレイピング
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Iterator
ベイズ推定とグラフィカルモデル
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
pythonもかじってみようかと
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
サンプルコードにも間違いはある?
Mayaのシェーディングノードの区分
WordPress on Windows Azure
Quartus II
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
adskShaderSDK
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenGVのライブラリ構成
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ブログのデザイン変えました
3D復元技術の情報リンク集

コメント