7月の振り返り

月末なので振り返り

恒例の1ヶ月振り返り。 2017年ももう半分過ぎてしまった。半年経っただけの進歩はあっただろうか。 仕事で思うこと 年功序列 職場で先輩達を見ていて、「自分もああなっちゃうのかなぁ」とふと考えた。「ああなっちゃう」という表現...

7月はなんだか長く感じた。急かされることもなく、スカスカだったのかな。

仕事で思うこと

働き方のヒント

ちょっと前からこちらのサイトで安達裕哉氏の文章をよく読むようになった。仕事でのモヤモヤを晴らすヒントが多く、考える糸口を見つけやすい。

「稚拙な体育会系」に関してのツイートがちょっと面白かったので、紹介する。 「体育会系から排除されたオタクが集団作ったらさらに稚拙な体育会系を構築する」図は結構見てきたので過去味わった辛酸は忘れないように努めている。体育会…
コミュニケーションについて書かれた記事に、2つ、個人的に面白かったものがある。 いずれも大変にバズった記事なので、覚えている方も多いだろう。   一つ目は、電通の人たちのカラオケが、恐ろしく洗練されており、「た…

対人関係で自覚したこと

ここ最近は仕事を通じて対人関係での自分自身の傾向を自覚することが多い。
先月「他人の力を借りる」というスキルについて意識し始めたのだが、何だかんだでやはりオイラの苦手分野なのではないだろうか。

メンバーシップ型雇用

欧米のジョブ型雇用に対して、日本はメンバーシップ型雇用が主流と言われる。たぶんオイラが働いている会社もメンバーシップ型雇用なんだと思う。
オイラはそもそも集団への帰属意識があんまり持てなくて、「仲間」とか「どちらの側につく」みたいなことが上手くできない。
根本には「人に興味が無い」という性格があるような気がする。
昔からそうなのだが、オイラはタスクを通じてしか人と対話できないのだ。雑談というのが苦手だし、誰かの噂話にもあまり興味がない。内向的な人間なのだ。
大多数の人はそうではないらしいのだ。みんなほどほどに雑談し、楽しそう。
そういう点ではメンバーシップというものがピンと来ていないのかもしれない。


スポンサーリンク


勝手に期待して失望してしまう癖

他人と共同で仕事を進める上で、他人へ過剰に期待してしまう癖があることに気づいた。
期待が過剰なので、結果はその期待を下回る。そもそも明示的に要求していないので当然なのだが、それに少しイライラしてしまう。そして何故かその人に失望してしまう(笑)
これは甘えた考え方であると分かっているのだが、気づくと同じパターンを繰り返していしまう。

やりぬくこと

勝手に期待して勝手に失望することに少し関連して、「やり遂げない人」への嫌悪感が高まっている。

「仕事で成長したいですか?」と言われたら、どう答えるだろうか。 Yesであれば、本稿が役に立つはずである。 Noであれば、この記事を読む必要はまったくない。時間の無駄であるから、ブラウザを閉じたほうが良い。  …

オイラ自身が割と執着心の塊みたいな人間なのもあって、途中までやって止まってしまった物事がいつまでも頭の片隅に残り続けてしまう。やり遂げてみないことにはいつまでもそれが燻る。生焼けのままというか。
特に仕事においては、何人かの時間を費やしたらちゃんと結果が出るまで継続させたくなる。思いつきで他人の時間を奪って、そのまま途中で放り出すタイプの、悪い意味での多動な人へ嫌悪感がある。
1人でやる分には別に構わないけど、他人を巻き込むなら落とし前はつけてほしいのだ。

創作意欲

日常で小さなことを思いつくことは多いので、それを何かカタチに繋げたくなってきた。プチ創作活動的に、思いついたことを少しずつまとめて何か作品にしたい。
最近は「仕事は自己表現じゃない」と割り切っているからこそ淡々とこなすことができるようになったが、自己表現の方も別途追及してみようかと。プチ創作のような活動をした方が精神衛生上よろしいような気がする。

物語とか、ワンシーンだったり個々のフレーズなど、思いついたことを続けられる程度の負荷でアウトプット。一番手軽なのは何だろう。小説?
最近は、個人が小説を連載できるプラットフォームが豊富らしい。

様々なWeb小説を無料で「書ける、読める、伝えられる」、KADOKAWA × はてな による小説投稿サイトです。ジャンルはファンタジー、SF、恋愛、ホラー、ミステリーなどがあり、二次創作作品も楽しめ…

大学生になったばかりの頃、その手の入門書を読み漁ったけど、カタチにする術を知りたかったのだと思う。


スポンサーリンク


Also published on Medium.