瞬発力の時代

まだ頭の中で上手くまとまってない話。

何かと瞬発力が必要な時代だと思う。すぐに反応できない人間は相手にされなくなる。
これはオイラ自身の勝手な強迫観念かと思ったこともあったが、以下の増田記事を読むと、会話での受け答えの速さにやっぱりそういう空気が少なからずあるようだ。↓
http://anond.hatelabo.jp/20161202221629
http://anond.hatelabo.jp/20161204095016

それが日本とアメリカの文化的な違いなのかどうかは置いといて、即座の返答を暗に要求される場面は多い気がする。

就活の面接もそうだった。グループ面接では驚くほどよどみ無く、ハキハキとした受け答えのできる人間が実際存在する。社会人になってから瞬間芸的なコミュニケーションが増えたような気がする。


スポンサーリンク


テレビやネット動画など、時間軸で縛りのあるメディアが未だに優勢。編集された間・テンポを目にする機会が多いからか、あるいは情報の即時性に慣れたからか?

テレビで活躍するお笑い芸人なら、即座に、しかも面白い返しができるかもしれない。そのために長い下積みを経てきたプロなのだから。
だが、それは万人に要求すべきことではない。誰もが芸人的な「面白い奴」である必要はないし、お笑い芸人と同じ尺度で他人を測ってもしょうがない。

新卒採用の面接でなんとなく感じたのは、「こんな瞬間芸で人を選別して大丈夫なのだろうか」ということだった。
多少言葉に詰まったり、口数が少なくても、着実に仕事をこなす人達は昔から一定数いるはずだ。瞬間芸が偏重されて、じっくり考えるタイプの人達が居場所を失っていないだろうか。特に、長期間雇用関係が続く正社員に必要なのはむしろそういう人達ではないだろうか。
ゆっくりだが確実に前進していくタイプの人間がチャンスを得にくい時代になってはいないだろうか。
http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20141114/p1

オイラ自身も面接のような瞬間芸の場はちょっと苦手。採用面接で上手く返答できずに終わることが多かった。
そんなこともあり、会話ではなるべく相手を待たせないよう、とにかく速く返事をする変な癖がついた。これは結構緊張というか、頭もフルに使うので、会話を終える頃には脇に大量の汗をかいていたりする。

最近は、誰かがじっくり時間をかけて辿り着いた答えに触れる機会が減っている。長く触れないでいると、その価値がだんだん分からなくなっていく。

コミュ障は治らなくても大丈夫 コミックエッセイでわかるマイナスからの会話力 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)


スポンサーリンク

関連記事

趣味でCEDECに来ている者だ
スクラッチとマッシュアップ
ハードルの下げ方を学べば続けられる
2018年6月~7月 振り返り
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
2018年8月~9月 振り返り
2017年 観に行った映画振り返り
過程を晒す
書籍『具体と抽象』読了
無能の作り方
文章を書く時の相手との距離感
調べものは得意なのかもしれない
kotobankを使ってみた
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
2021年7月 振り返り
二次創作というやつ
そのアプローチは帰納的か演繹的か
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
サブリミナル効果って気付かないもんだよね?
2020年1月 振り返り
2019年5月 行動振り返り
選挙に「マイナス票」って無いのかな
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
日本はアニメ大国(笑)
2020年11月 振り返り
2021年6月 振り返り
2021年3月 振り返り
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
HDDの温度
情報の編集
世界で最も正確な性格テスト
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
2020年5月 振り返り
あの頃で止まった時間
職場におけるセルフブランディング
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
2020年の振り返り
シュールな光景
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
皆声.jp

コメント