まだまだ続く空想科学読本

空想科学読本ってまだ続いていて、もう15まで出ているらしい。



追記:現在は空想科学読本WEBがあり、定期的に更新されているみたい。
http://web.kusokagaku.co.jp/

オイラが空想科学読本を初めて読んだのは小学生の頃。空想科学読本1,2が出ていて、すでに「夢を壊して大ベストセラー」と帯がついていた気がする。




スポンサーリンク


小学生当時のオイラは、読書なんてちっともしなかったけど、クラスの頭のいい子(お受験する子)がこの空想科学読本を持っていて、自分も買ってもらった記憶がある。あの手の「絵より文字の方が多い本」を自ら読もうと思ったのは初めてだった。今思えば、小説より雑学本派になったのはこれの影響かもしれない。

ゴジラやウルトラマン、仮面ライダーといったお馴染みの特撮キャラクターが扱われているのと、それぞれの作品の設定を物理法則に則って検証してみるという、当時の自分の知的レベルよりもやや背伸びした感じが魅力だったと記憶している。本書での検証のベースとなる知識は基本的に高校物理の範囲内なので、今は背伸びした魅力はあんまり感じないのだけど。

自分が既に知っているキャラクター・設定がベースにあって、それを背伸びした知識で検証する過程は、小学生当時の自分の頭に程良かったのだろう。

その後、空想非科学大全が出て、批判本の『こんなにヘンだぞ!空想科学読本』も出た。



確か、科学じゃなくて法律に特化した似たジャンルの本も出てた気がする。何かこっちもたくさん出てるな。



10年前にゴジラとコラボしたことがあったけど、今度は進撃の巨人とコラボするみたい。



空想○○読本系、いっぱい出てるのねぇ。


スポンサーリンク

関連記事

ゴジラ・フェス 2018
文章を書く時の相手との距離感
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
メカコレクション ウルトラホーク1号 表面処理
Ambient Occlusionを解析的に求める
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
映画『THE FIRST SLAM DUNK』を観た
書籍『転職の思考法』読了
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
TOHOシネマズ新宿
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
映画『シン・ウルトラマン』を観た! (ネタバレ有り)
恐竜造形の指南書
アオシマ 『MFS-3 3式機龍』 仮組み
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
おのれディケイド
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
大人用変身ベルト『仮面ライダーディケイド ディケイドライバー』
天体写真の3D動画
仮面ライダー4号
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
企画とエンジニア 時間感覚の違い
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
黒歴史
操演という仕事
そのアプローチは帰納的か演繹的か
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 表面処理
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ

コメント