まだまだ続く空想科学読本

空想科学読本ってまだ続いていて、もう15まで出ているらしい。



追記:現在は空想科学読本WEBがあり、定期的に更新されているみたい。
http://web.kusokagaku.co.jp/

オイラが空想科学読本を初めて読んだのは小学生の頃。空想科学読本1,2が出ていて、すでに「夢を壊して大ベストセラー」と帯がついていた気がする。




スポンサーリンク


小学生当時のオイラは、読書なんてちっともしなかったけど、クラスの頭のいい子(お受験する子)がこの空想科学読本を持っていて、自分も買ってもらった記憶がある。あの手の「絵より文字の方が多い本」を自ら読もうと思ったのは初めてだった。今思えば、小説より雑学本派になったのはこれの影響かもしれない。

ゴジラやウルトラマン、仮面ライダーといったお馴染みの特撮キャラクターが扱われているのと、それぞれの作品の設定を物理法則に則って検証してみるという、当時の自分の知的レベルよりもやや背伸びした感じが魅力だったと記憶している。本書での検証のベースとなる知識は基本的に高校物理の範囲内なので、今は背伸びした魅力はあんまり感じないのだけど。

自分が既に知っているキャラクター・設定がベースにあって、それを背伸びした知識で検証する過程は、小学生当時の自分の頭に程良かったのだろう。

その後、空想非科学大全が出て、批判本の『こんなにヘンだぞ!空想科学読本』も出た。



確か、科学じゃなくて法律に特化した似たジャンルの本も出てた気がする。何かこっちもたくさん出てるな。



10年前にゴジラとコラボしたことがあったけど、今度は進撃の巨人とコラボするみたい。



空想○○読本系、いっぱい出てるのねぇ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
生物の骨格
ゴジラムービースタジオツアー
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
映画『ドラえもん のび太と雲の王国』を観た
タマムシ
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
DTCP-IP対応のDLNAクライアントアプリ『Media Link Player for DTV』
それぞれの媒質の屈折率
書籍『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』読了
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
フルカラー3Dプリンタ
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
『ヒカリ展』に行ってきた
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
素敵なパーティクル
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
シフトカーを改造してラジコン化する人達
国産ゴジラの総監督は庵野秀明
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
文献管理ツール『ReadCube』
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Raspberry Pi
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ

コメント