MeshroomでPhotogrammetry

Photogrammetryのツールで遊ぶのはだいぶ久しぶりですが、オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク AliceVisionを使って作られたツールのMeshroomをいじってみる。


Meshroom

Meshroom: Open Source 3D Reconstruction Software

オープンソースなのでソースコードもGitHubで見れる。


スポンサーリンク


MeshroomはWindows版とLinux版があるけど、オイラはWindows版を使ってみる。

以前AutodeskのPhotogrammetryツールを試すために用意した画像をそのまま使っちゃおう。(もう4年前か…)
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Autodeskから無料の3D復元・編集ツールが出てた。まだベータ版らしい。複数枚写真からの3Dメッシュ生成だけじゃなく、3Dスキャナーで撮った点群の編集もできるみたい。追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから名称が変...

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
この前、Autodesk Mementoで複数枚の写真から3D復元を試してみたけど、あんまり上手くいかなかった。追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから現在は名称が変わり、Autodesk Remakeになりました。機...

Meshroomの使い方

使い方はいたって簡単。
Meshroomを起動した画面の左側にある「Drop Image Files / Folders」のエリアに画像をドラッグ&ドロップし、上部の「Start」ボタンを押すだけで処理が始まる。



注意点としては、使う画像の置き場所はファイルパスに日本語などの2バイト文字が含まれないようにすること。フォルダ名に日本語が含まれているとプロセス途中でエラーになって止まってしまう。

Photogrammetryの各プロセスがノードとして定義されていて、各ノード単位で設定を変更できるようだ↓



細かく調整したい場合はこれら各ノードの設定をいじることになる↓


スポンサーリンク

とりあえずデフォルト設定のままで処理をStartさせてみた↓



それぞれのプロセスの結果はMeshroom Graphs(.mg)ファイルと同じ場所に作成されるMeshroomCacheフォルダ以下に出力される。



各ノード名と同じフォルダにそのステップのアウトプットが保存されている。
最終アウトプットのテクスチャ付きMeshは、Texturingフォルダの中にOBJファイル、MTLファイル、PNGファイルとして出力されている。

このOBJをMeshLabで開いてみた↓



微妙…
下アゴが完全に消滅してしまった。。。
デフォルト設定のままでは無理か。

Meshroomのチュートリアルがあるね↓
https://sketchfab.com/blogs/community/tutorial-meshroom-for-beginners/


スポンサーリンク

関連記事

OpenMayaのPhongShaderクラス
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
生物の骨格
SSII 2014 デモンストレーションセッションのダイジェスト動画
Maya API Reference
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
MFnMeshクラスのsplit関数
Blenderでよく使うaddon
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
HD画質の無駄遣い
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
2019年 観に行った映画振り返り
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ベイズ推定とグラフィカルモデル
まだまだ続く空想科学読本
オープンソースの取引プラットフォーム
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
シン・ゴジラ第四形態の造形
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrush 2018での作業環境を整える
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 仕上げ
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...

コメント