MeshroomでPhotogrammetry

Photogrammetryのツールで遊ぶのはだいぶ久しぶりですが、オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク AliceVisionを使って作られたツールのMeshroomをいじってみる。


Meshroom



オープンソースなのでソースコードもGitHubで見れる。


スポンサーリンク


MeshroomはWindows版とLinux版があるけど、オイラはWindows版を使ってみる。

以前AutodeskのPhotogrammetryツールを試すために用意した画像をそのまま使っちゃおう。(もう4年前か…)
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
Autodeskから無料の3D復元・編集ツールが出てた。まだベータ版らしい。複数枚写真からの3Dメッシュ生成だけじゃなく、3Dスキャナーで撮った点群の編集もできるみたい。追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから名称が変...

Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
この前、Autodesk Mementoで複数枚の写真から3D復元を試してみたけど、あんまり上手くいかなかった。追記:ベータ版だったAutodesk Mementoから現在は名称が変わり、Autodesk Remakeになりました。機...

Meshroomの使い方

使い方はいたって簡単。
Meshroomを起動した画面の左側にある「Drop Image Files / Folders」のエリアに画像をドラッグ&ドロップし、上部の「Start」ボタンを押すだけで処理が始まる。



注意点としては、使う画像の置き場所はファイルパスに日本語などの2バイト文字が含まれないようにすること。フォルダ名に日本語が含まれているとプロセス途中でエラーになって止まってしまう。

Photogrammetryの各プロセスがノードとして定義されていて、各ノード単位で設定を変更できるようだ↓



細かく調整したい場合はこれら各ノードの設定をいじることになる↓


スポンサーリンク

とりあえずデフォルト設定のままで処理をStartさせてみた↓



それぞれのプロセスの結果はMeshroom Graphs(.mg)ファイルと同じ場所に作成されるMeshroomCacheフォルダ以下に出力される。



各ノード名と同じフォルダにそのステップのアウトプットが保存されている。
最終アウトプットのテクスチャ付きMeshは、Texturingフォルダの中にOBJファイル、MTLファイル、PNGファイルとして出力されている。

このOBJをMeshLabで開いてみた↓



微妙…
下アゴが完全に消滅してしまった。。。
デフォルト設定のままでは無理か。

Meshroomのチュートリアルがあるね↓
https://sketchfab.com/blogs/community/tutorial-meshroom-for-beginners/


スポンサーリンク

関連記事

ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
Unityの薄い本
続・ディープラーニングの資料
『GODZILLA SHOW SPACE』に行ってきた
ゴジラのガレージキット組み立て動画
CLO:服飾デザインツール
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
今年も怪獣大進撃
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
フルCGのウルトラマン!?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Unite 2014の動画
2012のメイキングまとめ(途中)
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ZBrushトレーニング
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
『ピクサー展』へ行ってきた
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
ポリ男をリファイン
GMKゴジラの爪の塗装
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
ゴジラの口の色
参考書
3D復元技術の情報リンク集
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する

コメント