ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る

前回から2ヶ月以上放置しておりました。。。



首から上だけを作っていると後頭部から首へのラインを読みにくいので、アタリとして身体も作ろうと思い始めた。

ZBrushで概形を作る方法は色々あるけど、今回はZSphereで身体のベースを作ってみよう。




スポンサーリンク


ZSphereを何となく身体の形になるように配置(画像左)して、”A”キーを押すとAdaptive Skinがプレビューされる(画像右)↓



この設定でやってるけど、イマイチよく分かっておりません。



ZSphereの配置で思い通りの形を狙うのは無理な気がしてきたので、さっさとポリメッシュ3D化して、MoveブラシとClayBuildUpブラシで形をいじっていく。



まだちょっと頭身が高過ぎるかな?
早い段階で全身像を意識した方が、顔の小さなディティールにばかり気を取られて悩まなくて良いかもな。


スポンサーリンク

身体のアタリを並べてみて、頭の左右のボリュームがまだ足りないことに気づいたのでさらにボリュームアップした。意外と丸顔なんだよな↓



首の角度が明らかに全身像と合っていないので、これから全身写真を参考にいじって行こう。



尻尾は後から伸ばせば良いので、とりあえずまだ短めにしておく。



胴体、腕、脚、尻尾はいったん別SubTool化しておいた方が作業しやすそう。それとも、普通はこういう時にPolyGroup分けするのだろうか。



アヴァン・ガメラと違って資料が多いので、あまり迷わずに進められそう。

作業の振り返り

履歴が録画できたのはポリメッシュ化した後だけだった。



概形を作る操作が相変わらず下手クソです。。。
欲しい概形に必要な解像度がまだよく分かっていない。概形を手早く作れるようになれば、もっと制作スピードが上がりそうな気がする。
DynaMesh解像度の設定値の意味が実はまだ理解できていない。

全身のポーズはいったん小学館の超全集に載っている全身写真に合わせた方がバランスをとりやすいかもな。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃超全集

そろそろコンプリーションが発売になる↓

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 コンプリーション

まとめページ↓
ゴジラ 2001
まだ作り途中…2001年公開の映画「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場する通称GMKゴジラをZBrushでモデリング。過去何度か、このゴジラの実際の造形物を見る機会があった。映画公開半年後に岡本太郎美術館で開催された...


スポンサーリンク

関連記事

Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
シン・ゴジラの最新予告篇映像が解禁されたぞ!
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
GMKゴジラ完成!
PolyPaint
まだまだ続く空想科学読本
ZBrushでカスタムUIを設定する
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Vancouver Film Schoolのデモリール
UnityのAR FoundationでARKit 3
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
Oculus Goを購入!
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
プラモデルのパチ組み
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
MFnMeshクラスのsplit関数
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
TVML (TV program Making language)
恐竜造形の指南書
ジュラシック・パークのメイキング
アオシマ 『MFS-3 3式機龍』 仮組み
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
世界ふしぎ発見!「特撮の神様 円谷英二の世界」
素敵なパーティクル
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...

コメント