ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る

前回から2ヶ月以上放置しておりました。。。



首から上だけを作っていると後頭部から首へのラインを読みにくいので、アタリとして身体も作ろうと思い始めた。

ZBrushで概形を作る方法は色々あるけど、今回はZSphereで身体のベースを作ってみよう。




スポンサーリンク


ZSphereを何となく身体の形になるように配置(画像左)して、”A”キーを押すとAdaptive Skinがプレビューされる(画像右)↓



この設定でやってるけど、イマイチよく分かっておりません。



ZSphereの配置で思い通りの形を狙うのは無理な気がしてきたので、さっさとポリメッシュ3D化して、MoveブラシとClayBuildUpブラシで形をいじっていく。



まだちょっと頭身が高過ぎるかな?
早い段階で全身像を意識した方が、顔の小さなディティールにばかり気を取られて悩まなくて良いかもな。


スポンサーリンク

身体のアタリを並べてみて、頭の左右のボリュームがまだ足りないことに気づいたのでさらにボリュームアップした。意外と丸顔なんだよな↓



首の角度が明らかに全身像と合っていないので、これから全身写真を参考にいじって行こう。



尻尾は後から伸ばせば良いので、とりあえずまだ短めにしておく。



胴体、腕、脚、尻尾はいったん別SubTool化しておいた方が作業しやすそう。それとも、普通はこういう時にPolyGroup分けするのだろうか。



アヴァン・ガメラと違って資料が多いので、あまり迷わずに進められそう。

作業の振り返り

履歴が録画できたのはポリメッシュ化した後だけだった。



概形を作る操作が相変わらず下手クソです。。。
欲しい概形に必要な解像度がまだよく分かっていない。概形を手早く作れるようになれば、もっと制作スピードが上がりそうな気がする。
DynaMesh解像度の設定値の意味が実はまだ理解できていない。

全身のポーズはいったん小学館の超全集に載っている全身写真に合わせた方がバランスをとりやすいかもな。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃超全集

そろそろコンプリーションが発売になる↓

ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 コンプリーション

まとめページ↓
ゴジラ 2001
まだ作り途中…2001年公開の映画「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」に登場する通称GMKゴジラをZBrushでモデリング。過去何度か、このゴジラの実際の造形物を見る機会があった。映画公開半年後に岡本太郎美術館で開催された...


スポンサーリンク

関連記事

4K HDR『ガメラ2 レギオン襲来』
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ラクガキの立体化 進捗
ウルトラ×ライダー
Raytracing Wiki
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
GMKゴジラのドライブラシ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
日本でMakersは普及するだろうか?
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
まだまだ続く空想科学読本
CEDEC 3日目
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
GMKゴジラの口接着
『ピクサー展』へ行ってきた
Oculus Goを購入!
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
Ambient Occlusionを解析的に求める
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
タマムシっぽい質感
S.H.MonsterArts ゴジラ(2017)は8月1日予約開始!
なんかすごいサイト
Unityの薄い本
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ぼくたちのトクサツ!
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
PolyPaint
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 眼の塗装
布地のシワの法則性
UnityのAR FoundationでARKit 3
恐竜造形の指南書
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN

コメント