海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装

だいぶ時間が空きましたが、前回まででベースの黒塗装を終えた。



ここから徐々に明るい色を乗せていく。キンゴジの時は緑系でまとめたので、今回のモスゴジは別の色で攻めたい。青系かな。
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


青系に砂・土埃を被った感じを目指そう。

試しに影色としてミッドナイトブルーを吹いて、ハイライト色としてミディアムブルーを吹いてみた。



ミッドナイトブルーはベースの黒と違いが分からないレベル、ミディアムブルーはいきなり明る過ぎたので、ちょっと仕切り直し。


スポンサーリンク


再びサーフェイサー エヴォ ブラックで陰影を吹いてミディアムブルーのハイライトを打ち消した。

最も暗い影の部分はベースのエヴォ ブラックで良いとして、もう1段明るい影色を作り直す。
Mr.カラーのジャーマングレーに、同じくMr.カラーのブルーを混ぜてやや青みがかった暗いグレーを作った。
これを第2の影色として全体に軽く、そして大局的な凸部(皮膚のひだではなく、筋肉が盛り上がっているような箇所)には重点的に吹いた。



前回の失敗を反省し、口には忘れずにマスキングを施した(笑)

最近感覚が分かってきたんだけど、エアブラシでも距離を離して角度を付けて吹けば、ドライブラシのように凸部だけに色を乗せることができるね。ドライブラシだと、ちょっと加減を間違えて下地の塗装を溶かしちゃうこともあるけど、エアブラシだとその危険は少なくて良い。

地味な進捗でしたが今回はここまで。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』
まだ組み立て途中…2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。このキットは酒井ゆうじ氏原...


スポンサーリンク

関連記事

ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』完成
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
2017年 観に行った映画振り返り
模型用塗料の収納問題
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
まだまだ続く空想科学読本
MeshroomでPhotogrammetry
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
エアブラシの思い出
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
ゴジラのプラモデルの組立動画
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』眼の塗装
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
今年も怪獣大進撃
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
黒歴史
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
アニゴジ関連情報
ゴジラ・フェス 2018
怪獣ガレージキット
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
シン・ゴジラのファンアート
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
ゴジラムービースタジオツアー

コメント