海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装

だいぶ時間が空きましたが、前回まででベースの黒塗装を終えた。



ここから徐々に明るい色を乗せていく。キンゴジの時は緑系でまとめたので、今回のモスゴジは別の色で攻めたい。青系かな。
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


青系に砂・土埃を被った感じを目指そう。

試しに影色としてミッドナイトブルーを吹いて、ハイライト色としてミディアムブルーを吹いてみた。



ミッドナイトブルーはベースの黒と違いが分からないレベル、ミディアムブルーはいきなり明る過ぎたので、ちょっと仕切り直し。


スポンサーリンク


再びサーフェイサー エヴォ ブラックで陰影を吹いてミディアムブルーのハイライトを打ち消した。

最も暗い影の部分はベースのエヴォ ブラックで良いとして、もう1段明るい影色を作り直す。
Mr.カラーのジャーマングレーに、同じくMr.カラーのブルーを混ぜてやや青みがかった暗いグレーを作った。
これを第2の影色として全体に軽く、そして大局的な凸部(皮膚のひだではなく、筋肉が盛り上がっているような箇所)には重点的に吹いた。



前回の失敗を反省し、口には忘れずにマスキングを施した(笑)

最近感覚が分かってきたんだけど、エアブラシでも距離を離して角度を付けて吹けば、ドライブラシのように凸部だけに色を乗せることができるね。ドライブラシだと、ちょっと加減を間違えて下地の塗装を溶かしちゃうこともあるけど、エアブラシだとその危険は少なくて良い。

地味な進捗でしたが今回はここまで。


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
ゴジラの音楽
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
ゴジラ トレーディングバトル
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
ガレージキットのフィニッシャー
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その1
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
3DCGのモデルを立体化するサービス
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
機動武闘伝Gガンダム
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
アニゴジ関連情報
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ
平成ガメラ
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!

コメント