メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き

前回、ガイアカラーのスターブライトシルバーの上から同じくガイアカラーのクリアーレッドを吹くのはだいぶ上手くいった気がする。(黄色いはずの部分も赤にしちゃったけど)

前回、希釈率のミスで粒子は粗くなってしまったけど、一応ベースのメタリック塗装を終えた。 次はクリアーカラーを重ねて色分けを塗っていく。まずは赤系を塗ることにする。 とりあえずマスキングから。ジェットビートルの塗り分けは曲線が多い...

次は白部分の塗装。またクリアーカラーを重ねて表現しようと思う。ガイアカラーには、他のメーカーの塗料と違って、ラインナップにクリアーホワイトという色があるのです。

ガイアカラー 050 クリアーホワイト

こいつを使うと乳白色っぽい仕上がりになるらしいので、試しにスターブライトシルバーの上から吹いてみようと思う。




スポンサーリンク



ジェットビートルの白い部分以外をマスキングする。このキットでは、全翼左右のセンサー(?)の白い色を再現するデカールが付属していないけど、塗装で再現することにした。

白く塗る部分以外をマスキング

今回はマスキングゾルとか使わずに曲線用マスキングテープと普通のマスキングテープだけでマスキングした。

塗料の希釈具合がよくわからないので、とりあえずやや薄めに溶いて吹いてみた。
マスキングテープを剥がして仮組みしてみる。

マスキングテープを剥がして仮組み

エアブラシで吹いているうちにちょこちょことマスキングがズレてしまったようで、やや失敗。
色がちゃんと乗っているか見えずらかったので、変に厚塗りしちゃって塗膜の段差も目立つ。厚塗りしたから下地のシルバーがあんまり見えないし、ところどころマスキングテープの隙間から塗料が浸透して別のところにも色が乗っちゃってるし。。。
スターブライトシルバーの上からクリアーホワイトを重ねると、やや青みがかった感じになるのね。次にシルバーの上にクリアーホワイトを重ねる時はもう少し薄く吹くように注意しよう。

ここまできたら仕方がないのでこのまま仕上げにむかいます。。。

さて、今更ですが、ウルトラマンに登場するジェットビートルのミニチュアプロップにはいくつか種類があり、それぞれ微妙にディティールが異なっています。なので、細かい塗り分けやマーキングがない仕上げ方も正解ではあります。

追記:制作記事のまとめページ作った。↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/bandai-mecha-collection-ultraman-series-no-1-jet-beetle/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.