ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』

昨日のエントリでLegendary picturesのページを見たら、ジュラシック・パークの4作目「ジュラシック・ワールド」の制作もLegendary picturesらしい。

もう予告編が公開されている。



1作目の公開はもう20年以上前だけど、リメイクじゃなくて、パークがオープンしてからの話らしい。
今さら人気作の続編かよ、とか思いつつ、予告編を見るとやっぱりワクワクしてしまう。


スポンサーリンク


そういえば、スタン・ウィンストンはもう亡くなってしまった。スタン・ウィンストンがデザインしたT-REXが好きで、3Dで模写したことがあった。まだZBrushを持ってなかった頃に、Mayaで作った。
rp_20100218185608.jpg

当時、DVDをコマ送りで観たり、

ジュラシック・パーク アルティメット・トリロジー  [Blu-ray]

この本を参考にして形状をトレースした。

The Winston Effect: The Art & History of Stan Winston Studio

これまでのジュラシック・パーク3作を見返すと、CGの進化の歴史を見て取れる。アニマトロニクスとCGの表現力のパワーバランスが、作品を追うごとに逆転していくのだ。
1作目では、アニマトロニクスの恐竜がクローズアップを中心に効果的に使われ、CGの恐竜はダイナミックな引きの画中心だった。映画全体でCGが登場するのはたったの7分だったとか。



2作目ではCGの恐竜の表現力が増し、アニマトロニクスと良いバランスだったと思う。



3作目では、CGの恐竜に筋肉のシミュレーションが加わり、動きのディティールが増し、生物感が格段に向上した。逆に言うと、動きの面ではアニマトロニクスの造り物感が目立つようになってきた。



最新作だと、アニマトロニクスはほとんど使われないんだろうな。
そして、レンダリング技術ってのは、大体20年くらい経つとリアルタイムになるもんだね。今なら1作目のクオリティがARでできそうな気がしてくる。

今頃知ったけど、2012年に3D版が制作されたらしい。(日本未公開)



スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
Adobe Photoshop CS5の新機能
4Kニューマスター版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観た
Unityで360度ステレオVR動画を作る
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
3DCGのモデルを立体化するサービス
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
無料で使える人体3DCG作成ツール
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
積みキット進捗
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観た
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
機動武闘伝Gガンダム
4K HDR『ガメラ2 レギオン襲来』
映画『この世界の片隅に』を観た
CLO:服飾デザインツール
CGのためのディープラーニング
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
『GODZILLA ゴジラ』のBlu-Rayを買った
Web配信時代のコンテンツ構成
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
大ゴジラ特撮展
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
ゴジラ三昧
操演という仕事
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
iPhone5S → iPhone6S
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
調べものは得意なのかもしれない
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
なんかすごいサイト
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン

コメント