ZBrush 4R8 リリース!

ZBrushの最新バージョン4R8がついにリリースされたぞ!(それでも5ではなく4R8なんですね)



今まで通り、旧バージョンのZBrushライセンスを既に持っている人は無料でアップデートできる!
ライセンスを持っている人はこちらからダウンロード↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/

最新版をインストールする前に、旧バージョンのディアクティベートを忘れずに。

2017年6月15日追記:オイラも4R8をインストールしてみました。Windows10環境で無事アクティベートできました。
インストール手順はこちらのPDFにも載っている。↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/pdf/install_and_activate_ZBrush_ja.pdf

さらに追記:早くも修正パッチを当てたZBrush4R8 P1がリリースされた。
アップグレード方法は2通りあるらしいけど、正常に動作するアップグレード方法は今のところ1つだけだそうです(笑)

アップグレード方法

ZBrushを起動している場合は終了する。
インストールフォルダ(C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 4R8)内にあるZUpgrader.exeを実行。
実行すると「言語の選択」が表示されるので任意の言語を選択する。
「次へ」ボタンを押して行けば自動的にアップグレードが行われる。
終了後、ZBrushを起動してZBrush 4R8 P1と記載されていればアップグレード完了。


スポンサーリンク


動画では3Dプリントのための機能をかなり意識しているように感じるね。

新機能一覧

Gizmo 3D

廉価版のZBrushCoreで先に搭載されていたGIZMO 3Dが使えるようになった。Maya等、別の3Dツールから入る人にとっては操作がだいぶ直感的になるよ。

Gizmo 3D


Transform Multiple Subtools at Once

複数のSubToolを一括で変形できるようになった。

Transform Multiple Subtools at Once

Deformations

変形機能が強化された。

Deformations

Interactive Primitives

プリミティブオブジェクトをインタラクティブに編集できるようになったようだ。
Interactive Primitives


スポンサーリンク

Alpha 3D

スカルプトした3D形状から2Dのアルファを作成できるようになったらしい。

Alpha 3D

Multi Vector Displacement Mesh

Multi Vector Displacement Mesh

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

Lazy MouseにLazySnap機能が付いた。

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

IMM Selector: Brush Content Management

IMM Selector: Brush Content Management

3D Text & Vector Shape Creator

3D Text & Vector Shape Creator

Multiple Language Support

多言語UIに対応!これでZBrushCoreと同じように日本語UIでZBrushを使えるぞ!

Multiple Language Support

New Lightbox w/ 3D Content

New Lightbox w/ 3D Content

Updated User Interface

Updated User Interface

ZSphere Dynamesh Mode

ZSphere Dynamesh Mode

Alpha Streaks

Alpha Streaks

Brush Magnify

Brush Magnify

Plug-in Updates

Plug-in Updates



スポンサーリンク

関連記事

Unityで360度ステレオVR動画を作る
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Photogrammetry (写真測量法)
SIGGRAPH ASIAのマスコット
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Subsurface scatteringの動画
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
デザインのリファイン再び
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
prosper
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
PolyPaint
ガメラ生誕50周年
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
色んな三面図があるサイト
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
HD画質の無駄遣い その2
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
海外ドラマのChromaKey
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
2012のメイキングまとめ(途中)
Mayaのシェーディングノードの区分
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

コメント