ZBrush 4R8 リリース!

ZBrushの最新バージョン4R8がついにリリースされたぞ!(それでも5ではなく4R8なんですね)

ZBrush 4R8 World Premiere

今まで通り、旧バージョンのZBrushライセンスを既に持っている人は無料でアップデートできる!
ライセンスを持っている人はこちらからダウンロード↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/

最新版をインストールする前に、旧バージョンのディアクティベートを忘れずに。

2017年6月15日追記:オイラも4R8をインストールしてみました。Windows10環境で無事アクティベートできました。
インストール手順はこちらのPDFにも載っている。↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/pdf/install_and_activate_ZBrush_ja.pdf

さらに追記:早くも修正パッチを当てたZBrush4R8 P1がリリースされた。
アップグレード方法は2通りあるらしいけど、正常に動作するアップグレード方法は今のところ1つだけだそうです(笑)

アップグレード方法

ZBrushを起動している場合は終了する。
インストールフォルダ(C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 4R8)内にあるZUpgrader.exeを実行。
実行すると「言語の選択」が表示されるので任意の言語を選択する。
「次へ」ボタンを押して行けば自動的にアップグレードが行われる。
終了後、ZBrushを起動してZBrush 4R8 P1と記載されていればアップグレード完了。


スポンサーリンク


動画では3Dプリントのための機能をかなり意識しているように感じるね。

新機能一覧

Gizmo 3D

廉価版のZBrushCoreで先に搭載されていたGIZMO 3Dが使えるようになった。Maya等、別の3Dツールから入る人にとっては操作がだいぶ直感的になるよ。

Gizmo 3D


Transform Multiple Subtools at Once

複数のSubToolを一括で変形できるようになった。

Transform Multiple Subtools at Once

Deformations

変形機能が強化された。

Deformations

Interactive Primitives

プリミティブオブジェクトをインタラクティブに編集できるようになったようだ。
Interactive Primitives


スポンサーリンク

Alpha 3D

スカルプトした3D形状から2Dのアルファを作成できるようになったらしい。

Alpha 3D

Multi Vector Displacement Mesh

Multi Vector Displacement Mesh

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

Lazy MouseにLazySnap機能が付いた。

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

IMM Selector: Brush Content Management

IMM Selector: Brush Content Management

3D Text & Vector Shape Creator

3D Text & Vector Shape Creator

Multiple Language Support

多言語UIに対応!これでZBrushCoreと同じように日本語UIでZBrushを使えるぞ!

Multiple Language Support

New Lightbox w/ 3D Content

New Lightbox w/ 3D Content

Updated User Interface

Updated User Interface

ZSphere Dynamesh Mode

ZSphere Dynamesh Mode

Alpha Streaks

Alpha Streaks

Brush Magnify

Brush Magnify

Plug-in Updates

Plug-in Updates

ZBrush 4R8 Streaming Event Full Broadcast


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushCore
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
口笛から作曲できる作曲アプリ『Chordana Composer』
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
Blender 2.8がついに正式リリース!
Mayaのレンダリング アトリビュート
CEDEC 3日目
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
OpenMayaRender
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ラクガキの立体化 反省
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
顔モデリングのチュートリアル
3D復元技術の情報リンク集
『ピクサー展』へ行ってきた
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
この連休でZBrushの スキルアップを…
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Maya API Reference
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrush 2018へのアップグレード
CreativeCOW.net
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
Unityの薄い本
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
adskShaderSDK
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
デザインのリファイン再び
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた

コメント