ZBrush 4R8 リリース!

ZBrushの最新バージョン4R8がついにリリースされたぞ!(それでも5ではなく4R8なんですね)

ZBrush 4R8 World Premiere

今まで通り、旧バージョンのZBrushライセンスを既に持っている人は無料でアップデートできる!
ライセンスを持っている人はこちらからダウンロード↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/

最新版をインストールする前に、旧バージョンのディアクティベートを忘れずに。

2017年6月15日追記:オイラも4R8をインストールしてみました。Windows10環境で無事アクティベートできました。
インストール手順はこちらのPDFにも載っている。↓
https://pixologic.com/zbrush/downloadcenter/instructions/pdf/install_and_activate_ZBrush_ja.pdf

さらに追記:早くも修正パッチを当てたZBrush4R8 P1がリリースされた。
アップグレード方法は2通りあるらしいけど、正常に動作するアップグレード方法は今のところ1つだけだそうです(笑)

アップグレード方法

ZBrushを起動している場合は終了する。
インストールフォルダ(C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 4R8)内にあるZUpgrader.exeを実行。
実行すると「言語の選択」が表示されるので任意の言語を選択する。
「次へ」ボタンを押して行けば自動的にアップグレードが行われる。
終了後、ZBrushを起動してZBrush 4R8 P1と記載されていればアップグレード完了。


スポンサーリンク


動画では3Dプリントのための機能をかなり意識しているように感じるね。

新機能一覧

Gizmo 3D

廉価版のZBrushCoreで先に搭載されていたGIZMO 3Dが使えるようになった。Maya等、別の3Dツールから入る人にとっては操作がだいぶ直感的になるよ。

Gizmo 3D


Transform Multiple Subtools at Once

複数のSubToolを一括で変形できるようになった。

Transform Multiple Subtools at Once

Deformations

変形機能が強化された。

Deformations

Interactive Primitives

プリミティブオブジェクトをインタラクティブに編集できるようになったようだ。
Interactive Primitives


スポンサーリンク

Alpha 3D

スカルプトした3D形状から2Dのアルファを作成できるようになったらしい。

Alpha 3D

Multi Vector Displacement Mesh

Multi Vector Displacement Mesh

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

Lazy MouseにLazySnap機能が付いた。

Lazy Mouse 2.0 with Continuous Stroke

IMM Selector: Brush Content Management

IMM Selector: Brush Content Management

3D Text & Vector Shape Creator

3D Text & Vector Shape Creator

Multiple Language Support

多言語UIに対応!これでZBrushCoreと同じように日本語UIでZBrushを使えるぞ!

Multiple Language Support

New Lightbox w/ 3D Content

New Lightbox w/ 3D Content

Updated User Interface

Updated User Interface

ZSphere Dynamesh Mode

ZSphere Dynamesh Mode

Alpha Streaks

Alpha Streaks

Brush Magnify

Brush Magnify

Plug-in Updates

Plug-in Updates

ZBrush 4R8 Streaming Event Full Broadcast


スポンサーリンク

関連記事

グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
無料の英文チェックWebサービス『PaperRater』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
ZBrushのZScript入門
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ラクガキの立体化
タダでRenderManを体験する方法
Maya LTのQuick Rigを試す
最近のフィギュアの製造工程
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ラクガキの立体化 目標設定
UnityでPoint Cloudを表示する方法
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
MeshroomでPhotogrammetry
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
日本でMakersは普及するだろうか?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
SIGGRAPH Asia
テスト
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ラクガキの立体化 進捗
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
Raytracing Wiki
Oculus Goを購入!
Unityをレンダラとして活用する
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
PolyPaint
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント