ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D

ZBrushCoreはZBrushの機能を限定した廉価版という位置づけだけど、逆にフル版のZBrush4R7には無い機能(?)も実はあるんだよね。



通常のZBrushでモデルの移動、拡大縮小、回転操作を行う機能はTransposeだけだけど、ZBrushCoreにはMaya等の3DCGツールでお馴染みのGizmo 3Dが搭載されている。

ZBrushCore:Manipulating 3D Models

Manipulating 3D Models

ZBrushCoreのキャンバス上での3Dモデルを操作する方法は2種類あります。

  • Gizmo 3D汎用マニピュレータは、モデルをすばやく移動、拡大縮小、回転するのに最適な方法です。
  • TransPoseアクションラインは、キャラクターのポージングのための変形など、より高度な変形に最適です。

ZBrushCoreのインターフェイス上部にあるMove, Scale, Rotateアイコンのいずれかをクリックするとその機能が有効になります。これらのボタンは、最初にGizmo 3Dマニピュレータを起動します。
Gizmo 3D汎用マニピュレータをオフにすると、3Dモデルの高度な操作やポージングが可能なTransposeラインへと切り替わります。TransPoseについてのより詳しい情報はこちらをご覧ください。

Mayaから3DCGに入ったオイラとしては、Gizmo 3Dの方が直感的でとっつきやすい。というか、Transposeの感覚が未だに掴めない。


スポンサーリンク


とはいえTransposeを使いこなせれば、かなり表現の幅が広がることは間違いないのでお勉強。

Transpose

ZBrushのTranspose機能を使えば、モデルの配置やポージング、変形を手早く行うことができます。
この機能は、3つの異なる要素を使用します:

  • アクションラインは、モデル全体またはモデルの一部を移動、拡大縮小、回転する際に使用します。
  • TransformメニューにあるMove, Scale, Rotateボタンを押すと、Transposeアクションラインの選択した要素(移動、拡大縮小、回転)だけをコントロールします。ZBrush 2では、これらのモードがブラシ機能として提供されていましたが、Transposeにはそれ以上の機能があります。
  • mask機能を併用すると、モデルのマスクされていない領域のみにTransposeが実行されます。これにより、簡単にモデルのポージングが行えます。

例えば…
Transposeを使用して腕を下に回転させたい場合には、まず腕以外をマスクし、肩から肘へアクションラインを引いた後、Transform:Rotateを有効にして、肩以外のアクションラインの端をドラッグして腕を回転させます。

http://docs.pixologic.com/user-guide/3d-modeling/modeling-basics/transpose/


スポンサーリンク

Transpose Brushes

Transpose Brush

Move, Scale, Rotate等のモード切り替えを行えば、今使っているブラシが自動的にTransposeブラシへ切り替わります。ブラシパレットで別のTransposeブラシへ変更することもできます。

(Transpose Smart Mask等の)新しいTransPoseブラシを選択すると、それがデフォルトのTransPoseブラシとなり、新しく別のTransPoseブラシモードを選択しない限りそのままになります。

公式ドキュメント読んでもさっぱりわからん。

TransPose機能を使うためのマニピュレータ アクションラインは、始端、中央、終端の3つのマニピュレータが連結したような線。



始端はGizmo 3DみたいなXYZ軸+内側・外側の円で構成され、中央、終端はそれぞれ内側・外側の円で構成されている。
またMove, Scale, Rotateの各モードによって挙動が変わる。

DART 153 Intro To ZBrush: The Transpose Tool

[ZBrush] トランスポーズの操作方法(基本編)

以前買ったこの書籍、Transpose機能の解説がモノクロページでちょっと分かりづらい。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
布地のシワの法則性
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
3DCG Meetup #4に行ってきた
プログラムによる景観の自動生成
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushでカスタムUIを設定する
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
布のモデリング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
Unreal Engine 5の情報が公開された!
この本読むよ
Maya API Reference
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrush 2018へのアップグレード
マジョーラ
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Raytracing Wiki
Unityの薄い本
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
デザインのリファイン再び
ラクガキの立体化 進捗
素敵なパーティクル
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Unityをレンダラとして活用する
マイケル・ベイの動画の感覚
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ZBrushで基本となるブラシ

コメント