ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D

ZBrushCoreはZBrushの機能を限定した廉価版という位置づけだけど、逆にフル版のZBrush4R7には無い機能(?)も実はあるんだよね。



通常のZBrushでモデルの移動、拡大縮小、回転操作を行う機能はTransposeだけだけど、ZBrushCoreにはMaya等の3DCGツールでお馴染みのGizmo 3Dが搭載されている。

ZBrushCore:Manipulating 3D Models

Manipulating 3D Models

ZBrushCoreのキャンバス上での3Dモデルを操作する方法は2種類あります。

  • Gizmo 3D汎用マニピュレータは、モデルをすばやく移動、拡大縮小、回転するのに最適な方法です。
  • TransPoseアクションラインは、キャラクターのポージングのための変形など、より高度な変形に最適です。

ZBrushCoreのインターフェイス上部にあるMove, Scale, Rotateアイコンのいずれかをクリックするとその機能が有効になります。これらのボタンは、最初にGizmo 3Dマニピュレータを起動します。
Gizmo 3D汎用マニピュレータをオフにすると、3Dモデルの高度な操作やポージングが可能なTransposeラインへと切り替わります。TransPoseについてのより詳しい情報はこちらをご覧ください。

Mayaから3DCGに入ったオイラとしては、Gizmo 3Dの方が直感的でとっつきやすい。というか、Transposeの感覚が未だに掴めない。


スポンサーリンク


とはいえTransposeを使いこなせれば、かなり表現の幅が広がることは間違いないのでお勉強。

Transpose

ZBrushのTranspose機能を使えば、モデルの配置やポージング、変形を手早く行うことができます。
この機能は、3つの異なる要素を使用します:

  • アクションラインは、モデル全体またはモデルの一部を移動、拡大縮小、回転する際に使用します。
  • TransformメニューにあるMove, Scale, Rotateボタンを押すと、Transposeアクションラインの選択した要素(移動、拡大縮小、回転)だけをコントロールします。ZBrush 2では、これらのモードがブラシ機能として提供されていましたが、Transposeにはそれ以上の機能があります。
  • mask機能を併用すると、モデルのマスクされていない領域のみにTransposeが実行されます。これにより、簡単にモデルのポージングが行えます。

例えば…
Transposeを使用して腕を下に回転させたい場合には、まず腕以外をマスクし、肩から肘へアクションラインを引いた後、Transform:Rotateを有効にして、肩以外のアクションラインの端をドラッグして腕を回転させます。


スポンサーリンク

http://docs.pixologic.com/user-guide/3d-modeling/modeling-basics/transpose/

Transpose Brushes

Transpose Brush

Move, Scale, Rotate等のモード切り替えを行えば、今使っているブラシが自動的にTransposeブラシへ切り替わります。ブラシパレットで別のTransposeブラシへ変更することもできます。

(Transpose Smart Mask等の)新しいTransPoseブラシを選択すると、それがデフォルトのTransPoseブラシとなり、新しく別のTransPoseブラシモードを選択しない限りそのままになります。

公式ドキュメント読んでもさっぱりわからん。

TransPose機能を使うためのマニピュレータ アクションラインは、始端、中央、終端の3つのマニピュレータが連結したような線。



始端はGizmo 3DみたいなXYZ軸+内側・外側の円で構成され、中央、終端はそれぞれ内側・外側の円で構成されている。
またMove, Scale, Rotateの各モードによって挙動が変わる。





以前買ったこの書籍、Transpose機能の解説がモノクロページでちょっと分かりづらい。↓

はじめてのZBrush―直感的に使える「3D‐CGソフト」 (I・O BOOKS)


スポンサーリンク

関連記事

Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Paul Debevec
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
テスト
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
UnityのAR FoundationでARKit 3
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Open Shading Language (OSL)
ガメラ生誕50周年
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
色んな三面図があるサイト
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
clearcoat Shader
ゴジラ三昧
アニゴジ関連情報
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Subsurface scatteringの動画
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
TVML (TV program Making language)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
UnityのGlobal Illumination
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
タダでRenderManを体験する方法
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Houdiniのライセンスの種類
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Physically Based Rendering
生物の骨格

コメント