Mayaのプラグイン開発

Mayaのプラグイン開発を学び始めたのは、修士論文がきっかけだった。
研究テーマは自分で決めたわけだけど、やたらと壮大な妄想を描いて、モデリング・アニメーション・レンダリング全てが実装されていないと実証できない内容だった。もちろん全て自分で実装する時間もスキルも全く持ち合わせていなかった。(当時そこで諦めなかったのはちょっとエライというか、無謀だったと思う)。
そこで、身近な統合CG制作ツールの力を借りようと思った。


スポンサーリンク


この本を買った↓

Complete Maya programming―日本語版 MayaプログラマのためのMEL、C++

サンプルコードのページ

この書籍は英語版だと第2巻も出版されている。

Complete Maya Programming Volume II: An In-depth Guide to 3D Fundamentals, Geometry, and Modeling (The Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics Book 2) (English Edition)

それまではJavaを使ってレンダラを書いていてC++も初めてだったので、まず、本に載っているサンプルコードが読めなかった。C++の入門書を買って、短いサンプルを読むところから始めた。

サンプルコードをいじって、だんだんプラグインのお作法が分かってきたところで、もともと専門だったレンダリング関係のプラグインを書こうと思い、Shaderを作ってみた。Maya標準レンダラには無い、Cook Torranceモデルを実装したShader。当時としてはまだ珍しいフルHD解像度でYouTubeにアップしてみた。↓


スポンサーリンク

その時書いたコードはあんまりキレイじゃないけど、とりあえずGitHubに上げておく。

書籍はもう絶版になっちゃったけど、最近はネット上でMayaプラグイン開発に関する日本語の情報が結構手に入る。デジタルフロンティアさんのブログ記事が参考になるかも。
はじめてC++で書くMayaプラグイン

2014年6月23日追記:
この書籍にShaderの書き方は載っていません。書籍はMayaのソフトウェア構造の解説がメインで、コマンド・ノードPluginの例が載っている。ノードPluginのお作法が解ると、応用でShaderノードも書けるようになるという話。
今時Maya Rendererはあんまり使わないんで、実用目的のShaderならmentalrayとかで実装した方が良いです。


スポンサーリンク

関連記事

SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
NICOGRAPHって有名?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Blender 2.8がついに正式リリース!
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
まだ続くブログの不調
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Maya 2015から標準搭載されたMILA
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
なんかすごいサイト
CreativeCOW.net
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenGVの用語
ZBrushの作業環境を見直す
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Model View Controller
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Paul Debevec
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
C++の抽象クラス
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
ZBrushの練習 手のモデリング
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
ラクガキの立体化

コメント