Mayaのプラグイン開発

Mayaのプラグイン開発を学び始めたのは、修士論文がきっかけだった。
研究テーマは自分で決めたわけだけど、やたらと壮大な妄想を描いて、モデリング・アニメーション・レンダリング全てが実装されていないと実証できない内容だった。もちろん全て自分で実装する時間もスキルも全く持ち合わせていなかった。(当時そこで諦めなかったのはちょっとエライというか、無謀だったと思う)。
そこで、身近な統合CG制作ツールの力を借りようと思った。


スポンサーリンク


この本を買った↓

Complete Maya programming―日本語版 MayaプログラマのためのMEL、C++

サンプルコードのページ

この書籍は英語版だと第2巻も出版されている。

Complete Maya Programming Volume II: An In-depth Guide to 3D Fundamentals, Geometry, and Modeling (The Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics Book 2) (English Edition)

それまではJavaを使ってレンダラを書いていてC++も初めてだったので、まず、本に載っているサンプルコードが読めなかった。C++の入門書を買って、短いサンプルを読むところから始めた。

サンプルコードをいじって、だんだんプラグインのお作法が分かってきたところで、もともと専門だったレンダリング関係のプラグインを書こうと思い、Shaderを作ってみた。Maya標準レンダラには無い、Cook Torranceモデルを実装したShader。当時としてはまだ珍しいフルHD解像度でYouTubeにアップしてみた。↓



その時書いたコードはあんまりキレイじゃないけど、とりあえずGitHubに上げておく。

書籍はもう絶版になっちゃったけど、最近はネット上でMayaプラグイン開発に関する日本語の情報が結構手に入る。デジタルフロンティアさんのブログ記事が参考になるかも。
はじめてC++で書くMayaプラグイン

2014年6月23日追記:
この書籍にShaderの書き方は載っていません。書籍はMayaのソフトウェア構造の解説がメインで、コマンド・ノードPluginの例が載っている。ノードPluginのお作法が解ると、応用でShaderノードも書けるようになるという話。
今時Maya Rendererはあんまり使わないんで、実用目的のShaderならmentalrayとかで実装した方が良いです。


スポンサーリンク

関連記事

R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
HerokuでMEAN stack
ZBrush キャラクター&クリーチャー
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整 その2
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ラクガキの立体化 反省
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Raytracing Wiki
オーバーロードとオーバーライド
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
clearcoat Shader
UnityのTransformクラスについて調べてみた
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Unite 2014の動画
Unityで360度ステレオVR動画を作る
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Maya API Reference
CLO:服飾デザインツール
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
WinSCP
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
ラクガキの立体化
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント