Mayaのプラグイン開発

Mayaのプラグイン開発を学び始めたのは、修士論文がきっかけだった。
研究テーマは自分で決めたわけだけど、やたらと壮大な妄想を描いて、モデリング・アニメーション・レンダリング全てが実装されていないと実証できない内容だった。もちろん全て自分で実装する時間もスキルも全く持ち合わせていなかった。(当時そこで諦めなかったのはちょっとエライというか、無謀だったと思う)。
そこで、身近な統合CG制作ツールの力を借りようと思った。


スポンサーリンク


この本を買った↓

Complete Maya programming―日本語版 MayaプログラマのためのMEL、C++

サンプルコードのページ

この書籍は英語版だと第2巻も出版されている。

Complete Maya Programming Volume II: An In-depth Guide to 3D Fundamentals, Geometry, and Modeling (The Morgan Kaufmann Series in Computer Graphics Book 2) (English Edition)

それまではJavaを使ってレンダラを書いていてC++も初めてだったので、まず、本に載っているサンプルコードが読めなかった。C++の入門書を買って、短いサンプルを読むところから始めた。

サンプルコードをいじって、だんだんプラグインのお作法が分かってきたところで、もともと専門だったレンダリング関係のプラグインを書こうと思い、Shaderを作ってみた。Maya標準レンダラには無い、Cook Torranceモデルを実装したShader。当時としてはまだ珍しいフルHD解像度でYouTubeにアップしてみた。↓



その時書いたコードはあんまりキレイじゃないけど、とりあえずGitHubに上げておく。

書籍はもう絶版になっちゃったけど、最近はネット上でMayaプラグイン開発に関する日本語の情報が結構手に入る。デジタルフロンティアさんのブログ記事が参考になるかも。
はじめてC++で書くMayaプラグイン

2014年6月23日追記:
この書籍にShaderの書き方は載っていません。書籍はMayaのソフトウェア構造の解説がメインで、コマンド・ノードPluginの例が載っている。ノードPluginのお作法が解ると、応用でShaderノードも書けるようになるという話。
今時Maya Rendererはあんまり使わないんで、実用目的のShaderならmentalrayとかで実装した方が良いです。


スポンサーリンク

関連記事

OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
このブログのデザインに飽きてきた
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
UnityでARKit2.0
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Unityの薄い本
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ラクガキの立体化 胴体の追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ゴジラ三昧
Mean Stack開発の最初の一歩
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Subsurface scatteringの動画
海外ドラマのChromaKey
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール

コメント