C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

機械学習系のライブラリを調べてたら、C#で使えるライブラリを見つけた。
http://cabbalog.blogspot.jp/2015/12/machine-learning-with-cs.html

Accord.NET Frameworkは名前の通り、.NET環境で使える機械学習ライブラリ。
音響処理+画像処理+機械学習のライブラリとなっており、Hidden Markov Model(隠れマルコフモデル)やDeep Neural Networkもできるらしいぞ。(良く解ってない)

Accord.NET Framework

Accord.NET Framework

Accord.NET Frameworkは、C#製のオーディオ・画像処理ライブラリも組み合わさった.NET機械学習フレームワークです。コンピュータビジョン、コンピュータオーディション、信号処理、統計のアプリケーション製品を構築するための完全なフレームワークであり、商用利用も可能です。
広範囲にわたるサンプルアプリケーション群をすぐに試すことができます。豊富なドキュメントとwikiも役立つでしょう。

Accord.NETは.NETでの科学計算のフレームワークです。このフレームワークは、統計的データ処理、機械学習、パターン認識、コンピュータビジョン、コンピュータオーディション等、幅広い科学計算アプリケーションを含む複数のライブラリから構成されています。
このフレームワークは、多くの確率分布、仮説検定、カーネル関数をサポートし、最も一般的なパフォーマンス測定技術をサポートします。

ライセンスは GNU Lesser Public License v2.1
ソースコードがGitHub上で公開されている。
https://github.com/accord-net/framework


スポンサーリンク


YouTubeにサンプルアプリの動作デモ動画がいくつかある。


スポンサーリンク
Sample: Accord.NET Support Vector Machines

モジュールの一覧を見ると、名前空間Accord.MachineLearningというのが見つかるね。
http://accord-framework.net/docs/html/R_Project_Accord_NET.htm

ライブラリの使い方チュートリアルも充実してるっぽい。
https://github.com/accord-net/framework/wiki/How-to-use

UnityでAccord.NET Frameworkを使う

で、気になるのはUnityでも使えるのか、という点ですよね。
少し調べたら、Unity5.5でAccord.NETを動作させるチュートリアルがあった。↓
http://1darray.com/blog/2016/11/04/using-accord-net-with-unity/

このチュートリアルでは機械学習要素は使わずに、単純に画像処理ライブラリとして利用しているだけだけど、ライブラリの中にある.NET2.0用のdll群をUnityの“Assets/Plugins/”ディレクトリに突っ込めばいけるようですね。
単純にUnityで使える画像処理・音響処理ライブラリと捉えても便利そう。

Setting up Machine Learning/Accord/ AI in Unity


スポンサーリンク

関連記事

OpenGVのライブラリ構成
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
WordPressの表示を高速化する
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
コンピュータビジョンの技術マップ
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
まだ続くブログの不調
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ドットインストールのWordPress入門レッスン
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
タマムシっぽい質感
書籍『ROSプログラミング』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ブログが1日ダウンしてました
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Pix2Pix:CGANによる画像変換
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Raspberry Pi
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
今年もSSII
Google Colaboratoryで遊ぶ準備

コメント