C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

機械学習系のライブラリを調べてたら、C#で使えるライブラリを見つけた。
http://cabbalog.blogspot.jp/2015/12/machine-learning-with-cs.html

Accord.NET Frameworkは名前の通り、.NET環境で使える機械学習ライブラリ。
音響処理+画像処理+機械学習のライブラリとなっており、Hidden Markov Model(隠れマルコフモデル)やDeep Neural Networkもできるらしいぞ。(良く解ってない)

Accord.NET Framework

Accord.NET Framework

Accord.NET Frameworkは、C#製のオーディオ・画像処理ライブラリも組み合わさった.NET機械学習フレームワークです。コンピュータビジョン、コンピュータオーディション、信号処理、統計のアプリケーション製品を構築するための完全なフレームワークであり、商用利用も可能です。
広範囲にわたるサンプルアプリケーション群をすぐに試すことができます。豊富なドキュメントとwikiも役立つでしょう。

Accord.NETは.NETでの科学計算のフレームワークです。このフレームワークは、統計的データ処理、機械学習、パターン認識、コンピュータビジョン、コンピュータオーディション等、幅広い科学計算アプリケーションを含む複数のライブラリから構成されています。
このフレームワークは、多くの確率分布、仮説検定、カーネル関数をサポートし、最も一般的なパフォーマンス測定技術をサポートします。


スポンサーリンク

ライセンスは GNU Lesser Public License v2.1
ソースコードがGitHub上で公開されている。
https://github.com/accord-net/framework


スポンサーリンク


YouTubeにサンプルアプリの動作デモ動画がいくつかある。



モジュールの一覧を見ると、名前空間Accord.MachineLearningというのが見つかるね。
http://accord-framework.net/docs/html/R_Project_Accord_NET.htm

ライブラリの使い方チュートリアルも充実してるっぽい。
https://github.com/accord-net/framework/wiki/How-to-use

UnityでAccord.NET Frameworkを使う

で、気になるのはUnityでも使えるのか、という点ですよね。
少し調べたら、Unity5.5でAccord.NETを動作させるチュートリアルがあった。↓
http://1darray.com/blog/2016/11/04/using-accord-net-with-unity/

このチュートリアルでは機械学習要素は使わずに、単純に画像処理ライブラリとして利用しているだけだけど、ライブラリの中にある.NET2.0用のdll群をUnityの“Assets/Plugins/”ディレクトリに突っ込めばいけるようですね。
単純にUnityで使える画像処理・音響処理ライブラリと捉えても便利そう。

Setting up Machine Learning/Accord/ AI in Unity


スポンサーリンク

関連記事

書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Google App EngineでWordPress
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
オープンソースの汎用レンダラ『Mitsuba 2』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenGVのライブラリ構成
Unityで360度ステレオVR動画を作る
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ROMOハッカソンに行ってきた
サンプルコードにも間違いはある?
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
adskShaderSDK
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Unityをレンダラとして活用する
CGのためのディープラーニング
ROSの薄い本
Unite 2014の動画
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
ブログが1日ダウンしてました
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ブログの復旧が難航してた話
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Maya LTのQuick Rigを試す
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
ドットインストールのWordPress入門レッスン
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
MeshroomでPhotogrammetry
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント