C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

機械学習系のライブラリを調べてたら、C#で使えるライブラリを見つけた。
http://cabbalog.blogspot.jp/2015/12/machine-learning-with-cs.html

Accord.NET Frameworkは名前の通り、.NET環境で使える機械学習ライブラリ。
音響処理+画像処理+機械学習のライブラリとなっており、Hidden Markov Model(隠れマルコフモデル)やDeep Neural Networkもできるらしいぞ。(良く解ってない)

Accord.NET Framework

Accord.NET Framework

Accord.NET Frameworkは、C#製のオーディオ・画像処理ライブラリも組み合わさった.NET機械学習フレームワークです。コンピュータビジョン、コンピュータオーディション、信号処理、統計のアプリケーション製品を構築するための完全なフレームワークであり、商用利用も可能です。
広範囲にわたるサンプルアプリケーション群をすぐに試すことができます。豊富なドキュメントとwikiも役立つでしょう。

Accord.NETは.NETでの科学計算のフレームワークです。このフレームワークは、統計的データ処理、機械学習、パターン認識、コンピュータビジョン、コンピュータオーディション等、幅広い科学計算アプリケーションを含む複数のライブラリから構成されています。
このフレームワークは、多くの確率分布、仮説検定、カーネル関数をサポートし、最も一般的なパフォーマンス測定技術をサポートします。


スポンサーリンク

ライセンスは GNU Lesser Public License v2.1
ソースコードがGitHub上で公開されている。
https://github.com/accord-net/framework


スポンサーリンク


YouTubeにサンプルアプリの動作デモ動画がいくつかある。



モジュールの一覧を見ると、名前空間Accord.MachineLearningというのが見つかるね。
http://accord-framework.net/docs/html/R_Project_Accord_NET.htm

ライブラリの使い方チュートリアルも充実してるっぽい。
https://github.com/accord-net/framework/wiki/How-to-use

UnityでAccord.NET Frameworkを使う

で、気になるのはUnityでも使えるのか、という点ですよね。
少し調べたら、Unity5.5でAccord.NETを動作させるチュートリアルがあった。↓
http://1darray.com/blog/2016/11/04/using-accord-net-with-unity/

このチュートリアルでは機械学習要素は使わずに、単純に画像処理ライブラリとして利用しているだけだけど、ライブラリの中にある.NET2.0用のdll群をUnityの“Assets/Plugins/”ディレクトリに突っ込めばいけるようですね。
単純にUnityで使える画像処理・音響処理ライブラリと捉えても便利そう。

Setting up Machine Learning/Accord/ AI in Unity


スポンサーリンク

関連記事

OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenGVのライブラリ構成
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Raspberry PiでIoTごっこ
ROSの薄い本
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
このブログのデザインに飽きてきた
Google App EngineでWordPress
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Unityをレンダラとして活用する
adskShaderSDK
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
HD画質の無駄遣い
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
ニューラルネットワークで画像分類
OpenCVで動画の手振れ補正
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
konashiのサンプルコードを動かしてみた
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Raspberry Pi
書籍『ROSプログラミング』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
海外ドラマのChromaKey
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Verilog HDL

コメント