Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ

機械学習系のライブラリを調べてたら、C#で使えるライブラリを見つけた。
http://cabbalog.blogspot.jp/2015/12/machine-learning-with-cs.html

Accord.NET Frameworkは名前の通り、.NET環境で使える機械学習ライブラリ。
音響処理+画像処理+機械学習のライブラリとなっており、Hidden Markov Model(隠れマルコフモデル)やDeep Neural Networkもできるらしいぞ。(良く解ってない)

Accord.NET Framework

Accord.NET Framework

Accord.NET Frameworkは、C#製のオーディオ・画像処理ライブラリも組み合わさった.NET機械学習フレームワークです。コンピュータビジョン、コンピュータオーディション、信号処理、統計のアプリケーション製品を構築するための完全なフレームワークであり、商用利用も可能です。
広範囲にわたるサンプルアプリケーション群をすぐに試すことができます。豊富なドキュメントとwikiも役立つでしょう。

Accord.NETは.NETでの科学計算のフレームワークです。このフレームワークは、統計的データ処理、機械学習、パターン認識、コンピュータビジョン、コンピュータオーディション等、幅広い科学計算アプリケーションを含む複数のライブラリから構成されています。
このフレームワークは、多くの確率分布、仮説検定、カーネル関数をサポートし、最も一般的なパフォーマンス測定技術をサポートします。


スポンサーリンク

ライセンスは GNU Lesser Public License v2.1
ソースコードがGitHub上で公開されている。
https://github.com/accord-net/framework


スポンサーリンク


YouTubeにサンプルアプリの動作デモ動画がいくつかある。



モジュールの一覧を見ると、名前空間Accord.MachineLearningというのが見つかるね。
http://accord-framework.net/docs/html/R_Project_Accord_NET.htm

ライブラリの使い方チュートリアルも充実してるっぽい。
https://github.com/accord-net/framework/wiki/How-to-use

UnityでAccord.NET Frameworkを使う

で、気になるのはUnityでも使えるのか、という点ですよね。
少し調べたら、Unity5.5でAccord.NETを動作させるチュートリアルがあった。↓
http://1darray.com/blog/2016/11/04/using-accord-net-with-unity/

このチュートリアルでは機械学習要素は使わずに、単純に画像処理ライブラリとして利用しているだけだけど、ライブラリの中にある.NET2.0用のdll群をUnityの“Assets/Plugins/”ディレクトリに突っ込めばいけるようですね。
単純にUnityで使える画像処理・音響処理ライブラリと捉えても便利そう。



スポンサーリンク

関連記事

libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
定数
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Boost オープンソースライブラリ
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
動的なメモリの扱い
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
海外ドラマのChromaKey
UnityでPoint Cloudを表示する方法
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
仮想関数
MeshroomでPhotogrammetry
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Quartus II
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Mayaのプラグイン開発
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
機械学習手法『Random Forest』
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
ディープラーニング
3D復元技術の情報リンク集
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
WordPressの表示を高速化する
Seleniumを使ったFXや株の自動取引

コメント