C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

機械学習系のライブラリを調べてたら、C#で使えるライブラリを見つけた。
http://cabbalog.blogspot.jp/2015/12/machine-learning-with-cs.html

Accord.NET Frameworkは名前の通り、.NET環境で使える機械学習ライブラリ。
音響処理+画像処理+機械学習のライブラリとなっており、Hidden Markov Model(隠れマルコフモデル)やDeep Neural Networkもできるらしいぞ。(良く解ってない)

Accord.NET Framework

Accord.NET Framework

Accord.NET Frameworkは、C#製のオーディオ・画像処理ライブラリも組み合わさった.NET機械学習フレームワークです。コンピュータビジョン、コンピュータオーディション、信号処理、統計のアプリケーション製品を構築するための完全なフレームワークであり、商用利用も可能です。
広範囲にわたるサンプルアプリケーション群をすぐに試すことができます。豊富なドキュメントとwikiも役立つでしょう。

Accord.NETは.NETでの科学計算のフレームワークです。このフレームワークは、統計的データ処理、機械学習、パターン認識、コンピュータビジョン、コンピュータオーディション等、幅広い科学計算アプリケーションを含む複数のライブラリから構成されています。
このフレームワークは、多くの確率分布、仮説検定、カーネル関数をサポートし、最も一般的なパフォーマンス測定技術をサポートします。

ライセンスは GNU Lesser Public License v2.1
ソースコードがGitHub上で公開されている。
https://github.com/accord-net/framework


スポンサーリンク


YouTubeにサンプルアプリの動作デモ動画がいくつかある。


スポンサーリンク
Sample: Accord.NET Support Vector Machines

モジュールの一覧を見ると、名前空間Accord.MachineLearningというのが見つかるね。
http://accord-framework.net/docs/html/R_Project_Accord_NET.htm

ライブラリの使い方チュートリアルも充実してるっぽい。
https://github.com/accord-net/framework/wiki/How-to-use

UnityでAccord.NET Frameworkを使う

で、気になるのはUnityでも使えるのか、という点ですよね。
少し調べたら、Unity5.5でAccord.NETを動作させるチュートリアルがあった。↓
http://1darray.com/blog/2016/11/04/using-accord-net-with-unity/

このチュートリアルでは機械学習要素は使わずに、単純に画像処理ライブラリとして利用しているだけだけど、ライブラリの中にある.NET2.0用のdll群をUnityの“Assets/Plugins/”ディレクトリに突っ込めばいけるようですね。
単純にUnityで使える画像処理・音響処理ライブラリと捉えても便利そう。

Setting up Machine Learning/Accord/ AI in Unity


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ニューラルネットワークで画像分類
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ポイントクラウドコンソーシアム
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
サンプルコードにも間違いはある?
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
顔画像処理技術の過去の研究
Konashiを買った
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
html5のcanvasの可能性
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
動的なメモリの扱い
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Adobe MAX 2015
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
MeshroomでPhotogrammetry
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
OANDAのfxTrade API
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...

コメント