Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ

オープンソースの研究用レンダラMitsubaのバージョン2が発表されたのが3年ほど前。



次のバージョンのMistuba 3が発表されました↓

Mitsuba 3: A Retargetable Forward and Inverse Renderer



Mitsuba 3は研究指向のリターゲット可能なレンダリングシステムであり、Dr.Jit Just In TimeコンパイラによるポータブルなC++ 17で記述されています。Mitsuba 3は、EPFLのRealisticGraphicsLabによって開発されました。

Mitsuba 3は、微分トラッキング、LLVMまたはCUDAを介した動的コンパイル、様々なラディアンス表現(モノクロ、RGB、またはスペクトル光、場合によっては偏光)などのオプションを選択でき、様々な形態へコンパイルできます。

Mitsuba 3は小さなコアライブラリと、マテリアルや光源からレンダリングアルゴリズムに至るまでの全ての機能を実装したプラグインの集合で構成されています。Mitsuba 3は、旧バージョンのMitsuba 0.6とのシーン互換性の維持に努めています。

Dr.Jitととは何かというと、微分可能レンダリングのために開発された新しい実行時コンパイラ(Just In Timeコンパイラ)だそうで、SIGGRAPH 2022で発表されるらしい↓

Dr.Jit: A Just-In-Time Compiler for Differentiable Rendering




スポンサーリンク


Mitsuba 3は既にソースコードがGitHubで公開されており、READMEにより詳しい概要説明がある↓

Mitsuba Renderer 3

Mitsuba 3は、スイスのEPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)で開発された順方向(forward)および逆方向(inverse)の光輸送シミュレーションのための研究指向のレンダリングシステムです。コアライブラリと、マテリアルや光源からレンダリングアルゴリズムに至るまでの全ての機能を実装したプラグインの集合として構成されています。

Mitsuba 3はリターゲット可能で、基盤となる実装とデータ構造を様々な異なるタスクへ変換して実行できます。例えば、同じコードでスカラーRGB輸送(1度に1つの光線を扱う古典的手法)とGPU上での微分可能スペクトル輸送の両方をシミュレートできます。これは全て、このプロジェクトのために特別に開発された専用のJIT(Just In Time)コンパイラ Dr.Jitでビルドされます。


スポンサーリンク

主な機能

  • クロスプラットフォーム:Mitsuba 3はLinux (x86_64), macOS (aarch64, x86_64), Windows (x86_64)でテスト済みです。
  • ハイパフォーマンス:基盤となるDr.Jitコンパイラはレンダリングコードをカーネルに融合し、CPUをターゲットとするLLVMバックエンドと、レイトレーシングハードウェアアクセラレーションを備えたNVIDIA GPUをターゲットとするCUDA/OptiXバックエンドを使用して最先端のパフォーマンスを実現します。
  • Pythonファースト:Mitsuba3はPythonと深く統合されています。マテリアルやテクスチャだけでなく、全てのレンダリングアルゴリズムをPythonで開発でき、システムをすぐにJITコンパイル(さらにオプションで微分も)できます。これにより、コンピュータグラフィックスやその他分野の研究に必要な実験が可能です。
  • 微分:Mitsuba 3は微分可能レンダラです。つまり、カメラのポーズ、ジオメトリ、BSDF、テクスチャ、ボリュームなどの入力パラメータについて、シミュレーション全体の導関数を計算できます。Mitsuba 3には、EPFLで開発された最新の微分可能レンダリングのアルゴリズムを実装されています。
  • スペクトルと偏光:Mitsuba 3は、単色レンダラー、RGBベースのレンダラー、スペクトルレンダラーとして使用でき、各形態で必要に応じてオプションで偏光の影響を考慮できます。

Mitsuba 3は既にチュートリアル動画もとても充実している↓



ドキュメントはこちら。Mitsuba 3はpipですぐインストールできるのがイマドキな感じですね。

Blenderアドオンはこちら↓

Mitsuba Blender Add-on


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Mayaのシェーディングノードの区分
Netron:機械学習モデルを可視化するツール
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
ZBrush 4R8 リリース!
OpenCV
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
タマムシっぽい質感
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
データサイエンティストって何だ?
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ブログの復旧が難航してた話
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
マイケル・ベイの動画の感覚
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
無料で使える人体3DCG作成ツール
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
3D復元技術の情報リンク集
WordPress on Windows Azure

コメント