Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール

OpenCV 2.4.5から超解像処理のモジュールが追加されていたらしい。
http://docs.opencv.org/modules/superres/doc/super_resolution.html

superres::SuperResolutionクラスを使えば簡単に実装できるようだ。初期化時にGPUを使うかどうか設定できるっぽい。

こちらのブログに実装例が載っています。↓
http://whoopsidaisies.hatenablog.com/entry/2013/12/03/021133




スポンサーリンク


7月14日 追記:公式ドキュメントを翻訳した方もいる↓
http://bicycle.life.coocan.jp/takamints/index.php/doc/opencv/doc/super_resolution

追記:バージョン3.1になってから試してみた↓
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
いつか試してみようと思いつつ全然触ってなかったOpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを使ってみた。 OpenCV 3.1だとサンプルコードが同梱されているのですぐに試せる。↓ opencv/samples/gpu/...


スポンサーリンク

関連記事

NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
OpenGVの用語
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
ブログが1日ダウンしてました
C++の抽象クラス
統計的な顔モデル
UnityでARKit2.0
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
オーバーロードとオーバーライド
ニューラルネットワークと深層学習
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
C++始めようと思うんだ
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ROSの薄い本
サンプルコードにも間違いはある?
Blender 2.8がついに正式リリース!
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
画像認識による位置情報取得 - Semi-Direct Monocular Visual Odome...
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
スクレイピング
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

コメント