SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

ソニーが自律型エンタテインメントロボットaiboを発表し、予約を開始した。従来の大文字表記”AIBO”ではなく小文字表記で”aibo”だ。
発売日は2018年1月11日で、税別価格198,000円。

 ソニー株式会社は11月1日、新しい自律型エンタテインメントロボット「aibo」を発表した。30cm程度の子犬型デザインで、重さは2.2kg。オーナーからの呼びかけや姿、タッチに反応するだけでなく、体全体を使ったボディランゲージで積極的に人に働きかけ、クラウドとも連携して学習していくという。型番は「ERS-1000」。

aibo



以前のAIBOシリーズは2006年のERS-7M3を最後に終了したけど、10年以上経った今、インターネット、スマホ、クラウド、AIの時代に合わせた仕様で再始動したということか。
今回のaiboの型番はERS-1000らしい。


スポンサーリンク



こういうエンタメ製品を技術仕様で語るのも野暮ではありますが、一応調べてみると
ソニー株式会社は、家庭における新たな楽しみを提案する進化した自律型エンタテインメントロボット“aibo”(アイボ)を発売します。aiboは家庭の中で人とつながりを持ち、育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発したロボットです。自ら好奇心を持ち、人と寄り添いながら毎日を共に楽しく生活し、共に成長していくパートナーと...

プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820(APQ8096) 64bit Quad-Core
可動部(自由度):頭×3、口×1、首×1、腰×1、各足3×4、耳×2、しっぽ×2(全て自社開発のアクチュエーター)
目の瞳:有機EL
センサー:

  • 魚眼カメラ×2(前方カメラと腰部)
  • ToFセンサー
  • PSDセンサー×2
  • 感圧・静電容量方式タッチセンサー(背中センサー)
  • 静電容量方式タッチセンサー(頭センサー・あごセンサー)
  • 6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2(頭、胴体)
  • 人感センサー
  • 照度センサー
  • 肉球×4

連続稼働時間:約2時間
充電時間:約3時間

腰部(胴体上部)に搭載されている魚眼カメラはSLAM用のものらしい。
また、画像、音声の認識・解析にはディープラーニング技術を活用しているとのことで、やはり例のライブラリの力も発揮されているのだろうか。

SONYが自社で開発したニューラルネットワークライブラリのオープンソース化を発表した。 Apache 2.0ライセンスだそうです。 Neural Network Libraries 特長 必要最小限の労力 Pythonを用いて...

例のライブラリについて、最近チラホラとインタビュー記事が出てる。
圧倒的スピードで浸透しつつある、機械学習。この分野にソニーが満を持して投入したOSSの背後には、ある若手エンジニアの活躍がありました。ソニーの最先端R&Dの裏側に迫ります。
8月にSONYが発表した『Neural Network Console』、GUIで誰でもAI開発ができてしまうその手軽さがとても話題になりました。 今回はそんなSONYに SONYが、このタイミングでAI開発ツールを出し...

また、OSはLinux+ROSだとか、はたまたRTOS(Real Time Operating System)だなんて情報が錯綜してますね。



発売されたら、すぐにハックする人が現れるだろうな。


スポンサーリンク

関連記事