SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

ソニーが自律型エンタテインメントロボットaiboを発表し、予約を開始した。従来の大文字表記”AIBO”ではなく小文字表記で”aibo”だ。
発売日は2018年1月11日で、税別価格198,000円。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089417.html

aibo

New story with aibo

以前のAIBOシリーズは2006年のERS-7M3を最後に終了したけど、10年以上経った今、インターネット、スマホ、クラウド、AIの時代に合わせた仕様で再始動したということか。
今回のaiboの型番はERS-1000らしい。


スポンサーリンク


こういうエンタメ製品を技術仕様で語るのも野暮ではありますが、一応調べてみると
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201711/17-105/index.html

プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820(APQ8096) 64bit Quad-Core
可動部(自由度):頭×3、口×1、首×1、腰×1、各足3×4、耳×2、しっぽ×2(全て自社開発のアクチュエーター)
目の瞳:有機EL
センサー


スポンサーリンク
  • 魚眼カメラ×2(前方カメラと腰部)
  • ToFセンサー
  • PSDセンサー×2
  • 感圧・静電容量方式タッチセンサー(背中センサー)
  • 静電容量方式タッチセンサー(頭センサー・あごセンサー)
  • 6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2(頭、胴体)
  • 人感センサー
  • 照度センサー
  • 肉球×4

連続稼働時間:約2時間
充電時間:約3時間

腰部(胴体上部)に搭載されている魚眼カメラはSLAM用のものらしい。
また、画像、音声の認識・解析にはディープラーニング技術を活用しているとのことで、やはり例のライブラリの力も発揮されているのだろうか。



例のライブラリについて、最近チラホラとインタビュー記事が出てる。
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/10/20/110000
https://bita.jp/dml/sony-neural-network-console-interview

また、OSはLinux+ROSだとか、はたまたRTOS(Real Time Operating System)だなんて情報が錯綜してますね。

1分でわかる新型「aibo」、11月1日先行予約開始。ソニーの挑戦のはじまり

発売されたら、すぐにハックする人が現れるだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

html5のcanvasの可能性
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
スクレイピング
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
続・ディープラーニングの資料
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
3Dグラフィックスの入門書
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
pythonもかじってみようかと
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
機械学習手法『Random Forest』
Raspberry Pi
クラスの基本
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
ROSでガンダムを動かす
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Raspberry PiでIoTごっこ
HD画質の無駄遣い
このブログのデザインに飽きてきた
UnityでLight Shaftを表現する
Konashiを買った
WordPressのテーマを自作する
ZScript
OpenCV
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
今年もSSII
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Verilog HDL
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
C++始めようと思うんだ
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる

コメント