SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

ソニーが自律型エンタテインメントロボットaiboを発表し、予約を開始した。従来の大文字表記”AIBO”ではなく小文字表記で”aibo”だ。
発売日は2018年1月11日で、税別価格198,000円。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089417.html

aibo



以前のAIBOシリーズは2006年のERS-7M3を最後に終了したけど、10年以上経った今、インターネット、スマホ、クラウド、AIの時代に合わせた仕様で再始動したということか。
今回のaiboの型番はERS-1000らしい。


スポンサーリンク


こういうエンタメ製品を技術仕様で語るのも野暮ではありますが、一応調べてみると
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201711/17-105/index.html

プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 820(APQ8096) 64bit Quad-Core
可動部(自由度):頭×3、口×1、首×1、腰×1、各足3×4、耳×2、しっぽ×2(全て自社開発のアクチュエーター)
目の瞳:有機EL
センサー


スポンサーリンク
  • 魚眼カメラ×2(前方カメラと腰部)
  • ToFセンサー
  • PSDセンサー×2
  • 感圧・静電容量方式タッチセンサー(背中センサー)
  • 静電容量方式タッチセンサー(頭センサー・あごセンサー)
  • 6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2(頭、胴体)
  • 人感センサー
  • 照度センサー
  • 肉球×4

連続稼働時間:約2時間
充電時間:約3時間

腰部(胴体上部)に搭載されている魚眼カメラはSLAM用のものらしい。
また、画像、音声の認識・解析にはディープラーニング技術を活用しているとのことで、やはり例のライブラリの力も発揮されているのだろうか。



例のライブラリについて、最近チラホラとインタビュー記事が出てる。
https://employment.en-japan.com/engineerhub/entry/2017/10/20/110000
https://bita.jp/dml/sony-neural-network-console-interview

また、OSはLinux+ROSだとか、はたまたRTOS(Real Time Operating System)だなんて情報が錯綜してますね。



発売されたら、すぐにハックする人が現れるだろうな。


スポンサーリンク

関連記事

Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
AfterEffectsプラグイン開発
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Managing Software Requirements: A Unified Approach
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
WordPressのテーマを自作する
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
ROMOハッカソンに行ってきた
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
WordPressの表示を高速化する
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
C++始めようと思うんだ
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
pythonもかじってみようかと
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』

コメント