SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』

SONYが自社で開発したニューラルネットワークライブラリのオープンソース化を発表した。
https://blog.nnabla.org/76/

Apache 2.0ライセンスだそうです。

Neural Network Libraries

Neural Network Libraries by SONY

特長

必要最小限の労力
Pythonを用いて、より少ないコード量で直観的に計算グラフ(ニューラルネットワーク)を定義することができます。

動的計算グラフのサポート
実行時に柔軟にニューラルネットワークを構築することができます。ニューラルネットワークの構築方法としては、静的計算グラフと動的計算グラフの両方が利用可能です。

どこでも実行
移植性を考慮した設計を採用しており、LinuxとWindowsの両方で動作します。

デバイスを選ばない
コードのほとんどがC++11で実装されているため、組み込み機器にもほぼそのままの形で導入することができます。

機能の追加が簡単
適度に抽象化された関数とコードテンプレート生成機能を備えており、開発者はわずかなコードの追加で新しい機能を追加することができます。

マルチターゲット
新しいデバイスのためのコードは、既存のコードを変更することなくプラグインとして追加できます。CUDAも1つのプラグインとして実装されています。

公開されたライブラリは社内での活用を経て3代目のものらしい。
https://dl.sony.com/ja/story/

公式サイトのドメインやドキュメントにはNNablaって書いてあるけど、これがライブラリの名前なのかな?


スポンサーリンク


C++とPythonから叩けるAPIが用意されている。
ソースコードはGitHubで公開されているけど、Python環境へのインストールはpipで簡単にできるみたい。
https://github.com/sony/nnabla

というか、SONYのGitHubアカウントがあることを知らなかった。
ドキュメントはこちら↓
http://nnabla.readthedocs.io/en/latest/

2018年11月13日 追記:すごいニュースだ↓
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201811/18-092/index.html

2017年8月18日追記:さらに、ニューラルネットをGUIで設計できるツールNeural Network Consoleが公開された。↓
https://dl.sony.com/ja/#appDownload

Windows 8.1またはWindows 10(どちらも64bit)環境で動作するアプリケーションのようです。


スポンサーリンク
Neural Network Console:ツールで体験する、新しいディープラーニング

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1708/17/news094.html
https://codezine.jp/article/detail/11131

追記:解説書籍も出た↓

ソニー開発のNeural Network Console入門 ―数式なし、コーディングなしのディープラーニング


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
続・ディープラーニングの資料
WordPressプラグインの作り方
UnityでARKit2.0
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
MFnDataとMFnAttribute
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Mean Stack開発の最初の一歩
Google App Engineのデプロイ失敗
CGのためのディープラーニング
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Mayaのレンダリング アトリビュート
タマムシっぽい質感
OANDAのfxTrade API
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
オープンソースの取引プラットフォーム
UnityでOpenCVを使うには?
UnityからROSを利用できる『ROS#』
pythonもかじってみようかと
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
参考書
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
WebGL開発に関する情報が充実してきている
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Konashiを買った
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Mayaのシェーディングノードの区分
Google App EngineでWordPress
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Iterator
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Blender 2.8がついに正式リリース!
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』

コメント