Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

Raspberry Pi 2を買ったので、せっかくだからIoTっぽいことをしたいと思っている。構想としては、Raspberry Piに繋いだセンサーの情報をWebブラウザから閲覧できるような感じ。


ということで、Raspberry PiをWebサーバにして、クライアントからWebブラウザを介してGPIOを操作する方法を調べてみた。

調べてみると、1番お手軽そうなのはWebIOPiというPythonのライブラリを使う方法。

WebIOPi

  • Control, debug, and use your Pi’s GPIO, sensors and converters from a web browser or any app
  • WebIOPi is the perfect Swiss-knife to make connected things
  • Developed and provided by Eric PTAK (trouch)
  • Runs on Raspberry Pi




スポンサーリンク


インストールして実行すれば、Raspberry Pi上にWebサイトが立ち上がり、ブラウザ上からRaspberry PiのGPIOを簡単に操作できるようだ。

Raspberry Pi – GPIO Web control – WebIOPi

Wi-Fiでローカルエリアネットワークを構築すれば、モバイルから操作もできるわけだ。


スポンサーリンク

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

ただ、それだけだとできることが狭そうな気もするので、単純にRaspberry PiでのWebサーバの構築方法と、そこからGPIOにアクセスする方法を調べることにした。

そこで見つけたのがlighttpdという軽量なWebサーバフレームワーク。これはメモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作を目的に作られており、聞くところによると、Apacheの2倍近く速いらしい。Raspberry Piみたいに簡素なPCには最適だね。

ということで、Raspberry PiにlighttpdでWebサーバを構築し、GPIOを操作するインストール例を載せているページを見つけた。↓

ブラウザからGPIOを操作

ブラウザから、GPIOを操作する方法を記載しています。 RaspberryPi上にWebサーバを構築して、Webサーバにアクセスすることで、GPIOを操作することが可能になります。これにより、ブラウザからLEDを点灯したりすることができます。

そして、定期的にセンサーの値を取得して表示、あるいは記録してグラフにするならこの辺の情報かな。↓

色々遊ぶぞ。


スポンサーリンク

関連記事

網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
ZScript
書籍『ROSプログラミング』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OANDAのfxTrade API
今年もSSII
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityでARKit2.0
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
konashiのサンプルコードを動かしてみた
3Dグラフィックスの入門書
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
クラスの基本
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
Google App Engineのデプロイ失敗
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Raspberry Pi 2を買いました
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Model View Controller
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Python2とPython3
ブログの復旧が難航してた話
Amazon Web ServicesでWordPress
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
Arduinoで人感センサーを使う
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』

コメント