Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

Raspberry Pi 2を買ったので、せっかくだからIoTっぽいことをしたいと思っている。構想としては、Raspberry Piに繋いだセンサーの情報をWebブラウザから閲覧できるような感じ。


ということで、Raspberry PiをWebサーバにして、クライアントからWebブラウザを介してGPIOを操作する方法を調べてみた。

調べてみると、1番お手軽そうなのはWebIOPiというPythonのライブラリを使う方法。

WebIOPi

  • Control, debug, and use your Pi’s GPIO, sensors and converters from a web browser or any app
  • WebIOPi is the perfect Swiss-knife to make connected things
  • Developed and provided by Eric PTAK (trouch)
  • Runs on Raspberry Pi




スポンサーリンク


インストールして実行すれば、Raspberry Pi上にWebサイトが立ち上がり、ブラウザ上からRaspberry PiのGPIOを簡単に操作できるようだ。

Raspberry Pi – GPIO Web control – WebIOPi

Wi-Fiでローカルエリアネットワークを構築すれば、モバイルから操作もできるわけだ。


スポンサーリンク

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

ただ、それだけだとできることが狭そうな気もするので、単純にRaspberry PiでのWebサーバの構築方法と、そこからGPIOにアクセスする方法を調べることにした。

そこで見つけたのがlighttpdという軽量なWebサーバフレームワーク。これはメモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作を目的に作られており、聞くところによると、Apacheの2倍近く速いらしい。Raspberry Piみたいに簡素なPCには最適だね。

ということで、Raspberry PiにlighttpdでWebサーバを構築し、GPIOを操作するインストール例を載せているページを見つけた。↓

ブラウザからGPIOを操作

ブラウザから、GPIOを操作する方法を記載しています。 RaspberryPi上にWebサーバを構築して、Webサーバにアクセスすることで、GPIOを操作することが可能になります。これにより、ブラウザからLEDを点灯したりすることができます。

そして、定期的にセンサーの値を取得して表示、あるいは記録してグラフにするならこの辺の情報かな。↓

色々遊ぶぞ。


スポンサーリンク

関連記事

2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ニューラルネットワークで画像分類
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
3D復元技術の情報リンク集
タマムシっぽい質感
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
プログラミングスキルについて考える
機械学習手法『Random Forest』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
インターフェイスは世界を規定する
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
3DCG Meetup #4に行ってきた
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
スクレイピング
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
このブログのデザインに飽きてきた
シフトカーを改造してラジコン化する人達
世界のトレンドをリアルタイムに把握するサイト 『Googttrer』
Verilog HDL
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
東京オリンピックと案内表示
Unite 2014の動画
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
UnityのuGUIチュートリアル

コメント