Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

Raspberry Pi 2を買ったので、せっかくだからIoTっぽいことをしたいと思っている。構想としては、Raspberry Piに繋いだセンサーの情報をWebブラウザから閲覧できるような感じ。


ということで、Raspberry PiをWebサーバにして、クライアントからWebブラウザを介してGPIOを操作する方法を調べてみた。

調べてみると、1番お手軽そうなのはWebIOPiというPythonのライブラリを使う方法。

WebIOPi

  • Control, debug, and use your Pi’s GPIO, sensors and converters from a web browser or any app
  • WebIOPi is the perfect Swiss-knife to make connected things
  • Developed and provided by Eric PTAK (trouch)
  • Runs on Raspberry Pi




スポンサーリンク


インストールして実行すれば、Raspberry Pi上にWebサイトが立ち上がり、ブラウザ上からRaspberry PiのGPIOを簡単に操作できるようだ。

Raspberry Pi – GPIO Web control – WebIOPi

Wi-Fiでローカルエリアネットワークを構築すれば、モバイルから操作もできるわけだ。


スポンサーリンク

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

ただ、それだけだとできることが狭そうな気もするので、単純にRaspberry PiでのWebサーバの構築方法と、そこからGPIOにアクセスする方法を調べることにした。

そこで見つけたのがlighttpdという軽量なWebサーバフレームワーク。これはメモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作を目的に作られており、聞くところによると、Apacheの2倍近く速いらしい。Raspberry Piみたいに簡素なPCには最適だね。

ということで、Raspberry PiにlighttpdでWebサーバを構築し、GPIOを操作するインストール例を載せているページを見つけた。↓

ブラウザからGPIOを操作

ブラウザから、GPIOを操作する方法を記載しています。 RaspberryPi上にWebサーバを構築して、Webサーバにアクセスすることで、GPIOを操作することが可能になります。これにより、ブラウザからLEDを点灯したりすることができます。

そして、定期的にセンサーの値を取得して表示、あるいは記録してグラフにするならこの辺の情報かな。↓

色々遊ぶぞ。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ROSの薄い本
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
ブログのデザイン変えました
Unityで学ぶC#
Arduinoで人感センサーを使う
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
UnityでOpenCVを使うには?
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
AfterEffectsプラグイン開発
Boost オープンソースライブラリ
UnityでARKit2.0
Raspberry Pi 2を買いました
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
世界のトレンドをリアルタイムに把握するサイト 『Googttrer』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
服飾デザインツール『CLO』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
このブログのデザインに飽きてきた
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
html5のcanvasの可能性
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Quartus II
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
続・ディープラーニングの資料
Model View Controller
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
WinSCP

コメント