Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい

Raspberry Pi 2を買ったので、せっかくだからIoTっぽいことをしたいと思っている。構想としては、Raspberry Piに繋いだセンサーの情報をWebブラウザから閲覧できるような感じ。


ということで、Raspberry PiをWebサーバにして、クライアントからWebブラウザを介してGPIOを操作する方法を調べてみた。

調べてみると、1番お手軽そうなのはWebIOPiというPythonのライブラリを使う方法。

WebIOPi

  • Control, debug, and use your Pi’s GPIO, sensors and converters from a web browser or any app
  • WebIOPi is the perfect Swiss-knife to make connected things
  • Developed and provided by Eric PTAK (trouch)
  • Runs on Raspberry Pi




スポンサーリンク


インストールして実行すれば、Raspberry Pi上にWebサイトが立ち上がり、ブラウザ上からRaspberry PiのGPIOを簡単に操作できるようだ。

Raspberry Pi – GPIO Web control – WebIOPi

Wi-Fiでローカルエリアネットワークを構築すれば、モバイルから操作もできるわけだ。


スポンサーリンク

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

WebブラウザからRaspberry Pi を操作する(WebIOPi 利用)

ただ、それだけだとできることが狭そうな気もするので、単純にRaspberry PiでのWebサーバの構築方法と、そこからGPIOにアクセスする方法を調べることにした。

そこで見つけたのがlighttpdという軽量なWebサーバフレームワーク。これはメモリ消費量が少なく、CPU負荷の少ない高速動作を目的に作られており、聞くところによると、Apacheの2倍近く速いらしい。Raspberry Piみたいに簡素なPCには最適だね。

ということで、Raspberry PiにlighttpdでWebサーバを構築し、GPIOを操作するインストール例を載せているページを見つけた。↓

ブラウザからGPIOを操作

ブラウザから、GPIOを操作する方法を記載しています。 RaspberryPi上にWebサーバを構築して、Webサーバにアクセスすることで、GPIOを操作することが可能になります。これにより、ブラウザからLEDを点灯したりすることができます。

そして、定期的にセンサーの値を取得して表示、あるいは記録してグラフにするならこの辺の情報かな。↓

色々遊ぶぞ。


スポンサーリンク

関連記事

TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
仮想関数
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
偏愛マップ
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
シフトカーを改造してラジコン化する人達
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
書籍『ROSプログラミング』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
ブログの復旧が難航してた話
C++始めようと思うんだ
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
UnityでARKit2.0
機械学習手法『Random Forest』
WordPressプラグインの作り方
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
インターフェイスは世界を規定する
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
このブログのデザインに飽きてきた
OpenGVのライブラリ構成
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ROSの薄い本
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

コメント