Raspberry Pi 2を買いました

IoTブームだからなのか、IntelのEdisonみたいな小型のコンピュータが登場している。小さくても性能がそこそこのコンピュータが作れるようになったからIoTブームなのか?

その辺の関係は良くわからないけど、Raspberry Pi 2を買いました。(要するに単なるミーハーです)
最近おもちゃを買い過ぎですが、Edisonよりは安いです。


スポンサーリンク

6倍越えのCPUパワーと2倍のメモリもお値段据え置き – 「Raspberry Pi 2」を試す

Raspberry Pi 2 Model B (1)

センサーと一緒にどこかに設置して、センシング情報を随時ネットワークに送るみたいなことをしてみたい。小さくてスペースを取らないし、消費電力も少ないはずだから、質素なセンサーと連携して常時稼働するセンシングサーバにはピッタリだ。(そういえば最近発表された新型Macbookもコアの部分は小さかったね。)


スポンサーリンク


ということで調べる。
ここを見てOSのインストールまではできた。↓
はじめてのRaspberry Pi 2

ディスプレイとキーボード、マウスを繋いで作業するの面倒だから、早めにリモートでの操作に切り替える。↓
ラズベリーパイをリモート操作する

さて、Raspberry Pi 2のGPIOに、前に見つけた人感センサーNapiOnを繋ごうと思うんだけど、GPIOの入出力はどうやってアクセスするんだろう。
と思って調べてみたら、GPIOをPythonから扱えるRPi.GPIOというPythonのライブラリがあるようだ。バージョン5.11以降では2でもちゃんと動くらしいぞ。↓
PyCharmを使ってRaspberry Pi2上で快適リモートGPIOプログラミング

デフォルトでPythonがインストールされているのね。

さあ、以降はこれ系を見てコーディングしながら試していくぞ。↓
Raspberry PIでLED点灯コントロール、Part2 Pythonでコントロールする
[Raspberry Pi]GPIOでLEDの点滅(Python)
RaspberryPiで人感センサーを作る

フランス語だけど、Raspberry PiからNapiOnを扱う記事見つけた。↓
Raspberry Pi et détecteur de présence infra-rouge


スポンサーリンク

関連記事

Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
プログラムによる景観の自動生成
このブログのデザインに飽きてきた
Amazon Web ServicesでWordPress
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Python2とPython3
ZScript
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
html5のcanvasの可能性
Raspberry Piでカーナビを自作できるキット『iCarus』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
UnityでARKit2.0
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
Konashiを買った
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
Mayaのプラグイン開発
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Unityからkonashiをコントロールする
PythonでBlenderのAdd-on開発
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入

コメント