Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

Unityの各コンポーネント間でのやり取り
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
WordPressプラグインの作り方
UnityでOpenCVを使うには?
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
映像ビジネスの未来
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
C++始めようと思うんだ
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Unityで学ぶC#
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Konashiを買った
Raspberry PiでIoTごっこ
Quartus II
HerokuでMEAN stack
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
Google App EngineでWordPress
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Google App Engineのデプロイ失敗
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...

コメント