Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OANDAのfxTrade API
Maya LTのQuick Rigを試す
ZBrushのZScript入門
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
OpenCV
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
Boost オープンソースライブラリ
Unreal EngineでARKit 3.0
pythonもかじってみようかと
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenGVの用語
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ROMOハッカソンに行ってきた
Unityの薄い本
マルコフ連鎖モンテカルロ法
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Arduinoで人感センサーを使う
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
光学式マウスのセンサーを応用すると…
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
書籍『ROSプログラミング』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
東京オリンピックと案内表示
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Raspberry Pi

コメント