Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
書籍『ROSプログラミング』
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
AfterEffectsプラグイン開発
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
3DCG Meetup #4に行ってきた
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
iPhone 11 Pro→ iPhone 13 Pro
UnityでLight Shaftを表現する
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenCV
html5のcanvasの可能性
光学式マウスのセンサーを応用すると…
Boost オープンソースライブラリ
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
Managing Software Requirements: A Unified Approach
ROSの薄い本
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Unreal EngineでARKit 3.0
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
仮想関数
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
adskShaderSDK
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ

コメント