Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

映像ビジネスの未来
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
東京オリンピックと案内表示
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
ブログの復旧が難航してた話
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
C++始めようと思うんだ
Unreal EngineでARKit 3.0
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
adskShaderSDK
タイミングとクオリティ
Quartus II
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
pythonもかじってみようかと
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
WordPressのテーマを自作する
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
口笛から作曲できるスマホアプリ『Chordana Composer』
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
WinSCP
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
ディープラーニング
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
iPhoneをSSHクライアントとして使う
Seleniumを使ったFXや株の自動取引

コメント