Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
ROMOハッカソンに行ってきた
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
東京オリンピックと案内表示
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
オープンソースの取引プラットフォーム
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ROSの薄い本
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Unite 2014の動画
WordPressのテーマを自作する
adskShaderSDK
Unityで360度ステレオVR動画を作る
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
インターフェイスは世界を規定する
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ディープラーニング
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
サンプルコードにも間違いはある?
Quartus II
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Iterator
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

コメント