Unityからkonashiをコントロールする

ここ最近、週末はkonashi遊びをしています。

Unityのバージョン5から無料で機能制限無しのPersonal Editionがリリースされたので、良い機会だから先週見つけたこちらのソースコードを有り難く使わせていただく。↓

Konashi – Unity プラグインつくった

Githubリポジトリ

Unityから使えると演出アップできそうなので作ってみました。
サンプルにあるように、全機能のテストは時間がかかりそうなので、Digital IO, PWM, UARTだけ動作確認しました。

iOSのみ。Free版OK。(ゆくゆくはCoreBluetooth,IOBluetooth両対応したい)
Unity5から対応 : プラグインのモジュール化が楽だったため


スポンサーリンク


スポンサーリンク


Unity5に初めて触った。どの環境用のプラグインにするかInspector上で選択できるようになってるのね。上記のソースコードは無事実機で動作した。見慣れた環境で関数の呼び出し方眺められると勉強しやすいね。

オイラはiOSアプリを作る頻度が少ないから、触る度にiOSとXcodeのバージョンが変わって開発のお作法に苦戦しちゃうんで、UIとビルドは慣れてるUnityの力に頼ることにしたのです。基盤をUnityにして、必要な機能に関わる部分だけ純粋にObjective-Cのコードでの開発集中できる。これからちょこちょことUnityのiOSプラグイン開発を勉強していきたい。

UART通信とか試したいな。ちょっと回りくどいけど、Arduinoと通信してみるかな。↓

Arduinoとkonashiを接続する


スポンサーリンク

関連記事

池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
東京オリンピックと案内表示
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
続・ディープラーニングの資料
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenGVのライブラリ構成
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
3DCG Meetup #4に行ってきた
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
UnityのGlobal Illumination
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ブログが1日ダウンしてました
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
オープンソースの取引プラットフォーム
スクレイピング
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
WordPressのテーマを自作する
機械学習で遊ぶ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ミニ四駆で電子工作
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ポイントクラウドコンソーシアム
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する

コメント