konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


こういうのも面白そう。↓


色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
SVM (Support Vector Machine)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Unreal EngineでARKit 3.0
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Raspberry Pi 2を買いました
OpenCVで動画の手ぶれ補正
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
OpenMVS:Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ
Konashiを買った
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
プラカラーストック:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Raspberry PiでIoTごっこ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Photogrammetry (写真測量法)
ROMOハッカソンに行ってきた
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Mean Stack開発の最初の一歩
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
iPhone 11 Pro→ iPhone 13 Pro
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
iPhoneアクセサリ

コメント