konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


スポンサーリンク
konashi pwm servo test with techBASIC

こういうのも面白そう。↓

iPhoneでプラレールをコントロール! #konashi

色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

Konashiを買った
Google App Engineのデプロイ失敗
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
Model View Controller
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
3DCG Meetup #4に行ってきた
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
adskShaderSDK
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
ROMOハッカソンに行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
C++の抽象クラス
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
iPhone5S → iPhone6S
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
このブログのデザインに飽きてきた
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
C++始めようと思うんだ
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
プログラミングスキルについて考える
Unreal Engineの薄い本
ディープラーニング
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Unityをレンダラとして活用する
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
OpenGVのライブラリ構成
UnityでARKit2.0
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
仮想関数
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...

コメント