konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


こういうのも面白そう。↓


色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

プログラムによる景観の自動生成
UnityのAR FoundationでARKit 3
Google Chromecast
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
まだ続くブログの不調
OpenCVで動画の手ぶれ補正
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Unityの薄い本
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
書籍『ROSプログラミング』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
ブログが1日ダウンしてました
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
スクレイピング
UnityのTransformクラスについて調べてみた
WordPressプラグインの作り方
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
続・ディープラーニングの資料
Quartus II
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
WordPressのテーマを自作する
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
光学式マウスのセンサーを応用すると…
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
UnityのuGUIチュートリアル
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
iPhone5S → iPhone6S

コメント