konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


こういうのも面白そう。↓


色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

Mitsuba 3:オープンソースの研究向けレンダラ
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
ニューラルネットワークで画像分類
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
3Dグラフィックスの入門書
機械学習手法『Random Forest』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
ZScript
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
このブログのデザインに飽きてきた
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
Mean Stack開発の最初の一歩
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Maya LTのQuick Rigを試す
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
WordPress on Windows Azure
2018年に購入したiPad Proのその後
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
UnityのAR FoundationでARKit 3
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
ブログの復旧が難航してた話
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
WordPressのテーマを自作する
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた

コメント