konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


スポンサーリンク
konashi pwm servo test with techBASIC

こういうのも面白そう。↓

iPhoneでプラレールをコントロール! #konashi

色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
仮面ライダーあつめ
新年の衝動買い
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
iPhone欲しいなぁ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
Arduinoで人感センサーを使う
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
pythonもかじってみようかと
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
OpenGVのライブラリ構成
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
プログラミングスキルとは何か?
Photogrammetry (写真測量法)
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』

コメント