konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


こういうのも面白そう。↓


色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Maya LTのQuick Rigを試す
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
Qlone:スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
書籍『ROSプログラミング』
Raspberry PiでIoTごっこ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
3DCG Meetup #4に行ってきた
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
動的なメモリの扱い
CLO:服飾デザインツール
OpenGVの用語
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
iPhone5S → iPhone6S
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
OpenCVで動画の手ぶれ補正
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』

コメント