konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


スポンサーリンク
konashi pwm servo test with techBASIC

こういうのも面白そう。↓

iPhoneでプラレールをコントロール! #konashi

色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OANDAのfxTrade API
ディープラーニング
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
サンプルコードにも間違いはある?
HD画質の無駄遣い
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
続・ディープラーニングの資料
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Verilog HDL
iPhone5S → iPhone6S
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
UnityでARKit2.0
UnityのAR FoundationでARKit 3
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
html5のcanvasの可能性
ブログが1日ダウンしてました
Unityで360度ステレオVR動画を作る
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
映像ビジネスの未来
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
モータードライバ
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Programing Guide for iPhone SDK 日本語のドキュメント
機械学習で遊ぶ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Mean Stack開発の最初の一歩

コメント