konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


こういうのも面白そう。↓


色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
まだ続くブログの不調
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
このブログのデザインに飽きてきた
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
機械学習で遊ぶ
ZScript
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Mayaのプラグイン開発
Amazon Web ServicesでWordPress
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
定数
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
新年の衝動買い
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
ミニ四駆で電子工作
OpenCV バージョン4がリリースされた!
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
リニアアクチュエータ
Unite 2014の動画
Iterator
映像ビジネスの未来
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
UnityでARKit2.0
ROSの薄い本
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
UnityのTransformクラスについて調べてみた
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
動的なメモリの扱い
Mean Stack開発の最初の一歩
服飾デザインツール『CLO』
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』

コメント