konashiのサンプルコードを動かしてみた

やっとkonashiのサンプルコードをビルドできた。Xcodeのバージョンが6に上がったせいか、公式ドキュメントのチュートリアルの通りにやっても上手くビルドが通らなかったのだ。

とりあえず自分で書き始めるのはあきらめて、まずはサンプルコードがちゃんとビルドできるところまで頑張る事にした。
ユカイ工学さんの公式Twitterで紹介されている方法で試したらちゃんと実機でサンプルを動作させることができた。↓



konashiのLEDがちゃんと光ったよ。いわゆる「Lチカ」ってやつね。これで第一歩は踏み出せたぞ。


スポンサーリンク


このkonashiはkonashi 2.0で、以前のバージョンの半額ぐらいのお値段(5000円ぐらい)で買えます。スイッチサイエンスMacnicaの通販で購入できる。

オイラが持ってるiOSデバイスはiPhone5Sだけだから、とりあえず5Sで動くアプリを作って遊んでいくつもり。これでサーボモーターとか物理的に動くデバイスを制御して遊びたい。


スポンサーリンク
konashi pwm servo test with techBASIC

こういうのも面白そう。↓

iPhoneでプラレールをコントロール! #konashi

色んなおもちゃを手軽にラジコン化できる時代なんだなぁ。

こんな資料見つけた。↓


konashiとUnityを連携してる人もいるみたい。↓
Konashi – Unity プラグインつくった


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
WordPress on Windows Azure
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
adskShaderSDK
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
仮想関数
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
html5のcanvasの可能性
Unityからkonashiをコントロールする
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
東京オリンピックと案内表示
2018年に購入したiPad Proのその後
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Objective-C最速基礎文法マスター
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
新年の衝動買い
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
動的なメモリの扱い
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Quartus II
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
カプコンの新作情報専用iPhoneアプリ『Capcom News』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
UnityでOpenCVを使うには?
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
UnityからROSを利用できる『ROS#』

コメント