OpenCV バージョン4がリリースされた!

alpha, beta, rcを経て、ついにOpenCVのバージョン4がリリースされたぞ!

OpenCV 4.0

リリースハイライト:
  • 現在OpenCVはC++11のライブラリであり、C++11準拠のコンパイラが必要です。CMakeはバージョン3.5.1以上が必要となります。
  • OpenCV 1.xから続いていた多くのC APIを廃止しました。
  • coreモジュールの永続データ機能(XML, YAML, JSONへの構造化データの保存・読み込み)は全てC++で再実装し、C APIを廃止しました。
  • 新しくG-APIモジュールを追加しました。これは非常に効率的なグラフベースの画像処理パイプラインエンジンとして機能します。
  • dnnモジュールには試験的にVulkanバックエンドを実装、ONNX形式のネットワークもサポートしました。
  • 一般的なKinect FusionアルゴリズムをCPUとGPU(OpenCL)用に実装して最適化しました。
  • objdetectモジュールにQRコード検出器とデコーダを追加しました。
  • 非常に効率的かつ高品質なDIS dense optical flowアルゴリズムをopencv_contribからvideoジュールへ移動しました。
  • 詳細は過去のアナウンスに記載されています: 4.0-alpha, 4.0-beta, 4.0-rc, changelog

ドキュメントはこちら↓
https://docs.opencv.org/4.0.0/

バージョン4からついにC APIが廃止になったけど、ここ最近はCどころかC++よりもPythonから利用されることの方が多いんじゃなかろうか。(DeepLearning系のライブラリが大体Pythonメインだから)


スポンサーリンク


バージョン3のリリースからもう3年半経ってるんだなぁ。
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
6月4日付でついにOpenCV 3.0の正式版がリリースされた。 さっそくOpenCV公式ページからインストーラーをダウンロードしたら、ページ上で以下の動画が再生された。 Google Summer Of Code 2014 con...


GitHubでは数日前からopencvおよびopencv_contribのバージョン4.0.0のコードが公開されてはいた。
https://github.com/opencv/opencv/releases/tag/4.0.0
https://github.com/opencv/opencv_contrib/releases/tag/4.0.0

https://qiita.com/dandelion1124/items/eae435e601fba2adb0d1

追記:OpenCvSharpもバージョン4に対応したようです↓
https://www.nuget.org/packages/OpenCvSharp3-AnyCPU/4.0.0.20181129

OpenCV 4.0.0のChangeLogを読んでいて個人的に面白いなぁと思ったのは、QRコードを検出・デコードする機能が標準で入ったこと。サンプルコードもある↓
https://github.com/opencv/opencv/blob/master/samples/cpp/qrcode.cpp

そして、G-APIという新しいモジュール。グラフベースのパイプラインって、ノードを繋いでいくビジュアルプログラミングみたいなやつ?

早速試した方もいるようだ↓
https://neno-garden.com/blog/2018/11/20/opencv4-g-api/

dandelion先生の新刊で勉強しよう↓


スポンサーリンク



2019年4月9日 追記:OpenCV 4.1がリリースされた↓

OpenCV 4.1

リリースハイライト:
  • core, imgprocモジュールの巨大な関数セットの処理がruntime時に最適化できるようになりました。
  • dnnモジュールの以下のように改良しました:
    • 推論エンジンのバックエンドをIntel® Neural Compute Stick 2でサポートされているNN Builder APIに切り替えました。
    • ピーク時のメモリ消費量を削減し、TensorFlowの複数の新しいネットワークをサポートしました。
  • videoioモジュールにAndroid Media NDK APIのサポートを追加しました。
  • Perceptually Uniform Sequential Colormapsを追加しました。
  • opencv_contribに新しいImage Quality Analysisモジュール(quality)を追加し、PSNRやSSIMなどと同様にReferenceless BRISQUE(Image Spatial Quality Evaluator)アルゴリズムを実装しました。
  • opencv_contrib/optflow moduleモジュールにRobust Local Optical Flowアルゴリズムを追加しました。
  • opencv_contrib/stereoモジュールにQuasi Dense Stereo matchingアルゴリズムを実装しました。
  • Hand-Eye Calibration手法を追加しました。

より詳しい情報はChangelogをご覧ください。

2019年12月 追記:OpenCV 4.2がリリースされたぞ↓

OpenCV 4.2


スポンサーリンク

関連記事

iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
pythonもかじってみようかと
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
3Dグラフィックスの入門書
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZScript
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
ニューラルネットワークで画像分類
WordPress on Windows Azure
立体視を試してみた
Quartus II
ブログが1日ダウンしてました
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
WinSCP
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Model View Controller
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
ドットインストールのWordPress入門レッスン
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Mayaのレンダリング アトリビュート
Verilog HDL
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Python2とPython3
WordPressのテーマを自作する
オーバーロードとオーバーライド
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...

コメント