OpenCV バージョン4がリリースされた!

alpha, beta, rcを経て、ついにOpenCVのバージョン4がリリースされたぞ!

OpenCV 4.0

リリースハイライト:
  • 現在OpenCVはC++11のライブラリであり、C++11準拠のコンパイラが必要です。CMakeはバージョン3.5.1以上が必要となります。
  • OpenCV 1.xから続いていた多くのC APIを廃止しました。
  • coreモジュールの永続データ機能(XML, YAML, JSONへの構造化データの保存・読み込み)は全てC++で再実装し、C APIを廃止しました。
  • 新しくG-APIモジュールを追加しました。これは非常に効率的なグラフベースの画像処理パイプラインエンジンとして機能します。
  • dnnモジュールには試験的にVulkanバックエンドを実装、ONNX形式のネットワークもサポートしました。
  • 一般的なKinect FusionアルゴリズムをCPUとGPU(OpenCL)用に実装して最適化しました。
  • objdetectモジュールにQRコード検出器とデコーダを追加しました。
  • 非常に効率的かつ高品質なDIS dense optical flowアルゴリズムをopencv_contribからvideoジュールへ移動しました。
  • 詳細は過去のアナウンスに記載されています: 4.0-alpha, 4.0-beta, 4.0-rc, changelog

ドキュメントはこちら↓
https://docs.opencv.org/4.0.0/

バージョン4からついにC APIが廃止になったけど、ここ最近はCどころかC++よりもPythonから利用されることの方が多いんじゃなかろうか。(DeepLearning系のライブラリが大体Pythonメインだから)


スポンサーリンク


バージョン3のリリースからもう3年半経ってるんだなぁ。
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
6月4日付でついにOpenCV 3.0の正式版がリリースされた。 さっそくOpenCV公式ページからインストーラーをダウンロードしたら、ページ上で以下の動画が再生された。 Google Summer Of Code 2014 contrib...


GitHubでは数日前からopencvおよびopencv_contribのバージョン4.0.0のコードが公開されてはいた。
https://github.com/opencv/opencv/releases/tag/4.0.0
https://github.com/opencv/opencv_contrib/releases/tag/4.0.0

https://qiita.com/dandelion1124/items/eae435e601fba2adb0d1

追記:OpenCvSharpもバージョン4に対応したようです↓
https://www.nuget.org/packages/OpenCvSharp3-AnyCPU/4.0.0.20181129

OpenCV 4.0.0のChangeLogを読んでいて個人的に面白いなぁと思ったのは、QRコードを検出・デコードする機能が標準で入ったこと。サンプルコードもある↓
https://github.com/opencv/opencv/blob/master/samples/cpp/qrcode.cpp

そして、G-APIという新しいモジュール。グラフベースのパイプラインって、ノードを繋いでいくビジュアルプログラミングみたいなやつ?

早速試した方もいるようだ↓
https://neno-garden.com/blog/2018/11/20/opencv4-g-api/

dandelion先生の新刊で勉強しよう↓


スポンサーリンク



2019年4月9日 追記:OpenCV 4.1がリリースされた↓

OpenCV 4.1

リリースハイライト:
  • core, imgprocモジュールの巨大な関数セットの処理がruntime時に最適化できるようになりました。
  • dnnモジュールの以下のように改良しました:
    • 推論エンジンのバックエンドをIntel® Neural Compute Stick 2でサポートされているNN Builder APIに切り替えました。
    • ピーク時のメモリ消費量を削減し、TensorFlowの複数の新しいネットワークをサポートしました。
  • videoioモジュールにAndroid Media NDK APIのサポートを追加しました。
  • Perceptually Uniform Sequential Colormapsを追加しました。
  • opencv_contribに新しいImage Quality Analysisモジュール(quality)を追加し、PSNRやSSIMなどと同様にReferenceless BRISQUE(Image Spatial Quality Evaluator)アルゴリズムを実装しました。
  • opencv_contrib/optflow moduleモジュールにRobust Local Optical Flowアルゴリズムを追加しました。
  • opencv_contrib/stereoモジュールにQuasi Dense Stereo matchingアルゴリズムを実装しました。
  • Hand-Eye Calibration手法を追加しました。

より詳しい情報はChangelogをご覧ください。

2019年12月 追記:OpenCV 4.2がリリースされたぞ↓

OpenCV 4.2


スポンサーリンク

関連記事

UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
Paul Debevec
ブログの復旧が難航してた話
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
第25回コンピュータビジョン勉強会@関東に行って来た
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Photogrammetry (写真測量法)
ZBrushのZScript入門
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
VCG Library:C++のポリゴン操作ライブラリ
clearcoat Shader
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
今年もSSII
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
定数
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Raspberry Pi 2を買いました
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
オーバーロードとオーバーライド
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール

コメント