.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwork.NET』

またまた.NETのニューラルネットライブラリ。MITライセンスだそうです。

NeuralNetwork.NET

NeuralNetwork.NET

NeuralNetwork.NETは、レイヤーをカスタマイズ可能な計算グラフ ニューラルネットワークをシーケンシャルに実装したC#製の.NET Standard 2.0ライブラリです。
NeuralNetwork.NETは、クイックプロトタイピングで確率的勾配降下法を用いてモデルを定義・訓練するためのシンプルなAPIを提供し、ネットワークモデルやメタデータなどを保存・読み込むメソッドも含まれています。

また、NeuralNetwork.NETでは、GPUとcuDNNを活用し、より高度な機能を備えたCUDAアクセラレーション レイヤーも提供しており、ニューラルネットワークの訓練・推定時のパフォーマンスを大幅に向上させます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


NuGetから簡単にインストールできます。
https://www.nuget.org/packages/NeuralNetwork.NET/

NuGetのページの説明によると、

TensorFlowに触発され、C# 7.2で.NET Standerd 2.0向けに開発されたニューラルネットワークライブラリです。cuDNNによるGPUサポートやネイティブメモリマネージメントを備えています。

と、ネットワークの記述をTensorFlowライクに書けるらしいのですが、そもそも以前からTensorFlowSharpというものもありますよね。。。
こちらはC#スクラッチではなく、本家TensorFlowのC#バインドではありますが。
https://github.com/migueldeicaza/TensorFlowSharp

たしかUnity ML-AgentsはTensorflowSharpを使っていたような。



C#でもだいぶディープラーニング系ライブラリが乱立してきた感。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
adskShaderSDK
機械学習について最近知った情報
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
konashiのサンプルコードを動かしてみた
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
WordPress on Windows Azure
定数
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
書籍『ROSプログラミング』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
HD画質の無駄遣い
pythonもかじってみようかと
ブログのデザイン変えました
Google App EngineでWordPress
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
機械学習での「回帰」とは?
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
続・ディープラーニングの資料
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
GoogleのDeep Learning論文
ROMOハッカソンに行ってきた
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
プログラムによる景観の自動生成
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

コメント