.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwork.NET』

またまた.NETのニューラルネットライブラリ。MITライセンスだそうです。

NeuralNetwork.NET

NeuralNetwork.NET

NeuralNetwork.NETは、レイヤーをカスタマイズ可能な計算グラフ ニューラルネットワークをシーケンシャルに実装したC#製の.NET Standard 2.0ライブラリです。
NeuralNetwork.NETは、クイックプロトタイピングで確率的勾配降下法を用いてモデルを定義・訓練するためのシンプルなAPIを提供し、ネットワークモデルやメタデータなどを保存・読み込むメソッドも含まれています。

また、NeuralNetwork.NETでは、GPUとcuDNNを活用し、より高度な機能を備えたCUDAアクセラレーション レイヤーも提供しており、ニューラルネットワークの訓練・推定時のパフォーマンスを大幅に向上させます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


NuGetから簡単にインストールできます。
https://www.nuget.org/packages/NeuralNetwork.NET/

NuGetのページの説明によると、

TensorFlowに触発され、C# 7.2で.NET Standerd 2.0向けに開発されたニューラルネットワークライブラリです。cuDNNによるGPUサポートやネイティブメモリマネージメントを備えています。

と、ネットワークの記述をTensorFlowライクに書けるらしいのですが、そもそも以前からTensorFlowSharpというものもありますよね。。。
こちらはC#スクラッチではなく、本家TensorFlowのC#バインドではありますが。
https://github.com/migueldeicaza/TensorFlowSharp

たしかUnity ML-AgentsはTensorflowSharpを使っていたような。



C#でもだいぶディープラーニング系ライブラリが乱立してきた感。


スポンサーリンク

関連記事

iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Google App Engineのデプロイ失敗
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
PythonでBlenderのAdd-on開発
定数
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
ブログが1日ダウンしてました
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ZBrushのZScript入門
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Unityからkonashiをコントロールする
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ROMOハッカソンに行ってきた
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
adskShaderSDK
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
プログラムによる景観の自動生成
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
仮想関数
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Open Shading Language (OSL)
このブログのデザインに飽きてきた
今年もSSII
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う

コメント