UnityのTransformクラスについて調べてみた

珍しくCG系だけどレンダリングからはちょっと遠い話。

UnityのTransformクラスについて最近知ったこと。

Transformクラス

オブジェクトの位置、回転、スケールを扱うクラス

シーン内のすべてのオブジェクトはTransformを持ちます。 Transformはオブジェクトの位置、回転、スケールを格納し、操作するために使用されます。 全てのTransformは親を持ち、階層的に位置、回転、スケールを適用することが出来ます。これはヒエラルキーウィンドウで階層を見ることが出来ます。

3DCGので空間に配置されるオブジェクトがTransform(変換行列)を持つのは他のアプリケーションでも同じだから大体同じように扱えると思ってたんだけど、オイラがUnityのTransformでちょっと誤解してたことがあった。

このクラスから取得できるオブジェクトのposition(ワールド空間での位置座標)とlocalPosition(ローカル空間での位置座標)の値について公式ドキュメントにはこう説明がある。↓

position: ワールド空間のTransformの位置
localPosition: 親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置


スポンサーリンク


スポンサーリンク


localPositionの「親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置」は、親のTransformオブジェクトのローカル座標軸(X, Y, Z)で表されているものだと思ったけど、普通にワールド座標軸(X, Y, Z)と同じ直交座標で表されてた。
個人的には親のTransformオブジェクトのローカル座標軸で表されていた方が計算する際に都合が良いと思うんだけどなぁ。

で、そんな「ちょっとだけ機能が足りない」みたいな場合、既存のクラスメソッドを拡張できるC#の拡張メソッド(Extensions)機能が便利らしいということを知った。↓
http://qiita.com/shinoyu/items/7dec4bbd0282ae6755e6

これで座標軸を親のTransformオブジェクトのローカル座標軸へ変換してから取得できるメソッドをTransformクラスに追加することができる。
定番の便利機能は大体みんな同じような書き方になるよね。
https://qiita.com/MunenaoMiyata/items/24d0675861744c827668
https://github.com/mminer/unity-extensions

ちょっと調べたら、Translateメソッドではローカルの軸をそのまま使えるのね。↓

Transform.Translate

/translation/ の方向と距離に移動します

/relativeTo/ を設定しない、またはSpace.Selfを設定した場合は、移動はTransformのローカル軸で適用されます。(シーンビュー内でオブジェクトを選択している時に見えているX,Y,Z軸) /relativeTo/ がSpace.Worldの場合、移動はワールド座標を基準に適用されます。


スポンサーリンク

関連記事

ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
スクレイピング
Unityで学ぶC#
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Maya API Reference
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
ゴジラの造形
書籍『ROSプログラミング』
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
MFnDataとMFnAttribute
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
3DCGのモデルを立体化するサービス
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
WordPressのテーマを自作する
プログラムによる景観の自動生成
映像ビジネスの未来
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
3D復元技術の情報リンク集
注文してた本が届いた
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
海外ドラマのChromaKey
Unityからkonashiをコントロールする
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007

コメント