UnityのTransformクラスについて調べてみた

珍しくCG系だけどレンダリングからはちょっと遠い話。

UnityのTransformクラスについて最近知ったこと。

Transformクラス

オブジェクトの位置、回転、スケールを扱うクラス

シーン内のすべてのオブジェクトはTransformを持ちます。 Transformはオブジェクトの位置、回転、スケールを格納し、操作するために使用されます。 全てのTransformは親を持ち、階層的に位置、回転、スケールを適用することが出来ます。これはヒエラルキーウィンドウで階層を見ることが出来ます。

3DCGので空間に配置されるオブジェクトがTransform(変換行列)を持つのは他のアプリケーションでも同じだから大体同じように扱えると思ってたんだけど、オイラがUnityのTransformでちょっと誤解してたことがあった。

このクラスから取得できるオブジェクトのposition(ワールド空間での位置座標)とlocalPosition(ローカル空間での位置座標)の値について公式ドキュメントにはこう説明がある。↓

position: ワールド空間のTransformの位置
localPosition: 親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置


スポンサーリンク


スポンサーリンク


localPositionの「親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置」は、親のTransformオブジェクトのローカル座標軸(X, Y, Z)で表されているものだと思ったけど、普通にワールド座標軸(X, Y, Z)と同じ直交座標で表されてた。
個人的には親のTransformオブジェクトのローカル座標軸で表されていた方が計算する際に都合が良いと思うんだけどなぁ。

で、そんな「ちょっとだけ機能が足りない」みたいな場合、既存のクラスメソッドを拡張できるC#の拡張メソッド(Extensions)機能が便利らしいということを知った。↓
http://qiita.com/shinoyu/items/7dec4bbd0282ae6755e6

これで座標軸を親のTransformオブジェクトのローカル座標軸へ変換してから取得できるメソッドをTransformクラスに追加することができる。
定番の便利機能は大体みんな同じような書き方になるよね。
https://qiita.com/MunenaoMiyata/items/24d0675861744c827668
https://github.com/mminer/unity-extensions

ちょっと調べたら、Translateメソッドではローカルの軸をそのまま使えるのね。↓

Transform.Translate

/translation/ の方向と距離に移動します

/relativeTo/ を設定しない、またはSpace.Selfを設定した場合は、移動はTransformのローカル軸で適用されます。(シーンビュー内でオブジェクトを選択している時に見えているX,Y,Z軸) /relativeTo/ がSpace.Worldの場合、移動はワールド座標を基準に適用されます。


スポンサーリンク

関連記事

自前Shaderの件 解決しました
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Boost オープンソースライブラリ
ラクガキの立体化 モールドの追加
WordPressの表示を高速化する
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
NICOGRAPHって有名?
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
ZBrushで基本となるブラシ
Unityからkonashiをコントロールする
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Arduinoで人感センサーを使う
OpenCV
『ピクサー展』へ行ってきた
Quartus II
Physics Forests:機械学習で流体シミュレーションを近似する
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
クラスの基本
ZBrush 2018へのアップグレード
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
MFnMeshクラスのsplit関数
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Mayaのレンダリング アトリビュート

コメント