UnityのTransformクラスについて調べてみた

珍しくCG系だけどレンダリングからはちょっと遠い話。

UnityのTransformクラスについて最近知ったこと。

Transformクラス

オブジェクトの位置、回転、スケールを扱うクラス

シーン内のすべてのオブジェクトはTransformを持ちます。 Transformはオブジェクトの位置、回転、スケールを格納し、操作するために使用されます。 全てのTransformは親を持ち、階層的に位置、回転、スケールを適用することが出来ます。これはヒエラルキーウィンドウで階層を見ることが出来ます。

3DCGので空間に配置されるオブジェクトがTransform(変換行列)を持つのは他のアプリケーションでも同じだから大体同じように扱えると思ってたんだけど、オイラがUnityのTransformでちょっと誤解してたことがあった。

このクラスから取得できるオブジェクトのposition(ワールド空間での位置座標)とlocalPosition(ローカル空間での位置座標)の値について公式ドキュメントにはこう説明がある。↓

position: ワールド空間のTransformの位置
localPosition: 親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置


スポンサーリンク


スポンサーリンク


localPositionの「親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置」は、親のTransformオブジェクトのローカル座標軸(X, Y, Z)で表されているものだと思ったけど、普通にワールド座標軸(X, Y, Z)と同じ直交座標で表されてた。
個人的には親のTransformオブジェクトのローカル座標軸で表されていた方が計算する際に都合が良いと思うんだけどなぁ。

で、そんな「ちょっとだけ機能が足りない」みたいな場合、既存のクラスメソッドを拡張できるC#の拡張メソッド(Extensions)機能が便利らしいということを知った。↓
http://qiita.com/shinoyu/items/7dec4bbd0282ae6755e6

これで座標軸を親のTransformオブジェクトのローカル座標軸へ変換してから取得できるメソッドをTransformクラスに追加することができる。
定番の便利機能は大体みんな同じような書き方になるよね。
https://qiita.com/MunenaoMiyata/items/24d0675861744c827668
https://github.com/mminer/unity-extensions

ちょっと調べたら、Translateメソッドではローカルの軸をそのまま使えるのね。↓

Transform.Translate

/translation/ の方向と距離に移動します

/relativeTo/ を設定しない、またはSpace.Selfを設定した場合は、移動はTransformのローカル軸で適用されます。(シーンビュー内でオブジェクトを選択している時に見えているX,Y,Z軸) /relativeTo/ がSpace.Worldの場合、移動はワールド座標を基準に適用されます。


スポンサーリンク

関連記事

科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
pythonもかじってみようかと
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
このブログのデザインに飽きてきた
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnityのuGUIチュートリアル
ZBrushCore
ニューラルネットワークで画像分類
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Raytracing Wiki
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
今年もSSII
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Quartus II
Konashiを買った
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
ラクガキの立体化 目標設定
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ZBrush 2018へのアップグレード
ZBrush 2018での作業環境を整える
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

コメント