UnityのTransformクラスについて調べてみた

珍しくCG系だけどレンダリングからはちょっと遠い話。

UnityのTransformクラスについて最近知ったこと。

Transformクラス

オブジェクトの位置、回転、スケールを扱うクラス

シーン内のすべてのオブジェクトはTransformを持ちます。 Transformはオブジェクトの位置、回転、スケールを格納し、操作するために使用されます。 全てのTransformは親を持ち、階層的に位置、回転、スケールを適用することが出来ます。これはヒエラルキーウィンドウで階層を見ることが出来ます。

3DCGので空間に配置されるオブジェクトがTransform(変換行列)を持つのは他のアプリケーションでも同じだから大体同じように扱えると思ってたんだけど、オイラがUnityのTransformでちょっと誤解してたことがあった。

このクラスから取得できるオブジェクトのposition(ワールド空間での位置座標)とlocalPosition(ローカル空間での位置座標)の値について公式ドキュメントにはこう説明がある。↓

position: ワールド空間のTransformの位置
localPosition: 親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置


スポンサーリンク


スポンサーリンク


localPositionの「親のTransformオブジェクトから見た相対的な位置」は、親のTransformオブジェクトのローカル座標軸(X, Y, Z)で表されているものだと思ったけど、普通にワールド座標軸(X, Y, Z)と同じ直交座標で表されてた。
個人的には親のTransformオブジェクトのローカル座標軸で表されていた方が計算する際に都合が良いと思うんだけどなぁ。

で、そんな「ちょっとだけ機能が足りない」みたいな場合、既存のクラスメソッドを拡張できるC#の拡張メソッド(Extensions)機能が便利らしいということを知った。↓
http://qiita.com/shinoyu/items/7dec4bbd0282ae6755e6

これで座標軸を親のTransformオブジェクトのローカル座標軸へ変換してから取得できるメソッドをTransformクラスに追加することができる。
定番の便利機能は大体みんな同じような書き方になるよね。
https://qiita.com/MunenaoMiyata/items/24d0675861744c827668
https://github.com/mminer/unity-extensions

ちょっと調べたら、Translateメソッドではローカルの軸をそのまま使えるのね。↓

Transform.Translate

/translation/ の方向と距離に移動します

/relativeTo/ を設定しない、またはSpace.Selfを設定した場合は、移動はTransformのローカル軸で適用されます。(シーンビュー内でオブジェクトを選択している時に見えているX,Y,Z軸) /relativeTo/ がSpace.Worldの場合、移動はワールド座標を基準に適用されます。


スポンサーリンク

関連記事

WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
生物の骨格
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OANDAのfxTrade API
Raspberry PiでIoTごっこ
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
素敵なパーティクル
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ROSの薄い本
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenCVで動画の手振れ補正
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
マジョーラ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
タマムシっぽい質感
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
ファンの力
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrushでカスタムUIを設定する
UnityでOpenCVを使うには?
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
今年もSSII
ROMOハッカソンに行ってきた
3D復元技術の情報リンク集
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
まだ続くブログの不調
ジュラシック・パークのメイキング
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』

コメント