書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了

1ヶ月ぐらい前の話だけど、書籍データビジュアライゼーションのデザインパターン20」を読み終わった。(薄い上に絵がいっぱいなのでサラッと読み終わります)



この書籍は、データの可視化で有用な20の表現パターンを分類し、その長所・短所をサンプルやメディアで利用された実例と共に解説している。また、この書籍の購入者だけがアクセスできる限定Webページでは、書籍に登場するサンプルをJavaScriptで動的に実装した例を体験することができる。
マウスオーバーやクリックによるインタラクションによって情報を理解していくのはまさに「体験」なのです。


スポンサーリンク


Google Analyticsのダッシュボードなどで見慣れているようなお馴染みの表現方法だけでなく、毛糸玉ダイヤグラムや可逆型バブルチャートなど、初めて知る表現方法も多かった。

本書で紹介される実例は、ニューヨークタイムスなど海外のものばかりだったが、要するに国内の良い事例がまだ無いんだろうな。やっぱり欧米の方が「データジャーナリズム」的な文化が進んでいるようだ。データって、上手く可視化すればそれだけで様々な洞察をめぐらせることがができたりする。

こういう知見って、ビジュアルデザイン的な素養はもちろん必要だけど、それに加えて仕組みを構築する実装力が無いとなかなか活用できない。つまりプログラミングスキル的なもの。毎回手作業で図を作っているようじゃだめで、データを流し込めば毎回同じルールで図が描画されるような仕組みを作れる人でないとこの分野のデザイナーにはなれなさそうだ。

最後の章の「データビジュアライズの歴史」ってのもなかなか面白かった。
あらゆることがデータ化されていく時代、「データを一目で明快に表現する」という手段の重要さは今後ますます高まっていくんじゃないかと個人的には思う。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
3DCG Meetup #4に行ってきた
ミニ四駆で電子工作
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
エニアグラム
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
2018年 観に行った映画振り返り
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
FFS理論
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
実写版『進撃の巨人』の後篇を観た(ネタバレあり)
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
すてる英語学習本『ずるいえいご』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
UnityでLight Shaftを表現する
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
映画『シン・ウルトラマン』を観た! (ネタバレ有り)
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
2016年 観に行った映画振り返り
映画『キングコング: 髑髏島の巨神』を観た
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
書籍『コンテンツの秘密』読了
映画『メッセージ』を観た
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
透明標本
Unite 2014の動画
2017年 観に行った映画振り返り
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
TorchStudio:PyTorchのための統合開発環境とエコシステム

コメント