書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了

1ヶ月ぐらい前の話だけど、書籍データビジュアライゼーションのデザインパターン20」を読み終わった。(薄い上に絵がいっぱいなのでサラッと読み終わります)



この書籍は、データの可視化で有用な20の表現パターンを分類し、その長所・短所をサンプルやメディアで利用された実例と共に解説している。また、この書籍の購入者だけがアクセスできる限定Webページでは、書籍に登場するサンプルをJavaScriptで動的に実装した例を体験することができる。
マウスオーバーやクリックによるインタラクションによって情報を理解していくのはまさに「体験」なのです。


スポンサーリンク


Google Analyticsのダッシュボードなどで見慣れているようなお馴染みの表現方法だけでなく、毛糸玉ダイヤグラムや可逆型バブルチャートなど、初めて知る表現方法も多かった。

本書で紹介される実例は、ニューヨークタイムスなど海外のものばかりだったが、要するに国内の良い事例がまだ無いんだろうな。やっぱり欧米の方が「データジャーナリズム」的な文化が進んでいるようだ。データって、上手く可視化すればそれだけで様々な洞察をめぐらせることがができたりする。

こういう知見って、ビジュアルデザイン的な素養はもちろん必要だけど、それに加えて仕組みを構築する実装力が無いとなかなか活用できない。つまりプログラミングスキル的なもの。毎回手作業で図を作っているようじゃだめで、データを流し込めば毎回同じルールで図が描画されるような仕組みを作れる人でないとこの分野のデザイナーにはなれなさそうだ。

最後の章の「データビジュアライズの歴史」ってのもなかなか面白かった。
あらゆることがデータ化されていく時代、「データを一目で明快に表現する」という手段の重要さは今後ますます高まっていくんじゃないかと個人的には思う。


スポンサーリンク

関連記事

Managing Software Requirements: A Unified Approach
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
インターフェイスは世界を規定する
自分を育てる技術
ミニ四駆で電子工作
映画『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』を観た (ネタバレ無し)
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
変形ロボットのデザイン
映画『オデッセイ』を観てきた
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
リニアアクチュエータ
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
2018年に購入したiPad Proのその後
映画『メッセージ』を観た
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
konashiのサンプルコードを動かしてみた
ZBrush キャラクター&クリーチャー
読書は趣味か?
モバイルに最適なBluetoothワイヤレスマウス 『CAPCLIP』
ディズニー映画『ズートピア』を観た
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観た (ネタバレ無し)
Raspberry Pi 2を買いました
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
タイミングとクオリティ
UnityでLight Shaftを表現する
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』をMX4Dで観てきた (ネタバレ無し)
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
東京オリンピックと案内表示
UnityのuGUIチュートリアル
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
映画『ピーターラビット』を観た
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観た (ネタバレ無し)

コメント