SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』

発売された当初から知ってはいたけど、あんまり積極的に調べようとしていなかったIntel Edison。(お値段的な話もある)
こちらもRaspberry Piと同じように、Linuxが走る小さなPCなのである。そして、何といってもSDカード並みの超小型サイズなのが魅力。ここ最近、ちょっとずつ物欲に駆られて調べ始めているのです。

Intel Edison

まあ、普通はEdison単体ではなくて、他の拡張ボードと合わせて使うんだけど。Breakout Boardとセットのキットがスタンダードのようだね。

Intel Edison Breakout Board Kit Edison本体+Breakout基板

そろそろ、個別のマイコンのお作法を覚えるよりも、単純にLinuxの扱いに慣れ親しんでおいた方が良いのかもね。デバイスがリッチになるほど、基本がLinux化していくイメージ。


スポンサーリンク


Pythonと、お馴染みOpenCVも使えるので、Webカメラをつなげば、カメラ画像に対して顔検出を行うこともできる。

Edisonで顔認識

OpenCVは,opkgにパッケージがあります.
# opkg install opencv python-opencv

こちらの動画を見た限りだと、そこそこの応答性能で動かせそうな感じ。↓


スポンサーリンク

ちょっと調べたら、小型の拡張ボードシリーズSparkFun Block for Intel® Edisonが発売されているので、割と小さいサイズを保ったままで拡張可能だ。

SparkFun Block for Intel® Edison



PWMやGPIO、バッテリーをちょっと試してみたいな。どれもスイッチサイエンスで買える。

Intel Edison Block - PWM

Intel Edison Block - GPIO

Intel Edison Block - Battery


スポンサーリンク

関連記事

Unreal Engineの薄い本
OpenGVのライブラリ構成
Python2とPython3
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Perfumeのライブパフォーマンスのビジュアル
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
海外ドラマのChromaKey
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
ブログのデザイン変えました
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
adskShaderSDK
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
MeshroomでPhotogrammetry
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
まだ続くブログの不調
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCVで動画の手ぶれ補正
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
SVM (Support Vector Machine)
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
WinSCP
このブログのデザインに飽きてきた
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
html5のcanvasの可能性
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
CGのためのディープラーニング
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
UnityでARKit2.0
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
今年もSSII
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする

コメント