SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』

発売された当初から知ってはいたけど、あんまり積極的に調べようとしていなかったIntel Edison。(お値段的な話もある)
こちらもRaspberry Piと同じように、Linuxが走る小さなPCなのである。そして、何といってもSDカード並みの超小型サイズなのが魅力。ここ最近、ちょっとずつ物欲に駆られて調べ始めているのです。

Intel Edison

まあ、普通はEdison単体ではなくて、他の拡張ボードと合わせて使うんだけど。Breakout Boardとセットのキットがスタンダードのようだね。

Intel Edison Breakout Board Kit Edison本体+Breakout基板

そろそろ、個別のマイコンのお作法を覚えるよりも、単純にLinuxの扱いに慣れ親しんでおいた方が良いのかもね。デバイスがリッチになるほど、基本がLinux化していくイメージ。


スポンサーリンク


Pythonと、お馴染みOpenCVも使えるので、Webカメラをつなげば、カメラ画像に対して顔検出を行うこともできる。

Edisonで顔認識

OpenCVは,opkgにパッケージがあります.
# opkg install opencv python-opencv

こちらの動画を見た限りだと、そこそこの応答性能で動かせそうな感じ。↓

Face Detection using OpenCV on an Intel Edison

ちょっと調べたら、小型の拡張ボードシリーズSparkFun Block for Intel® Edisonが発売されているので、割と小さいサイズを保ったままで拡張可能だ。


スポンサーリンク

SparkFun Block for Intel® Edison

Intel Edison and SparkFun Blocks

PWMやGPIO、バッテリーをちょっと試してみたいな。どれもスイッチサイエンスで買える。

Intel Edison Block - PWM

Intel Edison Block - GPIO

Intel Edison Block - Battery


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
オープンソースの取引プラットフォーム
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
UnityでARKit2.0
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
HD画質の無駄遣い
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCVで動画の手振れ補正
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
続・ディープラーニングの資料
シフトカーを改造してラジコン化する人達
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
プログラマブルなドローン『Phenox』
PCA (主成分分析)
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
WordPress on Windows Azure
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
UnityのAR FoundationでARKit 3
Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
スクレイピング
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Model View Controller
Google App Engineのデプロイ失敗
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』

コメント