SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』

発売された当初から知ってはいたけど、あんまり積極的に調べようとしていなかったIntel Edison。(お値段的な話もある)
こちらもRaspberry Piと同じように、Linuxが走る小さなPCなのである。そして、何といってもSDカード並みの超小型サイズなのが魅力。ここ最近、ちょっとずつ物欲に駆られて調べ始めているのです。

Intel Edison

まあ、普通はEdison単体ではなくて、他の拡張ボードと合わせて使うんだけど。Breakout Boardとセットのキットがスタンダードのようだね。

Intel Edison Breakout Board Kit Edison本体+Breakout基板

そろそろ、個別のマイコンのお作法を覚えるよりも、単純にLinuxの扱いに慣れ親しんでおいた方が良いのかもね。デバイスがリッチになるほど、基本がLinux化していくイメージ。


スポンサーリンク


Pythonと、お馴染みOpenCVも使えるので、Webカメラをつなげば、カメラ画像に対して顔検出を行うこともできる。

Edisonで顔認識

OpenCVは,opkgにパッケージがあります.
# opkg install opencv python-opencv

こちらの動画を見た限りだと、そこそこの応答性能で動かせそうな感じ。↓

Face Detection using OpenCV on an Intel Edison

ちょっと調べたら、小型の拡張ボードシリーズSparkFun Block for Intel® Edisonが発売されているので、割と小さいサイズを保ったままで拡張可能だ。


スポンサーリンク

SparkFun Block for Intel® Edison

Intel Edison and SparkFun Blocks

PWMやGPIO、バッテリーをちょっと試してみたいな。どれもスイッチサイエンスで買える。

Intel Edison Block - PWM

Intel Edison Block - GPIO

Intel Edison Block - Battery


スポンサーリンク

関連記事

光学式マウスのセンサーを応用すると…
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ZScript
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
Iterator
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
プログラミングスキルとは何か?
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
OpenCVで動画の手ぶれ補正
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
リニアアクチュエータ
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Boost オープンソースライブラリ
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Photogrammetry (写真測量法)
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
服飾デザインツール『CLO』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Unite 2014の動画
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ブログが1日ダウンしてました
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
Verilog HDL
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来

コメント