ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来

ここ最近、ヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の勢いがすごい。行く先々でOculus Riftを使ったデモコーナーがある気がする。
一昔前なら相当大がかりな装置が必要だった仮想現実空間への没入体験も、数万円でデバイスが購入できて、UnityやUnreal Engineのおかげでコンテンツも個人レベルで制作可能になった。

2009年のこのTEDトークを見ると、不思議な気分になる。↓

ジョアン・クチェラ‐モーリン:アロスフィアの旅

ジョアン・クチェラ‐モーリンが、科学的なデータを見て、解釈するための全く新しい方法を紹介します。フルカラーとサラウンドサウンドを使用した、巨大な金属球内部にある「アロスフィア」です。脳内に飛び込み、電子スピンを感じ、分子の音楽に耳を傾けてみてください…



6年前はこんなに大掛かりな装置を使ってやっと「情報の中に入る」というインターフェイスを成立させていたわけね。こういう研究で培われた情報提示の方法論が、どんどん一般へ広がって行きそうな気がする。


スポンサーリンク


ディズニーがアトラクション開発に利用しているVR空間「DISH」も、いずれOculus Riftみたいなヘッドマウントディスプレイに置き換わっていきそう。建造前に完成形をシミュレーションして意思決定するプロセスはこれからどんどん加速しそうだな。


スポンサーリンク

ディズニー、王国を支える「最新兵器」とは?

ところで、調べてみたらディズニーグループの中に、アトラクション開発系の専門会社「Walt Disney Imagineering」っていうのがあるのね。

ディズニーの夢と魔法を実現する技術集団「イマジニア」が凄い!



イマジニアってのはイマジネーション(Imagination)エンジニア(Engineer)を組み合わせたディズニーの造語らしい。
オーディオアニマトロニクスとか作っちゃう人達はイマジニアか。

身体の大きな動きは機械仕掛けで、顔の表情は映像を投影するって、すごいハイブリッドな仕組みだな。↓



アニマトロニクスも進化してるんだなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ラクガキの立体化 反省
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
リニアアクチュエータ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
OpenMayaRender
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
2020年12月 振り返り
ポリ男をリファイン
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrush 2018での作業環境を整える
画像生成AI Stable Diffusionで遊ぶ
TVML (TV program Making language)
すてる英語学習本『ずるいえいご』
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
iPhone欲しいなぁ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
PolyPaint
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ポリ男からMetaHumanを作る
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ジュラシック・パークのメイキング
日本でMakersは普及するだろうか?
2020年4月 振り返り
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
機械から情報の時代へ
文章を書く時の相手との距離感
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
タイミングとクオリティ
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
2021年1月 振り返り
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Konashiを買った
重いコンテンツとゆるいコンテンツ

コメント