3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』

Intel Visual Computing Labが中心に開発しているらしい、まだ新しい3Dデータ処理ライブラリ。MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

Open3D

Introducing Open3D

Open3Dは、3Dデータを扱うソフトウェアの開発をサポートするオープンソースライブラリです。Open3DはC++とPythonのフロントエンドを提供し、厳選されたデータ構造とアルゴリズムをどちらの環境でも利用できます。バックエンドは高度に最適化されており、並列処理に対応しています。

Open3Dは、依存関係を最小限に抑えられるよう考慮してゼロから開発されました。そのため、異なるプラットフォームでも最小限の労力でソースコードからコンパイル、環境構築できます。ソースコードは一貫したスタイルで整理されており、明確なコードレビューの仕組みによってメンテナンスされています。

Open3Dはすでに発表されている多くの研究プロジェクトで使用されており、クラウド上で積極的にデプロイされています。Open3Dプロジェクトでは、オープンソースコミュニティからの貢献を歓迎しています。


スポンサーリンク

主な機能

  • 基本的な3Dデータ構造
  • 基本的な3Dデータ処理アルゴリズム
  • シーンの再構築(Scene reconstruction)
  • サーフェイスの整列(Surface alignment)
  • 3Dビジュアリゼーション
  • Pythonバインディング

対応するコンパイラ

  • Linux:GCC 4.8以降
  • OS X:XCode 8.0以降
  • Windows:Visual Studio 2015以降

ソースコードはこちら↓
https://github.com/IntelVCL/Open3D

公式ドキュメントはこちら↓
特に各環境でのソースコードのビルド方法はGetting Startedから。
http://www.open3d.org/docs/index.html

SSII 2018のチュートリアルセッションで紹介されていたんですね。


スポンサーリンク

チュートリアルのサンプルコード↓
https://github.com/sakizuki/SSII2018_Tutorial_Open3D

いわゆるポリゴンMeshや、画像・点群も扱えるようなので、CGにもコンピュータービジョンにも利用できそう。
Tutorialの一覧をざっと眺めた限り、2D→3Dは対象としておらず、扱う画像はRGBDのような3Dデータのようだ。

最近は、3D点群データを扱うのに以前ほどPoint Cloud Libraryが使われなくなっているんだろうか。まあ、Point Cloud Libraryは巨大な依存関係の塊みたいな存在ではあったけど。

ここ最近のコンピュータービジョン、特に機械学習界隈はPython環境がデファクトスタンダードになっている節もあり、C++ゴリゴリのライブラリよりもPythonバインディングの充実が重要なのかも。

少しずつ日本語の情報も増えてきている。
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/24/200635
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/25/121024
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/25/200510

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2018/03/12/073000

http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/Open3D/

https://qiita.com/n_chiba_/items/fc9605cde5c19a8c7dad

ただ、用途を突き詰めていくとある程度の段階でこんな感じでゲームエンジンに統合されて行くんではないかという気もする。↓



スポンサーリンク

関連記事

Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Google Chromecast
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
CreativeCOW.net
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
OpenGVの用語
ZScript
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
オープンソースの取引プラットフォーム
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ブログのデザイン変えました
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ポイントクラウドコンソーシアム
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
Maya LTのQuick Rigを試す
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
この本読むよ
Google App Engineのデプロイ失敗
iPhoneで3D写真が撮れるアプリ『seene』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
今年もSSII
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
マジョーラ

コメント