Open3D:3Dデータ処理ライブラリ

Intel Visual Computing Labが中心に開発しているらしい、まだ新しい3Dデータ処理ライブラリ。MITライセンスなので、ライセンスと著作権を表示すれば商用利用も可能。

Open3D

Introducing Open3D

Open3Dは、3Dデータを扱うソフトウェアの開発をサポートするオープンソースライブラリです。Open3DはC++とPythonのフロントエンドを提供し、厳選されたデータ構造とアルゴリズムをどちらの環境でも利用できます。バックエンドは高度に最適化されており、並列処理に対応しています。

Open3Dは、依存関係を最小限に抑えられるよう考慮してゼロから開発されました。そのため、異なるプラットフォームでも最小限の労力でソースコードからコンパイル、環境構築できます。ソースコードは一貫したスタイルで整理されており、明確なコードレビューの仕組みによってメンテナンスされています。

Open3Dはすでに発表されている多くの研究プロジェクトで使用されており、クラウド上で積極的にデプロイされています。Open3Dプロジェクトでは、オープンソースコミュニティからの貢献を歓迎しています。


スポンサーリンク

主な機能

  • 基本的な3Dデータ構造
  • 基本的な3Dデータ処理アルゴリズム
  • シーンの再構築(Scene reconstruction)
  • サーフェイスの整列(Surface alignment)
  • 3Dビジュアリゼーション
  • Pythonバインディング

対応するコンパイラ

  • Linux:GCC 4.8以降
  • OS X:XCode 8.0以降
  • Windows:Visual Studio 2015以降

ソースコードはこちら↓
https://github.com/IntelVCL/Open3D

公式ドキュメントはこちら↓
http://www.open3d.org/docs/index.html

特に各環境でのソースコードのビルド方法はGetting Startedから。

SSII 2018のチュートリアルセッションで紹介されていたんですね↓


スポンサーリンク

チュートリアルのサンプルコード↓
https://github.com/sakizuki/SSII2018_Tutorial_Open3D

いわゆるポリゴンMeshや、画像・点群も扱えるようなので、CGにもコンピュータービジョンにも利用できそう。
Tutorialの一覧をざっと眺めた限り、2D→3Dは対象としておらず、扱う画像はRGBDのような3Dデータのようだ。

最近は、3D点群データを扱うのに以前ほどPoint Cloud Libraryが使われなくなっているんだろうか。Point Cloud Libraryは依存関係の塊でビルドのハードルが高かったけど。

ここ最近のコンピュータービジョン、特に機械学習界隈はPython環境がデファクトスタンダードになっている節もあり、C++ゴリゴリのライブラリよりもPythonバインディングの充実が重要なのかも。

2020年5月 追記:ついにバージョン0.10.0まで来ましたね。

Open3D 0.10.0 release: New Visualizer app, GUI module, PBR rendering and Tensor library

少しずつ日本語の情報も増えてきている。
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/24/200635
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/25/121024
http://robonchu.hatenablog.com/entry/2018/02/25/200510

https://karaage.hatenadiary.jp/entry/2018/03/12/073000

http://lang.sist.chukyo-u.ac.jp/classes/Open3D/

https://qiita.com/n_chiba_/items/fc9605cde5c19a8c7dad

公式YouTubeチャンネルもだいぶ充実してきた↓
https://www.youtube.com/channel/UCRJBlASPfPBtPXJSPffJV-w/

ただ、用途を突き詰めていくとある程度の段階でこんな感じでゲームエンジンに統合されて行くんではないかという気もする。↓



スポンサーリンク

関連記事

ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushの練習 手のモデリング
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenMayaのPhongShaderクラス
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
Unreal Engineの薄い本
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
WordPressのテーマを自作する
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Model View Controller
3DCGのモデルを立体化するサービス
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
色んな三面図があるサイト
UnityでOpenCVを使うには?
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
clearcoat Shader
ZBrush 2018での作業環境を整える
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
定数
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ブログが1日ダウンしてました
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Konashiを買った
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

コメント