PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

以前、C++でLocatorノードやShaderノードを作ったことはあったけど、C++はビルドの依存関係が結構面倒。もっと手軽に作りたくて、最近はPythonで書く方法を調べてる。
プラグイン開発の大枠はすでに理解してるんで、まあ、できるだろうと。書籍Maya Python 完全リファレンスも出てるし。

とりあえずロケーター作成の記事を見てみたら、やっぱり全体像はC++と同じみたい。
https://dftalk.jp/?p=3175

そんで、MayaのPython APIはバージョン1.0と2.0があることを知った。2.0はMaya 2012から使えるようになったらしい。
大きな違いはOpenMaya周りっぽい。→Maya Python API 2.0 Reference


スポンサーリンク


今回はShapeノードを作ってみたいんだけど、公開されているサンプルコードはAPI 1.0で書かれていたので、それに倣って今回はAPI 1.0で作ることにする。
ShapeノードのPythonサンプルコードは以下2つ。(C++のリファレンスに混じってて見つけにくい)

さて、試しにこれらのサンプルをロードしてみると、一応Shapeノードとしてロードされるが、compute関数が空なので、ジオメトリはビューポート上に表示されるだけでレンダラには渡されない。つまり、Locatorと大差ないってこと。
全てのMayaノードはcompute関数を心臓部としていて、ここでoutputとなる情報を生成して出力のプラグに繋いでやる必要がある。Shaderの場合は、この出力がレンダラに渡す色になるわけ。
ということで、ちゃんとShapeノードとして機能させるには、ジオメトリのoutputアトリビュートを作ってcompute関数で値を生成してやる必要がある。
ここで参考になるのはC++の方のShapeノードのサンプル。apiMeshShape/~で始まるサンプルコードね。


スポンサーリンク

結局C++を読む羽目になってるけど気にしない。
今日はここまで。

ところで、この手の書籍って何でノードよりもコマンドプラグインの解説が充実してるんだろう。

Maya Python 完全リファレンス (Maya Python for Games and Film)


スポンサーリンク

関連記事

Ambient Occlusionを解析的に求める
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
機械学習で遊ぶ
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Maya 2015から標準搭載されたMILA
まだ続くブログの不調
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
続・ディープラーニングの資料
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
フルCGのウルトラマン!?
BlenderのRigifyでリギング
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
シン・ゴジラのファンアート
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushの練習 手のモデリング
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
クラスの基本
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
立体視を試してみた
Mayaのシェーディングノードの区分
このブログのデザインに飽きてきた
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト

コメント