PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る

以前、C++でLocatorノードやShaderノードを作ったことはあったけど、C++はビルドの依存関係が結構面倒。もっと手軽に作りたくて、最近はPythonで書く方法を調べてる。
プラグイン開発の大枠はすでに理解してるんで、まあ、できるだろうと。書籍Maya Python 完全リファレンスも出てるし。

とりあえずロケーター作成の記事を見てみたら、やっぱり全体像はC++と同じみたい。
https://dftalk.jp/?p=3175

そんで、MayaのPython APIはバージョン1.0と2.0があることを知った。2.0はMaya 2012から使えるようになったらしい。
大きな違いはOpenMaya周りっぽい。→Maya Python API 2.0 Reference


スポンサーリンク


今回はShapeノードを作ってみたいんだけど、公開されているサンプルコードはAPI 1.0で書かれていたので、それに倣って今回はAPI 1.0で作ることにする。
ShapeノードのPythonサンプルコードは以下2つ。(C++のリファレンスに混じってて見つけにくい)

さて、試しにこれらのサンプルをロードしてみると、一応Shapeノードとしてロードされるが、compute関数が空なので、ジオメトリはビューポート上に表示されるだけでレンダラには渡されない。つまり、Locatorと大差ないってこと。
全てのMayaノードはcompute関数を心臓部としていて、ここでoutputとなる情報を生成して出力のプラグに繋いでやる必要がある。Shaderの場合は、この出力がレンダラに渡す色になるわけ。
ということで、ちゃんとShapeノードとして機能させるには、ジオメトリのoutputアトリビュートを作ってcompute関数で値を生成してやる必要がある。
ここで参考になるのはC++の方のShapeノードのサンプル。apiMeshShape/~で始まるサンプルコードね。


スポンサーリンク

結局C++を読む羽目になってるけど気にしない。
今日はここまで。

ところで、この手の書籍って何でノードよりもコマンドプラグインの解説が充実してるんだろう。

Maya Python 完全リファレンス (Maya Python for Games and Film)


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ラクガキの立体化
Unityの薄い本
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Mayaのレンダリング アトリビュート
BGSLibrary:OpenCVベースの背景差分ライブラリ
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ジュラシック・パークのメイキング
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ファンの力
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
3Dグラフィックスの入門書
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
ZBrush 2018へのアップグレード
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unityからkonashiをコントロールする
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
OpenCV
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Blenderでよく使うaddon
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
シン・ゴジラのファンアート
Adobe Photoshop CS5の新機能
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト

コメント