Unityで学ぶC#

実は、Unity以外ではC#をあまり書かないので、オイラはC#の言語仕様についてあまり詳しくないのです。Unityで使う以外でC#の言語仕様について知る機会が無いオイラのような人、案外いるんじゃなかろうか。
オイラは初めて学んだプログラミング言語がJavaだったので、Unity開発の際はJavaのような感覚でC#コーディングしていた。

その後、Unityの勉強会でラムダ式とかLinqとか言われて知らないことが沢山あることに気づいたのでした。
今更ながら、Unityの知識を使ってC#の言語仕様の特徴について学べる良い資料を見つけた。↓



こちらの資料は少し古いけど、C#の基本的な内容なので、すぐに廃れるような情報ではない。学ぶというほど詳細に突っ込んでいるわけでもないけど。


スポンサーリンク


UnityのC#環境も.NET4.6, C#6へ対応が進んでいる。(今はまだEditorだけ)
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2016/10/05/221135

今まではMono固有の仕様を意識して書かなきゃいけなかったUnityプログラミングも、普通のC#, .NETと変わらない環境になれば、知識の転用の幅が広がるし、学習コストも下がるね。



ここ最近は、オブジェクト指向言語の恩恵を受けるほど長期的に付き合うコードを全然書いていないのだけど、学生の頃にオブジェクト指向というものに触れておいて良かったと思うことも結構ある。
自分の頭の中にもともと全く存在していなかった考え方を習得するには長い時間が必要だから。

UnityではじめるC# 基礎編


スポンサーリンク

関連記事

ブログの復旧が難航してた話
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Unreal Engineの薄い本
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Raspberry Pi 2を買いました
Quartus II
Unityをレンダラとして活用する
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Raspberry Pi
OpenCV バージョン4がリリースされた!
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
プログラミングスキルについて考える
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
C++の抽象クラス
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
タマムシっぽい質感
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Photogrammetry (写真測量法)
Konashiを買った
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ROMOハッカソンに行ってきた
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む

コメント