Unityで学ぶC#

実は、Unity以外ではC#をあまり書かないので、オイラはC#の言語仕様についてあまり詳しくないのです。Unityで使う以外でC#の言語仕様について知る機会が無いオイラのような人、案外いるんじゃなかろうか。
オイラは初めて学んだプログラミング言語がJavaだったので、Unity開発の際はJavaのような感覚でC#コーディングしていた。

その後、Unityの勉強会でラムダ式とかLinqとか言われて知らないことが沢山あることに気づいたのでした。
今更ながら、Unityの知識を使ってC#の言語仕様の特徴について学べる良い資料を見つけた。↓



こちらの資料は少し古いけど、C#の基本的な内容なので、すぐに廃れるような情報ではない。学ぶというほど詳細に突っ込んでいるわけでもないけど。


スポンサーリンク


UnityのC#環境も.NET4.6, C#6へ対応が進んでいる。(今はまだEditorだけ)
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2016/10/05/221135

今まではMono固有の仕様を意識して書かなきゃいけなかったUnityプログラミングも、普通のC#, .NETと変わらない環境になれば、知識の転用の幅が広がるし、学習コストも下がるね。



ここ最近は、オブジェクト指向言語の恩恵を受けるほど長期的に付き合うコードを全然書いていないのだけど、学生の頃にオブジェクト指向というものに触れておいて良かったと思うことも結構ある。
自分の頭の中にもともと全く存在していなかった考え方を習得するには長い時間が必要だから。

UnityではじめるC# 基礎編


スポンサーリンク

関連記事

プログラミングスキルとは何か
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
マルコフ連鎖モンテカルロ法
今年もSSII
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
Mean Stack開発の最初の一歩
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
WebGL開発に関する情報が充実してきている
クラスの基本
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
UnityのAR FoundationでARKit 3
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Google Chromecast
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPressプラグインの作り方
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Amazon Web ServicesでWordPress
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Google App Engineのデプロイ失敗
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』

コメント