Unityで学ぶC#

実は、Unity以外ではC#をあまり書かないので、オイラはC#の言語仕様についてあまり詳しくないのです。Unityで使う以外でC#の言語仕様について知る機会が無いオイラのような人、案外いるんじゃなかろうか。
オイラは初めて学んだプログラミング言語がJavaだったので、Unity開発の際はJavaのような感覚でC#コーディングしていた。

その後、Unityの勉強会でラムダ式とかLinqとか言われて知らないことが沢山あることに気づいたのでした。
今更ながら、Unityの知識を使ってC#の言語仕様の特徴について学べる良い資料を見つけた。↓



こちらの資料は少し古いけど、C#の基本的な内容なので、すぐに廃れるような情報ではない。学ぶというほど詳細に突っ込んでいるわけでもないけど。


スポンサーリンク


UnityのC#環境も.NET4.6, C#6へ対応が進んでいる。(今はまだEditorだけ)
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2016/10/05/221135

今まではMono固有の仕様を意識して書かなきゃいけなかったUnityプログラミングも、普通のC#, .NETと変わらない環境になれば、知識の転用の幅が広がるし、学習コストも下がるね。



ここ最近は、オブジェクト指向言語の恩恵を受けるほど長期的に付き合うコードを全然書いていないのだけど、学生の頃にオブジェクト指向というものに触れておいて良かったと思うことも結構ある。
自分の頭の中にもともと全く存在していなかった考え方を習得するには長い時間が必要だから。

UnityではじめるC# 基礎編


スポンサーリンク

関連記事

Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ブログのデザイン変えました
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
UnityのAR FoundationでARKit 3
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
3D復元技術の情報リンク集
ドットインストールのWordPress入門レッスン
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
書籍『ROSプログラミング』
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Unreal Engineの薄い本
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
UnityのTransformクラスについて調べてみた
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
WordPress on Windows Azure
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
konashiのサンプルコードを動かしてみた
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
このブログのデザインに飽きてきた
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
クラスの基本

コメント