海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4

前回に引き続き、また似たような作業です(笑)



もう吹く箇所もだいぶ限定的になってきた。エアブラシで塗るのはたぶん今回が最後。
今回はハイライト色としてMr.カラー ダックエッググリーンを吹く。

Mr.カラー C26 ダックエッググリーン

ほのかにグリーン系ですが、ほとんど白のような扱いで、爪、や背びれの先の色として使います。


スポンサーリンク


だいぶ背びれからはみ出して、背中から尻尾にかけて随分明るくなっちゃいましたが。。。

背びれの先端を部分を中心に吹いた

背びれ、爪だけでなく、眉のあたりにも軽く吹いた。そして、距離を離して肩から腕にかけて、胸、太もも、膝にもほんのりと吹いた。

眉や爪にも吹いた

やっと爪と皮膚の違いが出てきた感じ。キンゴジに限らず、昭和のゴジラの着ぐるみは、爪と皮膚の境目はそれほど生物感を強調せず、なんとなく境目がぼやけているぐらいの方が雰囲気が出る気がする。

足の爪がだいぶ爪っぽくなった

ゴジラの塗装にここまでエアブラシを活用したのは初めてだったんだけど、さすがにここから先は筆塗りメインじゃないと厳しいな。次はエアブラシでは(スキル不足で)上手く塗れなかった細かい部分を筆でレタッチしよう。
ドライブラシするとしたら、もう一段明るい色でハイライトを作っても良いかも。細かい影が上手く落ちていないので、墨入れとかもした方が良いかもね。

追記:制作記事まとめページ作りました↓

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


スポンサーリンク

関連記事

9月15日(木)に全国26劇場で『シン・ゴジラ』一斉発声可能上映の開催決定!
シフトカーを改造する人達
黒歴史
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
シフトカーの改造
シン・ゴジラ第四形態の造形
3DCGのモデルを立体化するサービス
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』を観た (ネタバレ無し)
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
模型制作の環境を考える
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
まだまだ積んでるキット達
ウルトラ×ライダー
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
恐竜造形の指南書
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
怪獣ガレージキット
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
2017年 観に行った映画振り返り
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
『シン・ゴジラ』観ました (ネタバレ無し)
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活

コメント