海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4

前回に引き続き、また似たような作業です(笑)



もう吹く箇所もだいぶ限定的になってきた。エアブラシで塗るのはたぶん今回が最後。
今回はハイライト色としてMr.カラー ダックエッググリーンを吹く。

Mr.カラー C26 ダックエッググリーン

ほのかにグリーン系ですが、ほとんど白のような扱いで、爪、や背びれの先の色として使います。


スポンサーリンク


だいぶ背びれからはみ出して、背中から尻尾にかけて随分明るくなっちゃいましたが。。。

背びれの先端を部分を中心に吹いた

背びれ、爪だけでなく、眉のあたりにも軽く吹いた。そして、距離を離して肩から腕にかけて、胸、太もも、膝にもほんのりと吹いた。

眉や爪にも吹いた

やっと爪と皮膚の違いが出てきた感じ。キンゴジに限らず、昭和のゴジラの着ぐるみは、爪と皮膚の境目はそれほど生物感を強調せず、なんとなく境目がぼやけているぐらいの方が雰囲気が出る気がする。

足の爪がだいぶ爪っぽくなった

ゴジラの塗装にここまでエアブラシを活用したのは初めてだったんだけど、さすがにここから先は筆塗りメインじゃないと厳しいな。次はエアブラシでは(スキル不足で)上手く塗れなかった細かい部分を筆でレタッチしよう。
ドライブラシするとしたら、もう一段明るい色でハイライトを作っても良いかも。細かい影が上手く落ちていないので、墨入れとかもした方が良いかもね。

追記:制作記事まとめページ作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


スポンサーリンク

関連記事

ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
マジョーラ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
3D映画のポストプロダクション 2D-3D変換
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
ワンダーフェスティバル2016[夏]に行ってきた
夕刊ゴジラ
『大ゴジラ特撮王国』を見てきた
仮面ライダーの玩具
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
GODZILLA(2014)のBlu-Rayは2015年2月25日発売
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
ゴジラ・フェス 2018
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
恐竜骨格のプラモデル
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
シン・ゴジラのDVD&Blu-ray発売
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 マスキング・シルバー塗装
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
まだまだ続く空想科学読本
プラモデルのパチ組み
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム ツインアイのクリアーパーツ化
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装

コメント