海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3

どんどん明るい色へ。



今回はMr.カラーのRLM02グレーを吹く。

Mr.カラー C60 RLM02グレー

地味な色のバリエーションがどんどん増えていく。。。
調色で作っても良いんだけど、失敗・塗り直しのリスクを考えると、販売されているバリエーションに頼ってしまう。


スポンサーリンク


眉、背びれ、手足の爪、胸、膝にはエアブラシを近距離でエアの割合多めで吹き付ける。細吹きで、少しずつ色を乗せていきます。
そして、明るくなりそうな箇所にはエアブラシの距離を離してサッと吹き付け、ほんのりと全体の明度を上げる。(全体的に白っぽい昭和感を出すため)

前回との違い分かる?

これ、前回との違い分かりますか?(笑)

明るくなった?

何度も似たような作業を繰り返して、ようやくエアブラシの扱いを掴んできた気がする。グラデーション塗装の時は、空気の量に対して塗料の量を少なめで吹き付ける感じで良いんですね。

ところで、最近ちょっと気になってきてるんだけど、組み立てと塗装の段取りとして、背びれは塗装後に接着した方がやりやすいのかな?

他の方の組み立て・塗装の手順を見ていると、個々のパーツ単位で塗装して、最後に組み上げてる人も結構いるんだよな。確かに、全部接着した後だとどうしても上手く塗れない箇所とか出てくるし。

オイラの今までのやり方だと、パーツの合わせ目のズレを接着・パテ埋めで処理してるけど、この工程をちょっと見直してみた方が良いのかもな。アゴ接着後の二度手間感もずっと気になってるし。

追記:制作記事まとめページ作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


スポンサーリンク

関連記事

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
GMKゴジラのドライブラシ
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
夕刊ゴジラ
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版 公開
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
映画『Godzilla: King of the Monsters』の予告編が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
ゴジラの口の色
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』気泡の処理 その1
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ウルトラ×ライダー
トレジャーフェスタ・オンライン
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
GMKゴジラの口の塗装
『特撮のDNA』を見てきた
恐竜造形の指南書
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
仮面ライダーの玩具
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
ロボットクリエーター
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
Zウィングマグナム
GODZILLAの映画PR用等身大フィギュアのメイキング記事
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
GMKゴジラ完成!

コメント