海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3

どんどん明るい色へ。



今回はMr.カラーのRLM02グレーを吹く。

Mr.カラー C60 RLM02グレー

地味な色のバリエーションがどんどん増えていく。。。
調色で作っても良いんだけど、失敗・塗り直しのリスクを考えると、販売されているバリエーションに頼ってしまう。


スポンサーリンク


眉、背びれ、手足の爪、胸、膝にはエアブラシを近距離でエアの割合多めで吹き付ける。細吹きで、少しずつ色を乗せていきます。
そして、明るくなりそうな箇所にはエアブラシの距離を離してサッと吹き付け、ほんのりと全体の明度を上げる。(全体的に白っぽい昭和感を出すため)

前回との違い分かる?

これ、前回との違い分かりますか?(笑)

明るくなった?

何度も似たような作業を繰り返して、ようやくエアブラシの扱いを掴んできた気がする。グラデーション塗装の時は、空気の量に対して塗料の量を少なめで吹き付ける感じで良いんですね。

ところで、最近ちょっと気になってきてるんだけど、組み立てと塗装の段取りとして、背びれは塗装後に接着した方がやりやすいのかな?

他の方の組み立て・塗装の手順を見ていると、個々のパーツ単位で塗装して、最後に組み上げてる人も結構いるんだよな。確かに、全部接着した後だとどうしても上手く塗れない箇所とか出てくるし。

オイラの今までのやり方だと、パーツの合わせ目のズレを接着・パテ埋めで処理してるけど、この工程をちょっと見直してみた方が良いのかもな。アゴ接着後の二度手間感もずっと気になってるし。

追記:制作記事まとめページ作りました↓
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。


スポンサーリンク

関連記事

ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着
模型用塗料の収納問題
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
『シン・ゴジラ第4形態 雛型レプリカフィギュア』が届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
ガレージキットのフィニッシャー
映像ビジネスの未来
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 接着・ベース塗装
大ゴジラ特撮展
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
模型SNSまとめ
PS3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』を買った
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
『シン・ゴジラ』の感想 (ネタバレあり)
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!
MeshroomでPhotogrammetry
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
大人の知識で玩具の改造
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
ミニ四駆ブーム?
機動武闘伝Gガンダム
積みキット進捗
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り

コメント