海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工

海洋堂から7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販が始まった20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズ。お次はモスゴジに取り掛かる。
こちらも原型は酒井ゆうじ氏。このモスゴジは、20cmシリーズの中でも特に動きのあるポーズをしている。

Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ゴジラ1964 約200mm PVC製 未塗装組立キット

何でついこの間届いたシン・ゴジラのレジンキットより先にモスゴジのソフビキットに取り掛かるのかというと、シン・ゴジラが届くちょっと前にすでにモスゴジに手を付け始めていたからなのです。

酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
ワンフェス2016で予約した酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いたぞ。 このキットは、バンプレストの「一番くじ シン・ゴジラ~ゴジラ、ニッポン上陸!~」のA賞のソフビフィギュアのレジンキット版なの...

今回はキンゴジの時の反省を活かして少し段取りを変えてみようと思う。
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』
2016年7月にSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販された海洋堂の20cmサイズのゴジラのソフビキットシリーズの1つ。

下アゴや背びれパーツの接合部は真鍮線で接続するようにして隙間のパテ埋めだけ行い、塗装後に接着する順番にしたい。その方がエアブラシ塗装しやすい気がするんだ。エアブラシ塗装を考慮した組み立て段取りを模索中。

キンゴジは緑系の色で仕上げたので、モスゴジは青系から攻めてみようかな。


スポンサーリンク



キットの構成はキンゴジの時と似たような感じ。きっと同じように気泡もすごいんだろうな。。。



何はともあれ、まずは洗浄。中性洗剤と歯ブラシでゴシゴシして油分を落とす。



そして、パーツの歪みを元に戻すため、バリが付いたままの状態で熱湯で5分ほど茹でて柔らかくする。



お湯から上げたら、そのまま放置して冷ます。



ソフビが冷めて硬くなったら早速工作に入る。
まずは下アゴパーツと頭部パーツの接合部をちょっと加工する。このキットはソフビだからなのか、パーツ同士の接続部にダボ穴が無く、隙間も大きいため、ズレが大きい。



なので、パーツの接合部がズレないように真鍮線でダボっぽい加工を施しておく。こうしておけば、バラバラな状態で塗装しても、接着の際にまたパテ盛りと再塗装の必要がなくなる(かもしれない)

頭部パーツ側に真鍮線を刺すための穴を2つ空ける。



空けた穴に真鍮線を刺し、下アゴパーツの裏側にはエポキシパテを盛って真鍮線を刺すためのダボ穴を設ける。



これで下アゴパーツの取り付け位置はズレなくなった。エポキシパテが固まったら外側の隙間もパテで埋めよう。

続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.