海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装

G3ガメラの塗装の続きです。(もう2019年の作業の記録なのでうろ覚えではありますが)



腹甲の塗装を進めていたけど、迷走してきたのでいったん気分を変えて(?)甲羅の塗装を進める。
甲羅のベースカラーとしてガイアカラーの暗緑色を影部分に下地の黒が薄っすら残るように吹いた↓



ガイアカラーの暗緑色は、G1ガメラの甲羅のベースカラーを塗った時と同じですね。
海洋堂20cmシリーズ『ガメラ1995』
「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1995」は1995年に海洋堂から発売された20cmサイズのソフビキットの再販品です。映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」に登場するガメ...



スポンサーリンク


甲羅の塗装が乾いたら、甲羅側にはマスキングをして腹甲の塗装を再開する。



腹甲の模様に沿ってガイアノーツのサーフェイサー エヴォ オキサイドレッドを吹く。この色はG1ガメラの時に腹甲のベースカラーにした色。



その上からMr.カラーのオリーブドラブをランダムに吹く。



再びガイアノーツのサーフェイサー エヴォ オキサイドレッドを縁取るように吹く。だいぶ迷いながら塗っていたけど、基本的な指針としては、下塗りも活かしながらなるべく複数の色が情報量が複雑になるように塗っていた。



もうこれ以降なんて色を重ねたのか記憶に無い(笑)
ので経過画像だけです。





ここで甲羅のマスキングを剥がし、再び甲羅に色を重ねる。段々明るい色を乗せて立体感を強調していく。使った色は確かガイアカラーのダークグリーン。



甲羅に吹いたのと同じ色を腹甲にも軽く吹いて統一感を出す。



ガイアカラーのミッドナイトブルーを腹甲のラインに沿って吹いて軽く縁取る。



ここで頭部パーツを接着。



継ぎ目をエポキシパテで埋める。



エポキシパテが硬化したらハンディリューターで削って均す。



さらに溶きパテを塗って馴染ませる。



腹甲のラインを筆塗りで縁取って強調。ちょっとやり過ぎたか。



溶きパテを塗った箇所をサーフェイサーエヴォブラックを筆塗り。



やり過ぎた縁取りをごまかすため、腹甲にブラックでシャドウを吹く。



甲羅にMr.カラーのオリーブドラブを吹いてハイライトを入れる。



雰囲気をチェック。頭が付くと急に雰囲気が出てくる。



次は爪の塗装記録をまとめる。

ところで、このG3ガメラを含め、G1, G2, G3ガメラが3Dスキャンによって30cmにサイズアップされ、塗装済み完成品のソフビフィギュアが発売されるそうです。特撮のDNAでG2ガメラのサンプルが展示されていた↓
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
「特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮」を見てきた。特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮会期:2019年12月13日(金)~2020年1月26日(日)※2019年12月31日(火) 2020年1月1日(...


このキットの制作記事まとめページを作りました↓
海洋堂20cmシリーズ『ガメラ1999』
酒井ゆうじ氏原型で1999年に海洋堂から発売された20cmサイズのソフビキットの再販品「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1999」です。


スポンサーリンク

関連記事

酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
ガレージキットのフィニッシャー
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
GMKゴジラの口の塗装
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
仮面ライダーの玩具
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
Photon Light Module System:スマホで制御できる照明・撮影ブースセット
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
トレジャーフェスタ・オンライン
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ ベースのシルバー塗装
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
ゴジラ・フェス 2018
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれの塗装
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
DeAGOSTINI『週刊 ゴジラをつくる』創刊
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装

コメント