海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成

前回の記事で背びれの塗装、接着まで終えたことを書いた。



その後つや消しクリアーを吹いて全体のつやを整えて完成。面倒なので、特にマスキングはせずに吹いた。



写真の日付を見たら2019年5月だった。完成してから記事にするまでにだいぶ時間が経っておりますな。。。


スポンサーリンク




昭和ゴジラの中では最も背びれの情報量が多いので、細部がちょっと失敗していても気にならない。
首から下のデザインが後のVSシリーズでも流用されたのも分かる気がする。



目つきがあんまり上手くいかなかった。



背びれに視線が持っていかれて、胴体側が随分と寂しく感じる。


スポンサーリンク

反省

84ゴジラは眼が大きめのデザインだから、眼の塗装をがんばってみたけど、そこで力尽きて塗装作業の最後の方はだいぶいい加減になってしまった。
背びれをエアブラシ塗装しようと思って1つ1つに真鍮線で持ち手を作った割に、結局最後はドライブラシに頼ってしまった。繊細なエアブラシ塗装はまだできない。
昭和ゴジラは背びれの数が少なく、背びれ生え際(?)がよく見えるから接着・継ぎ目消し後に塗っていたけど、84ゴジラ以降は背びれの密度が増し、それぞれ個別に塗らないとちゃんと塗れない。

爪の塗装方法もあんまり良い方法が浮かばず、結局いつもよりも汚らしくなってしまった。
背びれにパールも吹いてみたが、最後につや消しを吹いたらほとんど分からなくなってしまった。パールは下地の色と別系統の反射色でないと大した味付けにならないと分かった。

そもそも、ゴジラは劇中の印象を重視するとあんまり凝った塗装表現にならないのだ。イメージを膨らまして模型的に情報量を増やす方法を考えないとダメだ。

制作記事まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

アニメーション映画『GODZILLA』
シフトカーを改造する人達
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ゴジラ誕生祭 スピンオフ 池袋HUMAXシネマズ ゴジラまつり
バンダイ LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
映画『GODZILLA 怪獣惑星』を観た (ネタバレ無し)
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
アニメーション映画『GODZILLA 決戦機動増殖都市』の予告編が公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 仮組み
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
『特撮のDNA』を見てきた
ゴジラ トレーディングバトル
『西川伸司 原画展 呉爾羅百態』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マーキング塗装
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 表面処理・下地塗装
ゴジラの口の色
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
バンダイ ミニプラ 特空機1号セブンガー 仮組み
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
映画『GODZILLA VS. KONG』の予告編が公開された!
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パール・キャンディ塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
まだまだ積んでるキット達
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する

コメント