ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装

前回まで外側の塗装ばかりしていたけど、ここでコックピットの内装(?)にも色を塗る。



このファインモールドの1/144 ミレニアム・ファルコンは、現在販売されているバンダイのキットと比べると、コックピット内の作りが随分とあっさりしているようです。パイロットフィギュアも付属していません。
説明書記載の色指定でも、コックピット内はフラットブラックだけの単色で全部塗るような指定になっています。まあ、キャノピーが被さったらほとんど見えなくなってしまうので、初心者にも易しい指定だとは思います。

とはいえ、少しだけ凝ってみたいのでちょっと色を足すことにするのです。
説明書の指定通り、コックピット全体にMr.カラーのつや消しブラックを塗った状態からスタートする。

つや消しブラックを塗ったコックピット

一応映画(エピソード4)を見返してコックピット内のイメージを確認してみたら、そんなに派手な色使いはされていなかったので、彩度を低く割と地味めに進める。


スポンサーリンク


とりあえずシート部分は革製っぽかったので適当に混色して彩度の低い茶色を作って塗ってみた。

とりあえずシートを塗る


スポンサーリンク

シート以外の計器類(?)や凸部分は凹凸が目立つようにMr.カラー ニュートラルグレーでドライブラシ。

ニュートラルグレーで計器等をドライブラシ

いまいちだったので普通にもっと明るい色を乗せることにする。Mr.カラー ホワイトでドライブラシし直す。

ホワイト

乾いたらタミヤカラー エナメル塗料のフラットブラックで墨入れしてコックピットの塗装は完了。結局地味なので光が当たらなければほとんどわからんな。

墨入れも加えた

写真の明るさがまちまちで経過が良くわからんし。。。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

制作記事まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

模型をターンテーブルで撮影
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
Zウィングマグナム
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ゴジラのガレージキットの塗装
ゴジラのガレージキット組み立て動画
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観た (ネタバレ無し)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の塗装再開
模型SNSまとめ
顔モデリングのチュートリアル
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 爪の塗装
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
シフトカーを改造してラジコン化する人達
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
シリコーンゴムによる型取りとレジン複製
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
黒歴史
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
模型用塗料の収納問題
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 後ハメ加工
スター・ウォーズのスピンオフ『マンダロリアン』の舞台裏
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 表面処理・下地塗装
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
黒澤映画
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
積みキットの下地処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
ジュラシック・パークのメイキング

コメント