Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング

Unreal Engineの操作は書籍を見ながら少しずつ調べてる。でも、コーディングに関しては現状ネットで調べながら進めるしかなさそうなのだ。



コーディングもUnityになぞらえて学習時間を短縮したいところ。コーディングはGUI操作よりもエンジンの設計思想の影響を受けやすいので、ちゃんと違いを理解しておきたい。
幸い、Unreal Engineの公式ドキュメントにUnityのScriptと照らし合わせた解説が載っている。

Unity 引っ越しガイド:ゲームオブジェクトからアクタへ

スクリプト可能な Actor ブループリント クラス

UE4 の優れた機能をご紹介します。新規 Actor ブループリント クラスは、独自のブループリント ビジュアル スクリプティングを持ちます。これにより、個々のコンポーネントだけでなく、オブジェクト全体にロジックを追加できます。継承と組み合わせると (以下で説明)、ゲーム デザインのフレキシビリティが非常に高くなります。


スポンサーリンク


ビジュアル スクリプトをサポートするブループリント クラスに加えて、UE4 ではコードで実装された C++ クラスもサポートしています。以下は、Unity C#、UE4 C++、UE4 ブループリントです。

Unity C#


    using UnityEngine;
    using System.Collections;

    public class MyComponent :MonoBehaviour
    {
        int Count;

        // Use this for initialization.
        void Start ()
        {
            Count = 0;
        }

        // Update is called once per frame.
        void Update () 
        {

            Count = Count + 1;
            Debug.Log(Count);
        }
    }

UE4 C++


    #pragma once
    #include "GameFramework/Actor.h"
    #include "MyActor.generated.h"

    UCLASS()
    class AMyActor : public AActor
    {
        GENERATED_BODY()
        int Count;

        // Sets default values for this actor's properties.
        AMyActor() 
        {
            // Allows Tick() to be called
            PrimaryActorTick.bCanEverTick = true;  
        }

        // Called when the game starts or when spawned. 
        void BeginPlay()
        {
            Super::BeginPlay();
            Count = 0;
        }

        // Called every frame. 
        void Tick(float DeltaSeconds)
        {
            Super::Tick(DeltaSeconds);
            Count = Count + 1;
            GLog->Log(FString::FromInt(Count));
        }
    };

Unreal EngineでActorと呼ばれているものがUnityで言うところのGameObjectのような存在らしいが、ScriptはGameObjectにあたるActorにアタッチするのではなく、Actorを継承して拡張したクラスを作る方式らしい。

慣れるために公式ドキュメントのプログラミング入門編をやってみた。
Unreal Engineの最新バージョンではWindows環境だとVisual Studio 2015がデフォルトのコーディング環境らしい。2013には非対応。どうしても2013を使いたい場合は、Unreal Engineのソースコードからオプション設定して全部ビルドしないといけないらしい。
https://docs.unrealengine.com/latest/JPN/Programming/QuickStart/index.html


スポンサーリンク
Programming Tutorial – QuickStart

Scriptを少し修正するだけでも明示的にコンパイルのプロセスが入るのはちょい手間に感じてしまうな。普通のC++プログラミングはみんなそうだけどさ。

追記:Qiitaで良い記事が投稿され始めた↓
http://qiita.com/nano06126728/items/3bddfd52a4d2f2952ffb

チュートリアル 完成図


スポンサーリンク

関連記事

ブログが1日ダウンしてました
WordPressプラグインの作り方
UnityからROSを利用できる『ROS#』
OpenMayaのPhongShaderクラス
OpenCV
WordPressのテーマを自作する
HD画質の無駄遣い
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
オープンソースの取引プラットフォーム
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Konashiを買った
Google Chromecast
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
Mean Stack開発の最初の一歩
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Unreal Engineの機能を学ぶ優先順位を考える
WinSCP
UnityでARKit2.0
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
今年もSSII
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ROMOハッカソンに行ってきた
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
Maya LTのQuick Rigを試す
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
映像ビジネスの未来
pythonもかじってみようかと
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
立体視を試してみた
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』

コメント