ポリゴン用各種イテレータと関数セット

MItMeshPolygon

MItMeshPolygon はポリゴン フェース イテレータです。あるメッシュ オブジェクトに対してこのクラスを初期化すると、フェース ID の順序でメッシュ内のすべてのフェースを反復処理できます。メッシュを参照する DAG パス、および特定のコンポーネントへの MObject リファレンスの両方に対してこのクラスを初期化すると、イテレータをエッジや頂点など特定のコンポーネントに隣接するフェースに制限することもできます。
このイテレータは、より迅速にメッシュを調べられるので、メッシュのパーシング処理に便利です。エッジと頂点よりフェースの方が数が少なく、データ取得で重複が少ないからです。フェース イテレータとしての MItMeshPolygon には、主に以下から構成される、フェース固有のデータを取得するメソッドがあります。

  • フェース構成(2 本を超える複数のエッジ)
  • フェース – 頂点データ
  • フェース – エッジ データ
  • 隣接コンポーネント データ
  • UV データ
  • 頂点カラー データ
  • ブラインド データやスムージング情報など、その他のデータ

MItMeshPolygon は、フェースごとにメッシュを迅速に検索する、またはフェース固有のデータをメッシュから要求する場合に理想的です。

MItMeshEdge

MItMeshEdge は、エッジごとにメッシュを反復処理し、エッジ固有のデータを取得します。このエッジ イテレータは、エッジ ID の順序でエッジを反復処理するか、渡されたコンポーネントに隣接するエッジを反復処理します。MltMeshEdge では、以下のタイプのデータを取得できます。

  • エッジ構成(2 つの頂点)
  • エッジ – フェース データ
  • エッジ – 頂点データ
  • エッジのスムージング
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshEdge は、メッシュをエッジごとに調べ、エッジ固有のデータを取得する場合に最適です。

MItMeshVertex

MItMeshVertex は、頂点 ID の順序で頂点ごとにメッシュを反復処理し、頂点固有のデータを取得します。この頂点イテレータは、2 つのケースに最適で、以下のような頂点固有データを取得できます。


スポンサーリンク
  • 頂点構成(3D 位置)
  • 頂点 – フェース データ
  • 頂点 – エッジ データ
  • 頂点法線
  • UV データ(頂点に固有)
  • カラー データ(頂点に固有)
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshFaceVertex

MItMeshFaceVertex イテレータは、フェース ID の順序でフェース頂点ごとにメッシュを調べ、フェース頂点固有のデータを取得します。このフェース頂点イテレータでは、以下のようなデータを取得できます。

  • 法線データ
  • UV データ
  • カラー データ

MFnMesh

MFnMesh には、メッシュ固有データを取得してメッシュを修正するメソッドが複数含まれています。イテレータを使用して特定のコンポーネントを検索し、MFnMesh を使用してそのコンポーネント上で操作を実行します。
MFnMesh が提供するメソッドと MItMesh* イテレータは重複する部分がありますが、MFnMesh はメッシュ操作のグローバル ライブラリを表し、イテレータは各コンポーネントまわりを中心としたものです。

ついでに、ポリゴンオンリーではないけど。

MItSelectionList

MltSelectionList は、選択されたオブジェクトを含むラッパ クラスです。これは、グローバルなアクティブ セレクション リストのコピー、または自分で構築したリストを使用することができます。
MItSelectionList を使用してセレクション リストにあるオブジェクトをフィルタ処理すると、ある特定のタイプのオブジェクトを表示できます(MSelectionList では、選択したオブジェクトをフィルタ処理することはできません)。

MItGeometry

以上のことは全てオンラインヘルプに載っている。


スポンサーリンク

関連記事

トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
注文してた本が届いた
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
TVML (TV program Making language)
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
clearcoat Shader
アニゴジ関連情報
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ニューラルネットワークで画像分類
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ZBrushで基本となるブラシ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
仮想関数
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
C++の抽象クラス
この本読むよ
Unite 2014の動画
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve

コメント