ポリゴン用各種イテレータと関数セット

MItMeshPolygon

MItMeshPolygon はポリゴン フェース イテレータです。あるメッシュ オブジェクトに対してこのクラスを初期化すると、フェース ID の順序でメッシュ内のすべてのフェースを反復処理できます。メッシュを参照する DAG パス、および特定のコンポーネントへの MObject リファレンスの両方に対してこのクラスを初期化すると、イテレータをエッジや頂点など特定のコンポーネントに隣接するフェースに制限することもできます。
このイテレータは、より迅速にメッシュを調べられるので、メッシュのパーシング処理に便利です。エッジと頂点よりフェースの方が数が少なく、データ取得で重複が少ないからです。フェース イテレータとしての MItMeshPolygon には、主に以下から構成される、フェース固有のデータを取得するメソッドがあります。

  • フェース構成(2 本を超える複数のエッジ)
  • フェース – 頂点データ
  • フェース – エッジ データ
  • 隣接コンポーネント データ
  • UV データ
  • 頂点カラー データ
  • ブラインド データやスムージング情報など、その他のデータ

MItMeshPolygon は、フェースごとにメッシュを迅速に検索する、またはフェース固有のデータをメッシュから要求する場合に理想的です。

MItMeshEdge

MItMeshEdge は、エッジごとにメッシュを反復処理し、エッジ固有のデータを取得します。このエッジ イテレータは、エッジ ID の順序でエッジを反復処理するか、渡されたコンポーネントに隣接するエッジを反復処理します。MltMeshEdge では、以下のタイプのデータを取得できます。

  • エッジ構成(2 つの頂点)
  • エッジ – フェース データ
  • エッジ – 頂点データ
  • エッジのスムージング
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshEdge は、メッシュをエッジごとに調べ、エッジ固有のデータを取得する場合に最適です。

MItMeshVertex

MItMeshVertex は、頂点 ID の順序で頂点ごとにメッシュを反復処理し、頂点固有のデータを取得します。この頂点イテレータは、2 つのケースに最適で、以下のような頂点固有データを取得できます。


スポンサーリンク
  • 頂点構成(3D 位置)
  • 頂点 – フェース データ
  • 頂点 – エッジ データ
  • 頂点法線
  • UV データ(頂点に固有)
  • カラー データ(頂点に固有)
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshFaceVertex

MItMeshFaceVertex イテレータは、フェース ID の順序でフェース頂点ごとにメッシュを調べ、フェース頂点固有のデータを取得します。このフェース頂点イテレータでは、以下のようなデータを取得できます。

  • 法線データ
  • UV データ
  • カラー データ

MFnMesh

MFnMesh には、メッシュ固有データを取得してメッシュを修正するメソッドが複数含まれています。イテレータを使用して特定のコンポーネントを検索し、MFnMesh を使用してそのコンポーネント上で操作を実行します。
MFnMesh が提供するメソッドと MItMesh* イテレータは重複する部分がありますが、MFnMesh はメッシュ操作のグローバル ライブラリを表し、イテレータは各コンポーネントまわりを中心としたものです。

ついでに、ポリゴンオンリーではないけど。

MItSelectionList

MltSelectionList は、選択されたオブジェクトを含むラッパ クラスです。これは、グローバルなアクティブ セレクション リストのコピー、または自分で構築したリストを使用することができます。
MItSelectionList を使用してセレクション リストにあるオブジェクトをフィルタ処理すると、ある特定のタイプのオブジェクトを表示できます(MSelectionList では、選択したオブジェクトをフィルタ処理することはできません)。

MItGeometry

以上のことは全てオンラインヘルプに載っている。


スポンサーリンク

関連記事

注文してた本が届いた
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Unityをレンダラとして活用する
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
HD画質の無駄遣い
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
自前Shaderの件 解決しました
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
UnityのAR FoundationでARKit 3
3DCG Meetup #4に行ってきた
今年もSSII
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
ZBrushでカスタムUIを設定する
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
プログラムによる景観の自動生成
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
UnityでARKit2.0
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ガメラ生誕50周年
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ラクガキの立体化 反省
『PIXARのひみつ展』に行ってきた

コメント