ポリゴン用各種イテレータと関数セット

MItMeshPolygon

MItMeshPolygon はポリゴン フェース イテレータです。あるメッシュ オブジェクトに対してこのクラスを初期化すると、フェース ID の順序でメッシュ内のすべてのフェースを反復処理できます。メッシュを参照する DAG パス、および特定のコンポーネントへの MObject リファレンスの両方に対してこのクラスを初期化すると、イテレータをエッジや頂点など特定のコンポーネントに隣接するフェースに制限することもできます。
このイテレータは、より迅速にメッシュを調べられるので、メッシュのパーシング処理に便利です。エッジと頂点よりフェースの方が数が少なく、データ取得で重複が少ないからです。フェース イテレータとしての MItMeshPolygon には、主に以下から構成される、フェース固有のデータを取得するメソッドがあります。

  • フェース構成(2 本を超える複数のエッジ)
  • フェース – 頂点データ
  • フェース – エッジ データ
  • 隣接コンポーネント データ
  • UV データ
  • 頂点カラー データ
  • ブラインド データやスムージング情報など、その他のデータ

MItMeshPolygon は、フェースごとにメッシュを迅速に検索する、またはフェース固有のデータをメッシュから要求する場合に理想的です。

MItMeshEdge

MItMeshEdge は、エッジごとにメッシュを反復処理し、エッジ固有のデータを取得します。このエッジ イテレータは、エッジ ID の順序でエッジを反復処理するか、渡されたコンポーネントに隣接するエッジを反復処理します。MltMeshEdge では、以下のタイプのデータを取得できます。

  • エッジ構成(2 つの頂点)
  • エッジ – フェース データ
  • エッジ – 頂点データ
  • エッジのスムージング
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshEdge は、メッシュをエッジごとに調べ、エッジ固有のデータを取得する場合に最適です。

MItMeshVertex

MItMeshVertex は、頂点 ID の順序で頂点ごとにメッシュを反復処理し、頂点固有のデータを取得します。この頂点イテレータは、2 つのケースに最適で、以下のような頂点固有データを取得できます。


スポンサーリンク
  • 頂点構成(3D 位置)
  • 頂点 – フェース データ
  • 頂点 – エッジ データ
  • 頂点法線
  • UV データ(頂点に固有)
  • カラー データ(頂点に固有)
  • 隣接コンポーネント データ

MItMeshFaceVertex

MItMeshFaceVertex イテレータは、フェース ID の順序でフェース頂点ごとにメッシュを調べ、フェース頂点固有のデータを取得します。このフェース頂点イテレータでは、以下のようなデータを取得できます。

  • 法線データ
  • UV データ
  • カラー データ

MFnMesh

MFnMesh には、メッシュ固有データを取得してメッシュを修正するメソッドが複数含まれています。イテレータを使用して特定のコンポーネントを検索し、MFnMesh を使用してそのコンポーネント上で操作を実行します。
MFnMesh が提供するメソッドと MItMesh* イテレータは重複する部分がありますが、MFnMesh はメッシュ操作のグローバル ライブラリを表し、イテレータは各コンポーネントまわりを中心としたものです。

ついでに、ポリゴンオンリーではないけど。

MItSelectionList

MltSelectionList は、選択されたオブジェクトを含むラッパ クラスです。これは、グローバルなアクティブ セレクション リストのコピー、または自分で構築したリストを使用することができます。
MItSelectionList を使用してセレクション リストにあるオブジェクトをフィルタ処理すると、ある特定のタイプのオブジェクトを表示できます(MSelectionList では、選択したオブジェクトをフィルタ処理することはできません)。

MItGeometry

以上のことは全てオンラインヘルプに載っている。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
マイケル・ベイの動画の感覚
タマムシっぽい質感
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
布地のシワの法則性
Vancouver Film Schoolのデモリール
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
CEDEC 3日目
CGのためのディープラーニング
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
仮想関数
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
Paul Debevec
ゴジラ三昧
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ZBrushのZScript入門
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
プログラムによる景観の自動生成
自前Shaderの件 解決しました
Unite 2014の動画
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Mayaのシェーディングノードの区分
ラクガキの立体化 胴体の追加

コメント