ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅の修正・脚の作り込み

無計画に頭から作り始めたこのアヴァン・ガメラも、ようやく下半身の形状を気にするところまで到達した。



このまま足先まで作ってみて、バランスが見えるようになってまた全体をいじることになるんだろうな。

ちょっとやる気を出すために、作り途中のMeshをGoBでBlender 3.0.0へ持って行って
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Blenderがバージョン2.8から格段に使いやすくなった。と言いつつ、操作をMaya風に変えてくれるアドオン MayaConfigに頼り切っていて、今はBlender 2.81とMayaConfig V3.4を使っている。Blen...


Blender 3.0.0のCycles Xでビューポートレンダリングしてみた↓



ZBrushのMatCapだけの陰影だと形状が分かりづらいことも多いので、GIレンダラで確認するのも制作プロセスとして取り入れた方が良い。CGでのモデリングは部分の作業に入るとどうしても全体像を確認しなくなってしまうので、定期的に全体像へ目を向ける必要がある。俯瞰的な視点を忘れないようにしないと。

身体を作り始めた当初から比べると、全体の雰囲気はかなり近づいてきた。と、自分をおだててみる。
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
まずは4時間やってみて、原型師の方々が言うところの「形出し」ぐらいはできた気がする。(頭だけではあるけど)ただ、全体の形状と目つきを中心に進めていたから、それ以外の下アゴ、頭頂部、後頭部、首はまだツルンとしたままだった。そして、実作...


結構早い段階で身体を作り始めていたんだな。振り返ってみて、当初は週1ペースで進めていたことを思い出した。。。
時間スケールの面でも俯瞰的な視点を忘れないようにしないと。


スポンサーリンク


アヴァン・ガメラのスーツは基本的にトト用の型で作ったパーツをベースに作られているらしいので、甲羅の基本形状はトトを参考にした方が分かりやすい気がする。
トトの甲羅を見ると、縁のラインがかなりうねっている(?)ことに気づいた。



いつのまにか甲羅の左右対称操作が無効になっていることに気づいた。左右対称を有効にして、SubToolをミラーして左右対称に戻しておく。
甲羅を大きくいじったので、各部のつじつま合わせをしないとな。

脚のバランスも変更して、足のSubToolと結合。DynaMeshの解像度を64から128に上げて足の形状を作り込めるようにする。



現状を色々眺めて、次の修正箇所を考える。
腹甲をもう少し小さくして、首と肩はもっと露出させた方が良さそう。襟のようになっている甲羅のヒダ(?)ももう少し小さくしよう。



スポンサーリンク

作業の振り返り

だいぶ作り込んで来たのもあり、全体の印象はポーズの影響で左右されるところまで来ている。
映画劇中ではアヴァン・ガメラの全身が映るカットが少なく、目指すポーズが定まらないので迷いが生じる。ムックに乗っているスチール写真を参考に目指すポーズを具体化しておいた方が良いかもな。



結局2021年中にも完成しなかった。ちょっと制作ペースを上げようかな。

とにかく続けて完成まで持っていくためにまとめページを作った↓
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


スポンサーリンク

関連記事

Ambient Occlusionを解析的に求める
ZBrushのお勉強
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush 2018での作業環境を整える
ZBrushのUV MasterでUV展開
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
三丁目ゴジラ
シン・ゴジラ第四形態の造形
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 首回りの修正・脚の作り込み
UnityでLight Shaftを表現する
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
PolyPaint
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ゴジラ(2014)のメイキング
線画を遠近法で描く
UnityでARKit2.0
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Maya 2015から標準搭載されたMILA
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
UnityのGlobal Illumination
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のアタリを作る
無料で使える人体3DCG作成ツール
海洋堂の20cm ガメラ ソフビキットも再販
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
恐竜造形の指南書
SIGGRAPH 2020はオンライン開催

コメント