UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

...
 
public class ObjectBlur : MonoBehaviour {
    ...
    protected void LateUpdate() {
        Vector4 currentPosition = transform.position;
        currentPosition.w = 1f;
        // Calculate ModelView matrices
        Matrix4x4 _mv = CameraInfo.ViewMatrix*transform.localToWorldMatrix;
        Matrix4x4 _mvPrev = CameraInfo.PrevViewMatrix*m_prevModelMatrix;
        // Give material the matrices it needs
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mv", _mv);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvPrev", _mvPrev);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvInvTrans", _mv.transpose.inverse);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvpPrev", CameraInfo.PrevViewProjMatrix*m_prevModelMatrix);
        // Record our previous transform
        m_prevModelMatrix = transform.localToWorldMatrix;
    }
   
    ...
}

Shader側

Shader "Hidden/Motion Vectors" {
    SubShader {
        Tags { "RenderType"="Moving" }
        Pass {
            Fog { Mode Off }
            CGPROGRAM
                #pragma vertex vert
                #pragma fragment frag
                #pragma fragmentoption ARB_fog_exp2
                #pragma fragmentoption ARB_precision_hint_fastest
                #include "UnityCG.cginc"
               
                ...
               
                uniform float4x4 _mv;
                uniform float4x4 _mvPrev;
                uniform float4x4 _mvInvTrans;
                uniform float4x4 _mvpPrev;
               
                ...
            ENDCG
        }
    }
    ...
}

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

ZBrush 2018での作業環境を整える
MFnDataとMFnAttribute
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Stanford Bunny
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ラクガキの立体化 モールドの追加
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
リニアアクチュエータ
pythonもかじってみようかと
ファンの力
HerokuでMEAN stack
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Paul Debevec
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ニューラルネットワークで画像分類
マルコフ連鎖モンテカルロ法
Unityで360度ステレオVR動画を作る
C++の抽象クラス
『ピクサー展』へ行ってきた
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
この連休でZBrushの スキルアップを…
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
Theia:オープンソースのStructure from Motionライブラリ
手を動かしながら学ぶデータマイニング
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
色んな三面図があるサイト
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン

コメント