UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

...
 
public class ObjectBlur : MonoBehaviour {
    ...
    protected void LateUpdate() {
        Vector4 currentPosition = transform.position;
        currentPosition.w = 1f;
        // Calculate ModelView matrices
        Matrix4x4 _mv = CameraInfo.ViewMatrix*transform.localToWorldMatrix;
        Matrix4x4 _mvPrev = CameraInfo.PrevViewMatrix*m_prevModelMatrix;
        // Give material the matrices it needs
[COLOR="red"]       m_stretchMaterial.SetMatrix("_mv", _mv);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvPrev", _mvPrev);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvInvTrans", _mv.transpose.inverse);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvpPrev", CameraInfo.PrevViewProjMatrix*m_prevModelMatrix);[/COLOR]
        // Record our previous transform
        m_prevModelMatrix = transform.localToWorldMatrix;
    }
   
    ...
}

Shader側

Shader "Hidden/Motion Vectors" {
    SubShader {
        Tags { "RenderType"="Moving" }
        Pass {
            Fog { Mode Off }
            CGPROGRAM
                #pragma vertex vert
                #pragma fragment frag
                #pragma fragmentoption ARB_fog_exp2
                #pragma fragmentoption ARB_precision_hint_fastest
                #include "UnityCG.cginc"
               
                ...
               
[COLOR="red"]               uniform float4x4 _mv;
                uniform float4x4 _mvPrev;
                uniform float4x4 _mvInvTrans;
                uniform float4x4 _mvpPrev;[/COLOR]
               
                ...
            ENDCG
        }
    }
    ...
}

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

Google App EngineでWordPress
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
ラクガキの立体化 反省
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Physically Based Rendering
テスト
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
このブログのデザインに飽きてきた
C++の抽象クラス
pythonもかじってみようかと
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
ZBrushの練習 手のモデリング
Unityで360度ステレオVR動画を作る
HD画質の無駄遣い その2
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
立体視を試してみた
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ブログの復旧が難航してた話
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
リニアアクチュエータ
ZBrush 2018での作業環境を整える
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
オープンソースの取引プラットフォーム
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)

コメント