UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

...
 
public class ObjectBlur : MonoBehaviour {
    ...
    protected void LateUpdate() {
        Vector4 currentPosition = transform.position;
        currentPosition.w = 1f;
        // Calculate ModelView matrices
        Matrix4x4 _mv = CameraInfo.ViewMatrix*transform.localToWorldMatrix;
        Matrix4x4 _mvPrev = CameraInfo.PrevViewMatrix*m_prevModelMatrix;
        // Give material the matrices it needs
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mv", _mv);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvPrev", _mvPrev);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvInvTrans", _mv.transpose.inverse);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvpPrev", CameraInfo.PrevViewProjMatrix*m_prevModelMatrix);
        // Record our previous transform
        m_prevModelMatrix = transform.localToWorldMatrix;
    }
   
    ...
}

Shader側

Shader "Hidden/Motion Vectors" {
    SubShader {
        Tags { "RenderType"="Moving" }
        Pass {
            Fog { Mode Off }
            CGPROGRAM
                #pragma vertex vert
                #pragma fragment frag
                #pragma fragmentoption ARB_fog_exp2
                #pragma fragmentoption ARB_precision_hint_fastest
                #include "UnityCG.cginc"
               
                ...
               
                uniform float4x4 _mv;
                uniform float4x4 _mvPrev;
                uniform float4x4 _mvInvTrans;
                uniform float4x4 _mvpPrev;
               
                ...
            ENDCG
        }
    }
    ...
}

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Geogram:C++の3D幾何アルゴリズムライブラリ
WordPressのテーマを自作する
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Open Shading Language (OSL)
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
ブログのデザイン変えました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Unreal Engine 5の情報が公開された!
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
ZBrushの練習 手のモデリング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
MeshroomでPhotogrammetry
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ROMOハッカソンに行ってきた
ZBrushCore
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
参考書
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
自前Shaderの件 解決しました
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
UnityでARKit2.0
ポリ男をリファイン
MeshLab:3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
ZBrushで作った3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作る
OpenMVSのサンプルを動かしてみる

コメント