UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

...
 
public class ObjectBlur : MonoBehaviour {
    ...
    protected void LateUpdate() {
        Vector4 currentPosition = transform.position;
        currentPosition.w = 1f;
        // Calculate ModelView matrices
        Matrix4x4 _mv = CameraInfo.ViewMatrix*transform.localToWorldMatrix;
        Matrix4x4 _mvPrev = CameraInfo.PrevViewMatrix*m_prevModelMatrix;
        // Give material the matrices it needs
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mv", _mv);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvPrev", _mvPrev);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvInvTrans", _mv.transpose.inverse);
        m_stretchMaterial.SetMatrix("_mvpPrev", CameraInfo.PrevViewProjMatrix*m_prevModelMatrix);
        // Record our previous transform
        m_prevModelMatrix = transform.localToWorldMatrix;
    }
   
    ...
}

Shader側

Shader "Hidden/Motion Vectors" {
    SubShader {
        Tags { "RenderType"="Moving" }
        Pass {
            Fog { Mode Off }
            CGPROGRAM
                #pragma vertex vert
                #pragma fragment frag
                #pragma fragmentoption ARB_fog_exp2
                #pragma fragmentoption ARB_precision_hint_fastest
                #include "UnityCG.cginc"
               
                ...
               
                uniform float4x4 _mv;
                uniform float4x4 _mvPrev;
                uniform float4x4 _mvInvTrans;
                uniform float4x4 _mvpPrev;
               
                ...
            ENDCG
        }
    }
    ...
}

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

ラクガキの立体化 モールドの追加
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
WordPress on Windows Azure
Maya LTのQuick Rigを試す
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
ZBrushの作業環境を見直す
アニゴジ関連情報
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
今年もSSII
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下半身のバランス調整
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrush 2018での作業環境を整える
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Boost オープンソースライブラリ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
タイミングとクオリティ
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
サンプルコードにも間違いはある?
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ROMOハッカソンに行ってきた
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Mean Stack開発の最初の一歩

コメント