UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

Shader側

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Adobe Photoshop CS5の新機能
布地のシワの法則性
Unityの薄い本
マイケル・ベイの動画の感覚
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
ディープラーニング
MFnMeshクラスのsplit関数
Mayaのプラグイン開発
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ZBrushのUV MasterでUV展開
Mayaのシェーディングノードの区分
生物の骨格
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
UnityでOpenCVを使うには?
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ファンの力
2012のメイキングまとめ(途中)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
色んな三面図があるサイト
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
ニューラルネットワークで画像分類

コメント