UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す

久しぶりにCG系の話題。かなりニッチな需要だとは思うけど、UnityのShader Labのお作法の話。

UnityのShaderで、入力パラメータ(プロパティ)として渡せるデータ型を調べてたら、なんと行列(Matrix4x4)もいけるらしいと分かったのでメモしておく。
Shader Lab関連の公式ドキュメントには行列の入力についてちゃんと載っていなかったんだけど、フォーラムの方にあった。

こちらが公式ドキュメントの入力パラメータ一覧↓

ShaderLab文法:プロパティ

Properties { Property [Property …] }
プロパティのブロックを定義します。波括弧{}の中で次のように複数のプロパティを定義します。

name (“display name”, Range (min, max)) = number
floatプロパティを定義し、インスペクタ上でスライドバーがminからmaxとして表現。

name (“display name”, Color) = (number,number,number,number)
colorプロパティを定義。

name (“display name”, 2D) = “name” { options }
2Dテクスチャプロパティを定義。

name (“display name”, Rect) = “name” { options }
長方形(2のべき乗でない)テクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Cube) = “name” { options }
キューブマップテクスチャのプロパティを定義。

name (“display name”, Float) = number
floatプロパティを定義

name (“display name”, Vector) = (number,number,number,number)
4コンポーネント ベクトルのプロパティを定義。


スポンサーリンク

ここに列挙されているのはGUIのInspectorからいじれる入力パラメータのみで、実はScript経由だと他の型もパラメータとして入力できるという話。


スポンサーリンク


そして、フォーラムの以下に行列(Matrix4x4)をプロパティとして渡す方法が載っている。

How to set Matrix as a Property?

Script側

Shader側

というように、4×4の行列をパラメータとしてShaderに渡したい場合は、ScriptからMaterialクラスのSetMatrix関数を使って行列を渡せるみたい。

Material.SetMatrix

public void SetMatrix(string propertyName, Matrix4x4 matrix);
public void SetMatrix(int nameID, Matrix4x4 matrix);


スポンサーリンク

関連記事

Maya API Reference
HerokuでMEAN stack
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Amazon Web ServicesでWordPress
2012のメイキングまとめ(途中)
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
HD画質の無駄遣い その2
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
テスト
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Stanford Bunny
Houdiniのライセンスの種類
SIGGRAPH ASIAのマスコット
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
このブログのデザインに飽きてきた
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
この本読むよ
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
生物の骨格
ZBrush 2018での作業環境を整える
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Mayaのレンダリング アトリビュート
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
東京オリンピックと案内表示
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ゴジラ(2014)のメイキング
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
動的なメモリの扱い
ZBrushのお勉強

コメント