ZBrushでカスタムUIを設定する

ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。
ゴールデンウィークにやっとディスプレイを新調して4K化したので、初めてZBrushのカスタムUIを設定することにした。

I-O DATA 28型ワイド液晶ディスプレイ (HDMI端子4K/60Hz・HDCP2.2、DisplayPort搭載、5年フル保証) LCD-M4K282XB

ZBrushのカスタムUI機能では、様々なメニューやボタン配置をカスタマイズできるけど、とりあえず自分が良く使うブラシにすぐアクセスできるようにアイコンを並べてみることにする。LightBoxに入っているSlashブラシもここに配置してみた。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ZBrushのカスタムUIでブラシを配置する方法

UIを編集するにはまず、PreferrencesConfigEnable Customize ボタンを押してUI編集モードをONにする。

EnableCustomize

その状態で、BrushパレットからAlt + Ctrlキーを押しながらブラシのアイコンをドラッグすると、キャンバス以外の任意の場所へアイコンを配置することができる。操作を間違えても、アイコンをキャンバスへドラッグアンドドロップすれば削除できる。
オイラは画面のフッター部分によく使うブラシを並べることにした。4Kワイドなので結構たくさん並べられる。

customUI

UIの編集が済んだら、さっきのEnable Customize ボタンを押してUI編集モードをOFFにし、PreferrencesConfigSave Uiを押す。すると、カスタムUIの情報が.cfgファイルに保存できる。

SaveUi

ここで保存した.cfgファイルは配布することもできるので、便利なUI設定を他の人と共有することも可能。こちらの書籍では著者作成のカスタムUIも配布していますね。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

配布の際には、配布元と自分の環境の画面解像度の違いに注意した方が良いかも。

現在表示しているカスタムUIを、次回ZBrushを起動した際に表示するよう設定するには、PreferrencesConfigStore Configを押す。

StoreConfig

設定が済んだら、試しにZBrushを再起動。

カスタマイズしたUI

あれ、一応起動時にカスタムUIが表示されるようになったけど、Slashブラシが消えてる。。。
LightBox内のブラシって起動時に読み込まれないのかな。。。

ただ、これで作業効率がアップするのは間違いない。


スポンサーリンク

関連記事

『PIXARのひみつ展』に行ってきた
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
そのアプローチは帰納的か演繹的か
ZBrushトレーニング
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
立体視を試してみた
最近のフィギュアの製造工程
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 頭の概形作り
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
iPhone欲しいなぁ
Maya LTのQuick Rigを試す
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
自前Shaderの件 解決しました
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
シン・ゴジラのファンアート
ZBrushの作業環境を見直す
CGのためのディープラーニング
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
HD画質の無駄遣い
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
OpenMayaのPhongShaderクラス
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Stanford Bunny
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Unityをレンダラとして活用する
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
3DCGのモデルを立体化するサービス
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool

コメント