ZBrushでカスタムUIを設定する

ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。
ゴールデンウィークにやっとディスプレイを新調して4K化したので、初めてZBrushのカスタムUIを設定することにした。

I-O DATA 28型ワイド液晶ディスプレイ (HDMI端子4K/60Hz・HDCP2.2、DisplayPort搭載、5年フル保証) LCD-M4K282XB

ZBrushのカスタムUI機能では、様々なメニューやボタン配置をカスタマイズできるけど、とりあえず自分が良く使うブラシにすぐアクセスできるようにアイコンを並べてみることにする。LightBoxに入っているSlashブラシもここに配置してみた。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

ZBrushのカスタムUIでブラシを配置する方法

UIを編集するにはまず、PreferrencesConfigEnable Customize ボタンを押してUI編集モードをONにする。

EnableCustomize

その状態で、BrushパレットからAlt + Ctrlキーを押しながらブラシのアイコンをドラッグすると、キャンバス以外の任意の場所へアイコンを配置することができる。操作を間違えても、アイコンをキャンバスへドラッグアンドドロップすれば削除できる。
オイラは画面のフッター部分によく使うブラシを並べることにした。4Kワイドなので結構たくさん並べられる。

customUI

UIの編集が済んだら、さっきのEnable Customize ボタンを押してUI編集モードをOFFにし、PreferrencesConfigSave Uiを押す。すると、カスタムUIの情報が.cfgファイルに保存できる。

SaveUi

ここで保存した.cfgファイルは配布することもできるので、便利なUI設定を他の人と共有することも可能。こちらの書籍では著者作成のカスタムUIも配布していますね。↓

ZBrushフィギュア制作の教科書

配布の際には、配布元と自分の環境の画面解像度の違いに注意した方が良いかも。

現在表示しているカスタムUIを、次回ZBrushを起動した際に表示するよう設定するには、PreferrencesConfigStore Configを押す。

StoreConfig

設定が済んだら、試しにZBrushを再起動。

カスタマイズしたUI

あれ、一応起動時にカスタムUIが表示されるようになったけど、Slashブラシが消えてる。。。
LightBox内のブラシって起動時に読み込まれないのかな。。。

ただ、これで作業効率がアップするのは間違いない。


スポンサーリンク

関連記事

プログラムによる景観の自動生成
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Mayaのレンダリング アトリビュート
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Maya LTのQuick Rigを試す
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
顔のモデリング
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
UnityのAR FoundationでARKit 3
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Raytracing Wiki
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
『ピクサー展』へ行ってきた
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
NICOGRAPHって有名?
素敵なパーティクル
この連休でZBrushの スキルアップを…
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
Maya API Reference
Photogrammetry (写真測量法)
参考になりそうなサイト
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』

コメント