ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』

Unreal Engineの事例。
話題としてはだいぶ古いんだけど、たぶん、Kinect V2を搭載して全国のゲームセンターに置かれているアーケードゲーム機はこれが初なんじゃないかな。

ナレルンダー 仮面ライダードライブ




スポンサーリンク




もともと、Kinectハックブームに火が着いたきっかけは、2011年にXbox 360用のKinectをハックしてウルトラセブンに変身する動画がネットで話題を集めたのが始まりだった気がする。



そう考えると、公式にKinectでヒーローに変身するアーケードゲームが登場したのは感慨深い。(円谷作品ではなく東映作品ですけど)
2011年から4年で、インタラクション開発を取り巻く環境が随分と変わった気がする。KinectのおかげでDepthセンサーの価格破壊が起こったし、Unity, Unreal Engineは無料で手に入るようになった。

学生のうちからこういうリッチな開発ツールが安価に入手できるようになると、そのうち既存の有料ツールとの逆転現象が起こるんじゃないかと思う。

TwitterのTLで知ったんだけど、現在放送中のドラマ「Death Note」に出てくる死神のCGはUnreal Engineで制作しているとのこと。


スポンサーリンク



Unreal Engineの新しい書籍が出たし、買ってみようかなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

Digital Emily Project:人間の顔をそっくりそのままCGで復元する
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
映画『シン・仮面ライダー』公開日は3月18日 (最速は3月17日)
映画『ゴジラ-1.0』 メイキング情報まとめ
OpenMayaRender
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
映画『シン・仮面ライダー』が発表された!
Oculus Goで特撮作品を鑑賞する
顔のモデリング
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ファンの力
Raspberry Pi 2を買いました
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
CreativeCOW.net
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
Physically Based Rendering
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
ZBrushの練習 手のモデリング
参考になりそうなサイト
ウルトラ×ライダー
ZBrush 4R8 リリース!
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
ZBrushで仮面ライダーBLACK SUNを作る 頭部~バストの概形
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
2019年 観に行った映画振り返り
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのZScript入門
OpenMayaのPhongShaderクラス
Konashiを買った
『特撮のDNA 仮面ライダーBLACK SUN 覚醒』を見てきた
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のバランスを探る
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン

コメント