ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』

Unreal Engineの事例。
話題としてはだいぶ古いんだけど、たぶん、Kinect V2を搭載して全国のゲームセンターに置かれているアーケードゲーム機はこれが初なんじゃないかな。

ナレルンダー 仮面ライダードライブ

https://www.youtube.com/watch?v=ynlnY_Z_5JI


スポンサーリンク


https://www.youtube.com/watch?v=_KTVuQ9KGWU

もともと、Kinectハックブームに火が着いたきっかけは、2011年にXbox 360用のKinectをハックしてウルトラセブンに変身する動画がネットで話題を集めたのが始まりだった気がする。

Kinectでなりきりウルトラセブン!

そう考えると、公式にKinectでヒーローに変身するアーケードゲームが登場したのは感慨深い。(円谷作品ではなく東映作品ですけど)
2011年から4年で、インタラクション開発を取り巻く環境が随分と変わった気がする。KinectのおかげでDepthセンサーの価格破壊が起こったし、Unity, Unreal Engineは無料で手に入るようになった。

学生のうちからこういうリッチな開発ツールが安価に入手できるようになると、そのうち既存の有料ツールとの逆転現象が起こるんじゃないかと思う。

TwitterのTLで知ったんだけど、現在放送中のドラマ「Death Note」に出てくる死神のCGはUnreal Engineで制作しているとのこと。


スポンサーリンク



Unreal Engineの新しい書籍が出たし、買ってみようかなぁ。


スポンサーリンク

関連記事

Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
Unreal Engine 5の情報が公開された!
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
仮面ライダークウガ 20周年
adskShaderSDK
シフトカーの改造
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
劇場版 『仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』を観た
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
2016年 観に行った映画振り返り
Open Shading Language (OSL)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
この本読むよ
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
ジュラシック・パークのメイキング
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
素敵なパーティクル
まだまだ続く空想科学読本
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
2012のメイキングまとめ(途中)
TVML (TV program Making language)
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
ZBrushで基本となるブラシ
この連休でZBrushの スキルアップを…
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧

コメント