東京オリンピックと案内表示

東京オリンピックをきっかけに看板の表記やピクトグラムデザインの国際化が進むという話。

東京オリンピックと言っても、2020年ではなく1964年の方の話。(オイラは生まれてないけど)
2年程前に、「サインシステム計画学: 公共空間と記号の体系」という書籍を買った。営団地下鉄(現在の東京メトロ)のサインシステムの整備を行った赤瀬達三氏の博士論文を基に書籍としてまとめたもの。

サインシステム計画学: 公共空間と記号の体系

その頃オイラは、仕事でクソなUIのシステム開発に幾つか関わり、UIやナビゲーションのためのデザイン思想に興味を持ち始めていた。そんな時期に、ちょうどこのブログ記事を読んだのが書籍購入のきっかけだった。↓
http://ushiroad.com/20131020/

サインシステムというのは平たく言えば駅などにある案内表示のことで、今では当然のように存在している営団地下鉄(東京メトロ)のそれを整備した本人による解説書がこれ。(案内表示のこと、というのはかなり乱暴な言い方で、本文中では、案内表示だけではなく建物の構造など環境全体をシステムとして捉えよと書いている)
博士論文がベースになっている本ということで、5500円もするのに難解で読めなかったらどうしようと思ったけど、読み易い本だった。しかも、工業デザイン、あるいはデザインそのものの基礎にも触れていて、お得感が高い。
私はそもそも物理的なタイピング速度が遅いし、vimやemacsといったイカしたエディタも操れないので、せめてこうやって知識を肥やしておかなければスーパーハッカーのような人間に罵倒、侮辱された時に罵り返す術が無いのである。


スポンサーリンク

営団地下鉄、つまり現在の東京メトロの案内表示のデザイン・配置ポリシーは1964年の東京オリンピックがきっかけで整備されたものだという。


スポンサーリンク


ここ最近、2020年の東京オリンピックを控え、高速道路や新幹線など、日本の近代交通網が1964年の東京オリンピックをきっかけに整備されたことを振り返る特集をTVでチラホラと見かけるようになった。(新国際競技場ってどうなるんでしょうね…)
その時スポットがあたるのは、建設や製造など、ハードウェアエンジニアリングの話ばかりだが、実は同じ時期に情報設計、言うなればソフトウェアの国際化も進んでいたらしい。

確かに、現在の東京メトロの案内表示はかなり整理されている。エスカレーターで駅のホームへ降りる際には、左右方向だけに抽象化された路線図が目に入り、自分が乗るべき車両がホームのどちら側に停車するのか分かるようになっている。また、人の進行方向に広告は一切貼られていない。
(JRは全然そんなことないですね…)

この書籍では、案内表示のポリシーを作り上げる過程が時代背景と共に記録されている。
後にもっと一般向けに理屈をかみ砕いて解説した書籍も出た↓

駅をデザインする (ちくま新書)

地下鉄など、鉄道網の案内表示は情報デザインの例として良く取り上げられる。オライリーから出ている「ビューティフルビジュアライゼーション (THEORY/IN/PRACTICE)」でも、ニューヨーク地下鉄の路線図のどの要素を抽象化し、どの要素を情報として残すべきか、再デザインの事例が紹介されていた。

ビューティフルビジュアライゼーション (THEORY/IN/PRACTICE)

情報を見える形にする技術」でもロンドンの地下鉄がでてきた気がする。(うろ覚え)

情報を見える形にする技術 [情報可視化概論]

技術が進歩しても、情報デザインは過去に学ぶことがたくさんあると思う。


スポンサーリンク

関連記事

クライマックスヒーローズ
PCの自作
サンライズの勇者シリーズ30周年
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
ミニ四駆のラジコン化情報
FFS理論
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
バーガーキングのCM
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
PowerPointによるプレゼン
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ドラマ『ファースト・クラス』のパラレルショートド­ラマ『ファースト・クラス・ガールズ』
キャリアの振り返り
仮面ライダーあつめ
日米の働き方をコミカルに比較した動画
書籍『伝わる イラスト思考』読了
まだまだ続く空想科学読本
最高にカッコイイガラス細工
プログラマブルなドローン『Phenox』
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
機械学習での「回帰」とは?
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
UnityのTransformクラスについて調べてみた
HackerスペースとMakerスペース
CEDEC 2日目
ツールの補助で効率的に研究論文を読む
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
豆腐みたいな付箋
フルCGのウルトラマン!?
書籍『映画監督 坂本浩一 全仕事』読了
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』

コメント